スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「零」最新作はwii

「零」シリーズ最新作Wiiで発売決定
>テクモは任天堂との共同プロジェクトにおいて、ホラーアドベンチャー「零」シリーズの最新作「零~月蝕の仮面~」(ぜろ~つきはみのかめん~)をWiiで発売すると発表した。
>発売は2008年夏を予定している。


『零』最新作はWiiで発売!!この手の作品はまず高性能ハードで来るだろうと思ってたのに…これは意表を突かれました。
まあXBOX360やPS3じゃ出しても採算が取れないのかもしれませんがね。
今後こういう流れが加速すればWiiがメインストリームになる可能性もあるかも。

零シリーズといえば、結局ちゃんとやりこんだのって『紅い蝶』だけだったなぁ。
1作目は1回クリアしただけだったし、3作目に至ってはスルー。
新作はどういう路線でいくんだろう、紅い蝶みたいに百合路線で行くなら興味ありですが。


<中国産ギョーザ>千葉、兵庫で中毒症状10人 農薬を検出
>昨年12月から今年1月にかけ、自宅で中国産の冷凍ギョーザを食べた千葉県市川市、千葉市、兵庫県高砂市の3家族の計10人が、おう吐や下痢などの薬物中毒症状を訴え、9人が入院していたことが分かった。

中国産怖いですね。
もちろん中国産の食べ物なんてずっと食べてませんけど。
もうかなり前から色々と言われていましたから。

北京オリンピックにも多少影響あるかもしれませんね。
せめて選手には日本から持っていった食料を食べさせてあげてはどうか。
スポンサーサイト
2008-01-31 00:22 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アニメ類

■絶望先生
本筋以外のことが気になってしまうネタ、まさにその通りだよなぁ。
ナンセンスなようで結構核心を突いたようなネタが多いですね、この作品。

毎回ED後に流れる近代文学パロディも個人的にかなりツボです。
元ネタになってる近代文学作品を読んだことがないと面白さが充分には分からないだろうな。ちゃんと元の文章をネタに絡めつつ上手く利用しているあたりが凄い。

1本目でキャラの顔の作画が微妙に荒っぽい感じに見えたのですが、気のせいでしょうか。ロボット沢山出しすぎてキャラまで描く余裕がなかったとか…?


■ペルソナ(アニメ)
これってどれくらいの期間やるんでしょう。
この時期に始まったってことは1クールだけですかね?
3話分だけってのも中途半端なので、1クール程度だったらちゃっちゃと見てしまおうかとも思っているんですが。
とりあえず、4話目はまだ録画予約してません…。
2008-01-30 00:02 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

大復活

ケイブ、AOU2008アミューズメント・エキスポに出展決定!!
>2/15~16に幕張メッセで開催される、AOU2008アミューズメント・エキスポに、
>株式会社AMIのブースにて出展が決定しました!
>■出展情報
>▼蜂シリーズ最新作!新作シューティング「怒首領蜂大復活」をプレイアブル出展!

大・復・活!!なんてタイトルだ。
前作『大往生』でもう名実共に最後だと思っていたのに…。
その後路線変更したとばかり思っていたので、復活するとは予想もしてませんでしたよ。
今後はデススマイルズのようなとっつきやすいSTGと、怒首領蜂のようなマニア向け弾幕STGに二極化していくのでしょうか?

ストーリーは大往生の「続き」みたいですね。個人的には切り離した方がいいんじゃないかと思うんですけど。エレメントドールで打ち出したキャラクター性と、それに付随する人気(?)が捨てられないということですかね…。


クリプトン、「公序良俗に反する」ミク作品をニコ動から削除 判断基準も公開
>判断基準の1つは「テレビ放送できるかどうか」

要するに放送禁止用語はダメ。絶対。ということですね^^


wikipedia:某大物俳優
なんと!?∑(・ ◆ ・ )
ソ●トバンクCMの犬の声ってこの人だったのか!!!!
ドラマや時代劇で聞く声と、声のイメージが違うので分からなかった…。


■デザエモンKids
STG制作ツールをちょっと弄って、STGを作ったりして遊んでみました。
想像はしていましたし、デザ2でも体験済みでしたけど、やっぱり自分で作るのは大変。ある程度簡単になっているとはいえ…。相当根気が要ります。
ドット絵ツールがもう少しスムーズに使えたらなぁ。
2008-01-28 23:52 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

冬将軍

暖冬って言った奴、誰だよ…。

押しボタン式の横断歩道でボタンを押さずに突っ立っているおっさんとおばちゃんがいたり、十字路の反対側からタクシーが真横に突っ込んできて激突されそうになったりしましたが(もちろんタクシー側の不注意。まさにクレイジータクシー)、きっとあまりにも寒いので彼らの脳が思考凍結していたのでしょう。

