スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

すごカナ2・Verアップ情報

アルカディア3月号によると、『すっごい!アルカナハート2』のバージョンアップが行われるそうです。2月下旬~3月上旬予定。
4月にPS2版発売を控えたこのタイミングでのVerアップですか…。
この時期にバージョンアップするということは、前作同様PS2版は新旧バージョンが自由に選べるようになるんでしょうか。
なんならPS2版の発売時期を少しずらしてでも上手く調整して、PS2版に反映させて欲しいものです。




トライファースト、DS「魔女になる。」
登場キャラクタと声優情報を公開

おお、見事に女の子キャラばっかりですな(笑
これは百合ゲー期待できるのでは!?




バイオ5体験版
1つ目のステージは一定時間逃げ回って耐えてたらヘリの応援が来てクリア。
巨体キャラの攻撃が強烈&ザコ敵多過ぎで危ないところでしたが、なんとかギリギリで。
2つ目のステージはチェーンソーマンの倒し方が分からず死亡…。
ドラム缶を撃って爆風を2回くらい当てた(はず)けど倒れず。
結構早い動きで攻撃してくる上にチェーンソー喰らうと即死だし…。
一体どうすれば…?ここも逃げるだけ?




エースコンバット6(X360)
オンでシージバトルもプレイしたのですが、2対1だったのにも関わらずA-10一機で凄い戦果を上げるプレイヤーが。
さすが”称号持ち”は一味違うどころじゃないですね…(・ ◆ ・;)

CO-OPはクリアするだけで2つの実績を解除できますが、他は勝利数や撃破数が関係しているので実績解除少々厳しいかな。
実績にこだわるタイプじゃないけど、解除できるとキモチイイですからね(笑
スポンサーサイト
2009-01-31 23:28 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

デススマ&怒首領蜂EXの発売日決定

LIVEパーティに誘われたけど、LIVEパーティ自体何なのかよく知らなかったのと、もう落ちる時間だったのでそのまま落ちてしまった…。一言断った方が良かったのだろうか?誘ってもらって「参加しない」を送るのもなんだか申し訳ないような気になってしまって…(汗)
フレンド以外の人からいきなり誘われてもどうしたら良いか分からないですよね…。
基本VCなしでやってますし。


『デススマイルズ』発売日が4月23日に決定! DLCなどの情報も
ついにデススマ発売日決定!
4月になるだろうという予想はされていましたが、アルカナ2と被らなくて良かった(笑
メガブラックレーベルDLCや、デススマ仕様のジョイスティックについても発表。
DLCの配信開始日および値段は後日発表とのこと。

DLCはいくらになるんだろう、800ゲイツで斑鳩などのSTGが丸々一本買えるのを考えると、追加コンテンツ程度でそのラインを越えるのはナイとは思うのですが。アンケートやキャンペーンで貰える予定の300ゲイツじゃさすがに足りないかな?(^^;

ちなみにアーケードスティックはAmazon.co.jp限定販売。
初回生産1500台との話なので欲しい人は早めに予約を!


限定版は既に品薄?


『怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA』の発売日が決定
こちらもようやく発売日決定!
2月19日発売です。なんと発売まで1ヶ月ないというこのタイミングでの決定…。
時期的に2月しかないだろうとは思っていましたけどね~。

しかしこれで2~4月は毎月STGを買うことになるのか(・ ◆ ・;)




PS2版『トリガーハート』、限定版パケと新イベントCGを公開!!
通常版の方が全員集合な感じで良くない?
イベントCGはどういう風に使われるんだろ…。
というかゲームそのもののボリュームはアップしているのか?
そこが一番気になる…。




ロシア発の美少女アクションが日本上陸 『Xブレード』
「日本のサブカルチャーを意識した」という通り、アニメ調のデザインや、主人公の名前がアユミだったりと、ロシア製とは思えないような作り。
主人公の声が釘宮、この名前どこかで聞いたような……と思ったら、か!!

ところでこのゲーム、主人公アユミのがやたら絶賛(?)されているのですが。
パッケージの布面積がPS3版だけソニーチェックで増大しているのにはさすがに笑った。



「ラスト レムナント」,待望のPC版が2009年4月9日に発売決定!
PC版で追加される主な新要素は,以下のとおり。

>・バトル倍速モードの搭載
>・リーダーユニット数の解放
>・武器防具のプレビュー機能の搭載
>・英語ボイスへの切り替えが可能に


バトル倍速化など、かなり快適になるようですね。
箱○版もタイトルアップデートで実装されたりしないのかな。



2009-01-30 22:20 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

CO-OP面白い♪

バイオ5の体験版を落としてやってみたのですが、操作がムズイ!
FPS/TPSのようなエイミング&移動ができるかと思っていたのですが、基本的に攻撃と移動が別で、移動しつつ攻撃できないのがツライ…。
操作方法もボタンの組み合わせによる入力が多く、結構慣れが必要なレベル。
そんな状態で最初の家から出られないまま雑魚に囲まれてリンチ→終了orz
とりあえずあの最初の場面は何をすればいいのでしょう。全滅させようにも敵多過ぎ。
ショットガンで敵を撃った時の爽快さはなかなかのものなので、操作に慣れればもう少しプレイしてみたいのですが。
だれかCO-OPできる人がいたら助けて下さるとありがたいです(^^;
(1回やってみたけどやっぱりお互い分からないまま死亡…;;)

ちなみにバイオ実は初体験だったりします(過去作は人のプレイを見ていた程度)。
経験者の人ならまた違ってくると思うんですけどね~。




エースコンバット6(X360)
オンラインプレイやってみました。
上手い人だらけでボッコボコにされて終了orz
ミサイルアラート鳴りっ放しで反撃に出るヒマもありませんでした。
一体どうやったらあんな機動が可能なんじゃ~。
外国のプレイヤーが一人で何か喋ってましたが、何を言ってるのか全く分からず。
3人バトルロイヤルを行った際に一度だけ勝てましたが、オン対戦慣れしてないせいかなんだか勝つのが申し訳ないような気分に(苦笑

対戦はまあそんな感じでグダグダな戦果でしたが…
CO-OP(協力プレイ)ミッションは面白かった!
初CO-OPはアイガイオン戦をみんなで協力してプレイする内容で、強大な敵に皆で立ち向かい撃破するのは最高に楽しい^^
一緒にプレイしてくれた戦友達、ありがとう!

他にも全員A-10+機関砲しか使えないという謎の部屋に迷い込んだり(笑
あれは笑えたけど機関砲が当たらなくてやっぱりグダグダに…orz


キャンペーンの方は遅々として進まず。(まあ、オンやってたし…^^;)
機体購入が可能になるのっていつから?
ミッション3クリアしてもF-16Cしかないんですが…。
今回導入されたダイナミックミッションはターゲットが物凄く多くて大変。
支援要請システムを上手く使うのがカギになっているようです。
2009-01-29 23:57 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

新相棒は、あの人!?

Xbox360『怒首領蜂大往生ブラックレーベルEXTRA』の発売日が、2月19日になるとの情報がネット上で出回っています。
まだ正式発表されてないのですが、本当なら思いのほか早くきましたね。
いや、延期していたので早くはない?何にしても年度内に出るなら一安心。
ちなみにこれはゲーム屋筋からの情報らしい。信じる信じないはあなた次第です。


相棒(1・28放送分)

これ、もう米沢さんが

新相棒なんじゃないの?


新年に入ってからの流れの全てがそれを指しているように思えるのですが。
毎回何かにつけて協力関係にありますし、米沢さんなら新キャラ追加や既存キャラのポジション変更なしで、そのままの役割で相棒としてやっていけますからね。
今回なんて完全に一緒に行動してましたし。
たまきさんの店にまで来てたあたりなんてもう完全にポスト亀山君!?