ゲームショップでPS2らきすたの限定版を買っている人がいました。
店頭で予約特典つきで売られていて、様子を見ていたらどんどん色々なものが付いて、最終的に荷を入れる袋がかなり大きくなっておりました。
限定版は確かセーラー服が特典として付いているはず。しかし買っていたのは男性…まさか着たりはしないだろうな…_| ̄|〇|||


バンダイナムコ、Xbox 360「ACE COMBAT 6 解放への戦火」
DLC第3弾、スペシャルカラー機体を1月31日に配信

また出た、痛戦闘機!アイマスコンバット第3弾。
>【Su-47 Berkut -THE IDOLMASTER MIKI-EX-:400マイクロソフトポイント】
>「THE IDOLMASTER」の「覚醒 星井 美希」カラー機。
画像1】 【画像2
噂ではアイマス機体はキャラの誕生日に合わせて配信しているらしいので、今月のリリースはないだろう、と思われていましたが、こんな風にバージョン違いでしっかり儲けようとするあたりはさすがバ○ナムですね。
さっさとキャラ数増やした方がいいんじゃないかって気もしますけど(苦笑


■初音ミク&鏡音リン
あまりに話題になっているので、そんなにすごいのか、一体どんな風なのかとワクワクしながらいくつか動画を見たことがあったのですが。
物凄く綺麗なリアル生声そのもの!を期待していたせいか、実際は思ったより機械による合成音声っぽい声に聞こえて、ちょっとガッカリした記憶が…^^;
(微妙にたどたどしい感じがするせいでしょうか)
人工的というか、ロボット的というか。まだ「人間」のレベルではないですね。

まあ話題になるだけあってそれなりに良く出来ていると思いますが、合成っぽいクセが完全に抜け切るにはまだまだ技術が追いついてないんですかね~。
2008-01-27 00:51 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

強風

風が滅茶苦茶強くて大変でした。
前に進めないほどの強風が吹いてきたことも。

そんな中、路上でネズミを見かけました。
ネズミ年だけに?というわけでもないでしょうけど。
なんと珍しい。しかしこんな寒い中でも活動しているとは…。
薄暗かったし一寸見ただけだったのでよく見たわけではないのですが、ハムスターの類ではなかったような。
交通量の多い場所だったので、どうなることやら。


アルカナハート2公式ティザーサイトオープン
ティザーサイトがオープンしています。
稼動予定は2008年春。とあるサイトでは3月となっています。
右上にさりげなく漫画版の掲載情報もあり。

既にアルカディアで新キャラや新システムがいくつも公開されているのを考えると、今頃ティザーサイトだけってのもチト遅いような気も。
ま、今後に期待ということで^^


■ペルソナ(アニメ)
結局早送りはせずに普通に見ました。
3話終わっても相変わらずプロローグみたいな状況ですね。
なんつーもっさり進行…。
素材自体は悪くないと思うので、もっとテンポのいい展開だと楽しめそうな気がするのですが。なんか勿体無いなぁ。

とにかく3話分見終わってもうそろそろお腹いっぱいという気分なので、4話目以降は多分見ないと思います。


グラディウスV(PS2)
初めて7面の高速スクロール地帯をノーミスで抜けられました。
不可能に思えた箇所でも、何度もやってれば確実に腕は上がっていきますね。

スコアアッタクモードのスコアを記録しておけないのが残念。
ある意味、一番記録できなきゃだめなモードじゃないのだろうか。
インターネットランキング終わっちゃってるので、パスワード発行されても意味がないし。
通常モードでは記録残せるから問題ないって考え方もできるでしょうけど…。
2008-01-24 23:22 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

相棒:ゴッド撃破

■相棒(1・23放送分)
2週にわたって二転三転、いや四転くらいしつつも遂に事件解決!
思わぬ方向へ向かいながら事件もどんどん大きくなってしまいましたが、最後は綺麗にまとまってスッキリ解決です。あれだけ話を膨らませておいてきっちり伏線を回収しきってるところは流石!
事件が大きくなると警察関係者が絡んでくるのが最近の相棒の傾向でしょうか。
ゴッドの正体、お前がゴッドかよ!ってツッコミたくなってしまった。最初ただの小物かと思ってたのに。あのキャラでゴッドを名乗るとはおこがましいにも程があるでしょうw
それにしても右京さん、飛び出してくるタイミングが良すぎです…。


■コミックリュウ3月号
>まんがの作り方
あちらこちらのブログ等でチラホラ話題に上がっているので読んでみたけど…。
あんまり大した作品ではなかったかな。
作風があまり好きじゃないし、男キャラも蛇足でしょう。