考えてみたら米沢さん主役のスピンオフ映画が全ての伏線だったのかもしれません。
今回は内容よりもそっちに頭がいってしまった(笑


事件の方は、モンハン少年(笑)の父親が犯人か?と思いましたが、全然違って被害者の奥さんとおしぼり屋だったとは。
一方でモンハン少年の人間受信機説は途中で気付いていたのですけどね^^

右京さんってキャラ的に現実主義者っぽいけどオカルト好きの設定もあるんですよね、このネタ物凄く久々に見ましたが……まあ事件そのものは現実的に解決しますけども。

それにしても相棒にモンハンが出てきたのにはちょっと驚いた。
米沢さんゲーマーっぽいけどイメージ通り?w

そして今回笑ったのはOPテーマに入る直前の、右京さんの驚いたような表情(笑)


バク転、接待ピッチング、武士道!? フリーダムすぎるドアラのゲームが登場!
>Wii用ソフト『ドアラでWii』を4月2日に発売する。
日本のゲーム業界はどこへ向かおうとしているのか?


Aegis Wing(X360)
XBLAで無料DLできるゲーム2本目。
内容はオーソドックスな横スクロールSTGで、1ステージがやや長いのが欠点?
ショットとアイテム取得で使える回数制限のある特殊ウェポンで戦う。
ボスがみんな人工衛星みたいなデザインなのは何故なんだろう(笑

このゲームは無料ながらCO-OP(協力プレイ)が可能。
やってみたいけどプレイしてる人いるかな?
2009-01-28 23:06 : 雑記・ニュース : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

インストール効果絶大!

LIVE接続してNXEアップデートを行ったので、AC6やオレンジボックス等をHDDインストールしてプレイしてみたのですが、ドライブ音がないだけで本当に静かで快適です。
もっと早くやっとけば良かったカモ!?

せっかくLIVEに繋いだのでデモをいろいろ落として遊んでみたのですが、デモだけでも結構遊べちゃうものもありますね。
デッドオアアライブ4、ランブルローズXX、CoD2などはデモだけでも十分面白いです。
トゥームレイダーUWも落としてみたのですが、最初に何をすればいいか全く分からず、ララがただ海水浴しているだけのゲームと化しています(^^;

LIVEで何名かの方にフレンド登録もしてもらいました。
皆さん本当にありがとうございます。(感涙)
やっぱフレンドいないと寂しいですから…(苦笑
とはいえまだまだフレンドは少なく、引き続き大募集中です!


Dash of Destruction(X360)
XBLAで無料DLできるゲーム。
ドリトスというお菓子とのタイアップで無料になっているらしい。
恐竜or車を選んで、恐竜ならドリトスを積んだ車を追いかけて捕食。
車ならその恐竜からひたすら逃げ回りながらドリトスを回収することになる。
始めのうちは簡単だけど、先に進むとライバルが出てきて競い合いになったりと一筋縄ではいかない模様。

システム・ルールはシンプルながら上手くまとまってて、無料にしては実によく出来たアクションゲーム。
街がメチャクチャになったりあちこちで悲鳴があがったり、そもそもなんでドリトスのためにこんな大惨事に?…などとなかなかのカオスっぷりで、バカゲー好きにもオススメ。
実績も解除しやすいし、これで無料なのだから物凄くお得。

しかしドリトスという商品は初めて聞いたし、プレイしても特別食べたいとも思わないので、プロモーションとして成功しているか否かは不明(苦笑
2009-01-27 23:34 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

エースコンバット6購入


Xbox360『エースコンバット6』購入!(・ ◆ ・)v
エネループを見に行ったのですが、
気付いたら何故かAC6を手に持っていました(爆)
ちょっと買いすぎ…?(積みゲーが…)

早速1ミッションだけプレイしてみました。
操作法が少し変わっていて慣れを要しそうだったので、まずはEASYから。


ハード性能が上がったおかげで、敵も味方も凄い数が入り乱れて戦います!
援護要請でミサイルの一斉射が行われた時などかなりの迫力。
気に入ったのでDLCも無料のものだけどんどん落としてしまいました(笑

**********

昨日のLIVE登録に続いて、
「Xbox FRIENDS」にも登録しました。
そちらへ登録済みの方は是非よろしくお願いします。(・ ◆ ・)/

グループにも参加申請を出してみました。
承認されるかどうかは神のみそ汁……。


2009-01-26 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Xbox LIVE 登録完了

Xbox LIVE へ登録完了!

接続はもっと手間がかかるかと思っていましたが、
本当に「繋ぐだけ」だったのでめっちゃ楽でした。
早速デモやビデオ、無料ゲームなどを落としまくってしまいました(笑

アバターも作ってみましたが、どうもデザインがしっくりこない…。
人間だけじゃなくて動物やメカなんかも使えたら良かったのに(^^;
はじめ男で作ろうかとも思ったのですが、なんとなく女性で作ってみました。
アバターって今まで使ったことないんですが、こういうのって性別は別に本人と同じじゃなくてもいいのかな…。

せっかく登録したので、ブログのサイドバーに
「ゲーマーカード」も貼り付けてみました。( ・ ◆ ・)つ→→→



フレンドも大募集中です!\(・ ◆ ・)/

無事に1ヶ月無料ゴールドも付与されたので、
この機会を活かすべく『エースコンバット6』を早めに買ってこようと思います。
持ってる人がいたら是非遊びましょう♪
2009-01-25 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ハーフライフ2・プレイ開始

オレンジボックス(X360)
>ハーフライフ2
PCでは大変有名なFPS「ハーフライフ」シリーズ。
HL1は未プレイですがWalkthroughを読んだりして大まかな流れは知っています。


バイオショックではレンチでしたが、このゲームを象徴する近接攻撃武器といえば…
「バールのようなもの」!っていうかまんまバールですね。
コイツで敵をガツンとぶん殴るわけです(笑

バイオショックに比べると「次にどこへいって何をするかの具体的な指示」「矢印による目的地までのガイド」などの親切すぎる機能はないため、次にどのポイントへ向かい目の前の障害をどのように乗り越えるかは自分で考えないといけません。
こうした「パズル性」もこのゲームの特徴の1つになっています。
ゲーム内のオブジェクトの多くは自分で持ち運ぶこともでき、箱を積み上げて壁を乗り越えたりといった解決法を自分で実際に操作しながら導き出していくことになります。
バイオショック同様物理エンジン搭載でモノの挙動も非常にリアル。


舞台はSF調で独特の世界観を持った近未来。
スタート時点からよく分からない状況に巻き込まれながら戦いへと赴いていくわけですが、自分で道を切り開いていくこのゲームでは解法だけでなく自分がどういう状況にあるかも少ない情報量から自分で考えていかないといけないようです。

序盤の展開は会話中心でまったりしてますが、敵に追われるようになったあたりから急展開していきます。結構矢継ぎ早にイベントが起きてなかなかのスリリングさ。
ヒロインのアリックスと出逢ったあたりから重要キャラも増えてくるのですが、主人公が全然喋らないので回りのキャラがひたすら喋っててポツンと立って見てるだけの状況になることがあるのがなんとも…(苦笑

初ゲームオーバーも早速体験してしまいました。敵が転がしてきた爆発物入りのドラム缶を避けようとして、走り込んできた電車に轢かれて死亡…orz

今はまだ序盤で、仲間達と出会ったのも束の間、転送装置の異常でアリックス達とはぐれたところへ飛ばされてしまい、兵士達に追われながら一人脱出を目指すところです。

このゲームではエースコンバットみたく会話で主人公を称賛するような言動が織り込まれていて、エスコン同様にプレイヤーを心地良くさせる狙いがあるのは分かるのですが、プラグを挿したりスイッチを入れたりするだけでやたら褒められるのにはちょっと苦笑してしまう感も。(^^;

FPSとしてはグラフィックも操作性も良く出来ていて、テンポもよく先を見るのが楽しみなゲームです。チャプターごとに場面が切り替わったりはせず、特定のポイントに差し掛かるごとにチャプター名が表示されて、流れるようにそのまま続いていきます。
バイオショック同様「どこでもセーブ」可、チェックポイントでこまめにオートセーブされるのも便利。