>ちょいあ
おいおい陵辱本って…orz
む~、せっかく面白かったのに、こういう要素は入れて欲しくなったな…。
この作品もそろそろ見切りをつけるかも。


グラディウスV(PS2)
久々に(?)VERYEASYでやってみたら本当に簡単になっていて、驚いたというよりちょっと笑えてしまった。最初やった時は凄く難しく感じたのに…NORMALに慣れてからだと、これくらいでも確かにEASYな難易度に感じられるものですね。まあ後半まで行くとやっぱり難しくなってくるんですが。
「あの攻撃がないだけでこんなに違うのか」と何度も思うことになります。

日記に書いてなかった気がするけど、少し前にVERYHARDでもプレイしてみました。
いきなり2周目相当の凄まじい難易度…_| ̄|〇
終盤はコンティニューを連打しているような状態になってしまいました。

それにしてもEASY→NORMALの難易度の差は何事!?
NORMAL以上のボス戦は殺気が感じられるほどですよ。

EDIT装備の選択はいまだにちょっと迷ってしまう。
特にミサイルが一番悩むところ。スプレッドが全般的に安定して使えてオススメだろうけど、フォトンも捨てがたいし、2WAYもあれば便利でしょう。
2008-01-24 00:00 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

どろろ関連&アニメ

本屋で『どろろ梵』という漫画を発見。
映画版を観たばかりだったので、興味本位で立ち読みしてみたのですが…。
これがまた想像以上に酷い内容で、原作は完全無視!?
設定全部ぶち壊しですよ。ていうか単に自分の都合の良いように”変えただけ”でしょう…。よく許可したなぁ、これ…。
原作に対する愛とかリスペクトみたいなものがちっとも感じられませんでした。
これが制作された詳しい経緯は知りませんが、あまりにも原作とはかけ離れた内容になってしまっているため、おそらく『どろろ』を原案として設定を一部流用しただけの完全な別物だと思います。


ゲーム版の『どろろ』はちょっとやってみたいですね。
レビューサイトなどを見ても、割と評判は悪くないみたいですし。
ソフトをあんまり見かけませんが、安く手に入ればプレイしてみるかも。


■絶望先生
1本目いきなり腐女子ネタ……一般層はドン引きでしょうな。ギャグアニメなので腐女子の生態を観察して笑おうっていう趣旨ですけど。
関係ないけど昔「ホ○嫌いな女子なんていません」っていうセリフネタがありましたね。まあ嫌いな女性も普通にいるわけですが。このセリフの元ネタが何だったか全く思い出せない…。

2本目と3本目はいつもの絶望先生らしく面白い話でした。
やっぱ奇を衒ったような作り(前回と今回の1本目みたいな)にするより、普通の作りにした話の方が、見やすくて面白さも伝わりやすいと思います。
この作者の作品は言葉遊びの妙味とでも言うか、そういうのが非常に上手い。
変わった作りにしちゃうとその辺が伝わり難くなってしまうと思うんですけどね。

それにしても、ジュースを注射したって…大丈夫なのだろうか。いや大丈夫じゃないか。

今回個人的にツボだったのは最後の最後で出てきた「没ちゃん」。
アスパラガスでガス自殺って…_| ̄|〇


■ペルソナ
2話目の後どうなるのかがちょっと気になるので3話目も録画予約しておきました。
長編モノゆえかテンポがゆっくりめで少々冗長な感じがしてしまうのと、元々見続けるつもりじゃなかったので、多分「BLUE DROP」同様早送りで見ると思います^^;
2008-01-23 00:06 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

AVP

■エイリアンVSプレデター
公開当時の評判は微妙な感じだったような記憶があるのですが、実際に見てみたら普通に楽しめる娯楽作品に仕上がってるじゃありませんか。やっぱ百聞は一見に如かず、ですね。
随所に「エイリアン」や「プレデター」のオマージュ的な場面が見られて、シリーズ通して見て来た身としてはこのあたりもポイント高いところです。
プレデターは思ったよりあっさりやられてしまい、あっという間に1体だけに。
エイリアンの繁殖力が強すぎなので、結局爆殺するしかないんじゃないのかなぁ…。
最後にクイーンにちゃんとトドメを刺さないまま沈めていたようでしたが、大丈夫なの?主人公の女性やプレデターが槍で加えた一撃が致命傷になっていればいいけど…。
ラストシーンは次回作への伏線?「2」も既に公開されているようですからね。
全体としては満足です、「ファンタスティック・フォー」で物足りなかった”アクション分”も補充できたし(笑)


スクエニ、DS「ファイナルファンタジーIV」2種類の不具合を確認
またやらかしてくれましたね(苦笑)
やはりFF4はバグとは無縁ではいられないのか!?
プレイしてないので詳しくは分かりませんが、どちらも結構深刻なレベルのバグでは?