>ポータル
「ポータル」もちょこっとだけプレイしてみました。
FPSのシステムを利用したパズルゲームです。
撃った場所に青とオレンジ2種の穴を作り、互いの穴が繋がるという仕組みを持つポータルガンが鍵を握る。
様々な仕掛けが関連性をもたせつつ巧妙に配置されていたりと、実によく出来ています。
機械的なアナウンス音声の流れる中での、映画「キューブ」を思わせるような閉鎖空間からの脱出パズルで、雰囲気も結構好みです。
また、ポータルガンで互いの穴を近い位置に作ると自分の姿が見えてわかるのですが、このゲームの主人公は女性です。FPS系では珍しいかも。
…まずはハーフライフ2からプレイするので、こちらはしばしおあずけ。


どの収録作も字幕がデカイのはいいですね、バイオショックは文字の小ささがネックでしたが、このオレンジボックスはハーフライフ2もポータルも字幕がとにかくデカデカと表示されてとっても読みやすいです(笑


2009-01-24 21:16 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

みかん箱購入

買ってきました。
この時期甘くておいしいみかん箱……ではなく。


Xbox360『オレンジボックス』を購入。
バイオショックに続く、箱○FPS第2弾!

このソフトは、

・ハーフライフ2
・ハーフライフ2:エピソード1
・ハーフライフ2:エピソード2
・ポータル
・チームフォートレス2


…の5本のFPSゲームを収録したお買い得版。
特にHLシリーズはFPS界では有名な作品ですし、一度体験しておきたかったのです。

この中で「チームフォートレス2」はオンライン専用ゲームとのことですので、オフがメインの私の場合は実質4本と見なした方が良いかも?
誰か遊んでくれる人がいたら挑戦してみるかもしれませんが…。
というわけで一緒にプレイしてくれる人募集中です(笑)

これを機にいよいよ Xbox LIVE に繋いでみようかな…。


2009-01-23 23:22 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バイオショック・クリア!

バイオショック(XB360)
クリアしました!リトルシスター全救出ENDも見れました。
ラスボスはグレネードとケミカルガンで楽勝。特にケミカルガンのエレキジェルが異常な強さを発揮。
ボスの攻撃も強烈な突進や飛び道具など見た目はなかなかハデなのですが、周囲に湧いてくるザコやボットの方がウザイくらいでした。
ボスのHPを0にすると中央の台にはりつけ状態になるので、リトルシスターから貰った注射器を突き刺してアダムを抜き取る…ということを4回繰り返せば勝利。

どっちかというとラスボス直前でリトルシスターを護衛するイベントの方が大変だった、いくつかのポイントでアダムを採取している間敵のラッシュから守らないといけない。
始めの内は楽でしたが徐々にEVEの残量がヤバくなってきて、敵もセキュリティも数が多くなってきてリトルシスターの体力も気付いたらかなり減らされていたりと、とにかく焦る焦る。
死なせてしまっても新しいリトルシスターを呼ぶことも可能なようですが、エンディングに影響あるかもしれないし、心情的にも死なせたくないので必死で最初の一人を守りきりました
リトルシスターの周囲を防衛するのにサイクロントラップが便利だった。
最後に出てきた本物のビッグダディはグレネード2発でKO。ここまでくると雑魚だね。

エンディングは意外にあっさりでしたが、こういうゲームの割にはハッピーエンドな結末。
シンプルですが表現が巧くなかなか感動的。ラストカットの「手」は……主人公…(涙
テネンバウムは結局どうしたんだろ?一緒に脱出したの?ラプチャーのその後は?
謎のまま投げっぱなしな部分も多い気もしますが、作品性から考えるとある程度想像の余地を残していると考えた方が良いですかね。細かい解釈はプレイヤー一人一人の解釈に委ねる…と。