グラディウスV(PS2)
2P側でプレイ。
1Pと色が違う(1P青、2P赤)ので視認性がアップするかな、と思いましたがあまり変わらず。武器のエフェクトの色も赤くなってしまうので大して違いが出ないようです。

最終ステージのデモなどの演出が何かに似ていると思っていたのですが、見せ方や無線のやり取りなんかがエースコンバットに似ているような気がします。ラストの展開も協力して突入・破壊・脱出という流れがよく似ていますし。
2008-01-21 00:22 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ファンタスティック

■ファンタスティック・フォー
爽快なアクション映画を期待していたけど、期待していたよりもアクションシーンが少ない印象でした。
最初の救助シーンは各キャラのネタ見せって感じだったし、見せ場は最後の30分くらいに集中しています。
敵も案外あっさり倒してしまったし…何か物足りなかったな。


週刊ファミ通2月1日増刊号に関する訂正のお知らせ
大丈夫??ファ●通の誤報だよ!!
しかもタイトルはよりによって「らきすた」。

↓公式でネタにしてるのが面白い(笑)
http://www.vridge.co.jp/homepage/contents/products/lucky_ps2/snap.html
さすが、こういう柔軟さは「らきすた」ならでは…ってとこですかね。

>まあね、でもここじゃよくある話だよ。きっとあまりプレイしてないと思うよ。

これ、さりげなく凄い皮肉ですよね(^^;


グラディウスV(PS2)
Eレーザー+フリーズオプションで1周。
Eレーザーは典型的な「ボスには強いけどザコにはツライ」タイプですね。
ボスを瞬殺できたりするのは爽快で楽しいけど、ザコに押される場面では少々キツイです。
連射ボタン押してても連射されないのも難点。ため撃ち推奨の武器とはいえ…。自動連射さえできればまた違ってくると思うんですが。その辺がちょっと勿体無いです。元々単発でしか撃てないので手動連射でもそんなに変わらないといえば変わらないかもしれないんですけど…。今時、手動連射ってのもなぁ(汗)。やはり手間が違いますよ。
レーザーは総合力で言えばリップルが一番安定かな。

そういえばグラVにはシリーズ伝統の「モアイ」が出ません。あれだけこだわって出し続けていたのに。
「サラマンダ」っぽい生物的なステージなんかはあるのですが。
全体的にミステリアスな雰囲気は薄れた印象です。
2008-01-20 00:53 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

百合姫

コミック百合姫 Vol.11
『百合姫Vol.11』購入。
小冊子「Petit百合姫」の付録付き。
中身は本誌作品の番外編やパロディ的な内容など多数。

本誌連載作品では、完結したりクライマックスに向かってる感じの作品もいくつか出てきていて、連載陣もそろそろ1つの区切りがつくのかな?といった雰囲気です。

告知では、なんと『百合姫Wildrose』のVol.2発売決定の告知が!!
これ非常に良かったんだよね、本誌にはないような濃密なエロティックさもあって。
その他、単行本も2月、3月発売のものが何冊か告知されています。

百合ミシュランこと百合作品ガイド(仮)は……もう発売中止にしろって(苦笑


■幻十郎必殺剣
新作時代劇!しかも2時間スペシャル!
まだまだ時代劇を作ろうという熱意は失われていなかったか…(感涙)
内容自体は王道的な時代劇といった感じですが、時代劇は変におかしなことをするよりこの方がむしろ安心できます。
北大路氏はこの系統の役柄が多いですね。イメージ的なもの?
時代劇の主人公はとにかく強くあって欲しいので、現時点でも十分強そうではありますが、鬼神のごとき強さをもっとアピールして欲しい。


グラディウスV(PS2)
ローテートオプションでもクリア。
囲まれる場面などは便利だけど、オプションが場面によってまとまってたりばらけてたりどっちつかずで、火力がちょっと中途半端になりがち。攻撃判定も見た目より狭く感じる。
ただこのタイプも判定が大きく撃ち込みしやすいリップルを使っていたら相性が良かったかもしれない。(今回はレーザーだったので…。)

これで全タイプ一通り使ってみたけど、使い勝手ではやはり万能っぽいフリーズが一番安定でしょう。使ってて楽しいのはディレクションだけど。

ところで、ゼロスフォースの断末魔の音声ってファンの間では「ヴァー!」で通ってますが、私にはなんとなく「ウボァー!」って言ってるようにも聞こえます(笑


■その他
幻十郎必殺剣を見てたら『ファンタスティック・フォー』が見れなかったので、録画しておいて明日見る予定です。


2008-01-18 23:56 : 雑記・ニュース : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。