――ちょっと長めでしたが面白かった!
とにかく作りこみがハンパじゃないですね、ゲーム進行と関係ないどうでもいいような場所も1部屋1部屋までしっかり作られているので、そこに確かにリアリティ溢れる「世界」が存在しているように感じられます。
物理エンジンのおかげもあって無数に置かれたモノの動きも転がったり水に浮いたり互いに干渉し合ったりとどれも変にリアルでしたし。
水の流れや光の反射、アールデコ調の造形物などグラフィック表現も非常に美麗。
こうして作りこまれた広大なマップがシームレスに繋がって、1つの巨大なレベルが形成されてるとか、もうとにかく凄すぎる。
これくらいのクオリティのゲームをプレイすると「今、次世代機で遊んでるんだ!」と強く実感できますね。

ホラーとしては「人間」の怖さ、というものがよく表現されているように思えます。
この世の中、結局一番怖いのは人間ですから(苦笑
次から次へとわいて出ては妙に人間臭い独り言を言いながらフィールドを徘徊し、叫び声を挙げて襲い掛かって来る”元人間”のスプライサー達には最後までビビらされます。

多種多様な武器のカスタマイズや、プラスミド(RPGでいう魔法)の使い分け、ジーントニック(RPGでいうスキル)の組み合わせなど、普通のFPSに比べて戦略・戦術にかなり幅がある点も面白い。
RPG的な成長要素がFPSのゲーム性に実に上手く組み込まれています。
これによって幅広いユーザーが自分なりのスタイルで楽しめるものに仕上がっているかと。

ゲームシステムも海外製とは思えないほど細かいところまで親切。
ヒントやヘルプは勿論、メッセージログ機能まで完備とは。
日本のゲームですら行き届いてないものが山ほどあるのに…。
難易度もかなり控え目で、この手のジャンル初挑戦の方にも入門用にオススメできます。
もはや日本製ゲーム形無し?

ストーリー性やキャラクター性、海底都市という凝った世界観なども特徴的。
特にストーリー性がないとモチベが維持しづらい、物足りないという人にはこれくらい緻密に組み立てられたストーリーなら大いにのめり込めるのでは?
後半の重要キャラとの対決イベントでの種明かしにもきっと驚かされるはず。

リトルシスターやビッグダディの存在も個性的な要素の一つ。
出くわした時の緊張感や存在感、こちらからアクションを仕掛ける時のドキドキ感はちょっと味わったことがない。
終盤でのリトルシスター達とのふれあいには意外に癒される場面も…。

字幕などの文字が小さく読みにくい点などはちょっと残念かな、音声は日本語化されてるし進行に問題ないレベルではありますが。オブリビオンで言われてたけどメモリ容量が厳しいのかも。
クリア特典や引継ぎ要素などが存在しないのもRPG的要素があるゲームとしては残念。面倒なハッキングの結果やトニック、研究成果などの引継ぎは最低限欲しかったところ。
あとアイテムやお金の所持数上限ももうちょっと増やして欲しかった。アイテムはバランスにも影響するのでともかくとして、財布の容量が上限500ドルってさすがに少ないよね?
それと、ハッキングに手間がかかる点はもうちょっと考慮してほしかったかな…。
また、ヘッドホン着用でプレイしてたのだけど、「声のする方向」も若干分かり難い気がした。敵がいるのは分かるけどどの方向にいるのかハッキリしない…といったケースがよくある。(BLACKなんかだと音の方向や遠近感がもっと分かりやすかったと思う)


最近はデキのいい海外ゲームが増えてきたこともあって、こうしたよく作りこまれたゲームであれば一度遊んでみて、新境地を開拓してみて貰いたい。
「洋ゲー」と固定化されたイメージだけで敬遠して遊ばないのはもう古い!
食わず嫌いしてこういう新しいゲームの世界を知らないままというのは実に勿体無い。

続編の話もアナウンスされてますが、あの結末からどう繋げる気なんでしょう。
過去編とか?う~ん、それは考え難いかなぁ…。
次回作はオープンワールドタイプだったりすると面白いかもしれません。


※クリア後に攻略サイト見て知ったのですが、コーエンは殺さない方が良かったみたいです。エンディングには影響しないものの、武器改造コンプや実績解除に影響が出るらしい。
まあ攻略は見ずにやってたから仕方ないですね。ハッピーエンドは見れたし、十分満足!


2009-01-22 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。