スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

アフターバーナークライマックスは協力プレイなし!?

アフターバーナークライマックス公式コラム オンライン協力プレイについて
>Xbox 360 / PS3版 アフターバーナークライマックスでは、
>オンライン協力プレイの実装を見送りました。

ありゃ、COOPプレイはなしですか。
残念だけど、この値段で移植してくれるだけでも十分といえば十分かなぁ。
そもそもアーケードでも1台のみでの稼動のところがほとんどだったと思いますからね。
その分、オンラインに関してはランキングやリプレイなど別の機能を充実させてほしいところ。




[海外ゲームニュース]βテストが待ち遠しかったらこれを見て待て! 『Halo: Reach』最新画像をアップ
Halo3に比べると大分シックなイメージになりました。
でも部分部分でのグラフィックのギラつく感じなんかはまさにヘイローテイスト。
個人的にHalo3にはあまり爽快感を感じることができなかったのですが、その辺がどうなっているのかもグラフィック以上に気になるところでしょう。

それにしてもODSTにβ参加権がつくって話だったけど、あれって大分先の話だったんですね。


スポンサーサイト
2010-01-30 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ユーディーのアトリエがPSPにリメイク移植決定!

映画『エラゴン』を観ました。
これざっくり言ってしまえばほとんど「ファンタジー版スターウォーズ」です。
ストーリーラインもほぼSWのEP4そのまんまだったりする…。
叔父が留守中に敵に殺されるところも同じだし、王女はまんまレイア姫ポジションですね(笑
オビワン役(違)の人も強くて活躍してたけど、色々教えてくれたあとでフォース(違)に目覚めた主人公たちを助けるため死んじゃうのも同様。ライトセーバーならぬドラゴンキラーも授けてくれました。
おまけにラスボスと決着がついておらず、「続く」って感じで終わるところまで…。
序盤での主人公の母親が叔父に自分を預けて消えたって話も、実はダースベイダーが父親…ってのと同じオチだったりするのでは?!
つくづく欧米人はスターウォーズ系の話が好きなんだな~。


時を越えた錬金術士がPSPで復活! 新キャラも登場する『ユーディーのアトリエ』
ユーディーがPSPでリメイク移植決定!
追加要素や、新キャラもあり。年賀状に描かれていたという謎のキャラのイラストはこの追加キャラだったのか。
この作品、実は真のEDが百合ENDだったりするんですよね…(笑

この分だとヴィオラートも来る可能性高い?!
ホントPSPはPS2の後継的なハードとなってきましたね。
後継といっても移植が多いけど。




プラチナゲームズ新作発表! 三上真司、稲葉敦志両氏が手掛ける『VANQUISH』
プラチナゲームズが新作を発表!
ジャンルは「シューター」らしいけど、TPSなのかな?もしやFPS?
FPSだったら純国産FPSとして日本もいよいよ新時代に乗り出すか!と期待できるんですが。
TPSだったらちょっとガッカリ…。
個人的にTPSは視点が後方固定なだけのアクション、あるいはせっかくのFPSの臨場感を犠牲にしている劣化FPSという感じしかしないのですが…。
TPSだと有象無象の作品の中に埋もれちゃいそうな感もありますね。


『バトルフィールド:バッドカンパニー2』体験版が配信開始
CODもいいけどこれも面白そうだなぁ。乗り物に乗れたりする部分でCODとの差別化も図れるし。開発元とゲームエンジンが同じMOHのマルチもこれに近いゲーム性になるのだろうか?
「1」のデモをプレイしたときのシングルモードで、敵がゴルゴ並みの索敵能力と精度でプレイヤーを撃ちまくってきたけど、そういう「1~2世代前」って感じのAIは改善されているんでしょうか…。




Xbox 360向けレトロゲームスペース『Game Room』はXBLAタイトルとの互換性は無し
Haloウェイポイントみたいなシステムなのかな。
でもこれだとわざわざ『Game Room』を起動して遊ぶ意味がないような…。


噂: PS3版『ベヨネッタ』のHDDインストールパッチはソニーが開発?
噂だけど、これはあり得そうな話かも。
セガが自分たちよりPS3を熟知しているであろうソニーにヘルプを求めたとか?




【オリコン】マイケル『THIS IS IT』DVD初日売上16億円突破~09年総売上1位の“ポニョ”初動2倍超え~
ぶっちゃけ死んだあとになってから注目し始めた人って多いんじゃないか…と思いません?
メディアが連日大きく「伝説」として取り上げるから、それに流されて乗ってしまう人とか…。
こういった商品に飛びつく人の中にも、亡くなってここまで大きく取り上げられるまで見向きもしなかった人が相当数いるんじゃないかと思うんですよ。
まあ、別にそれが悪いとは言いませんけどね(笑
死後もなお新規ファンを獲得し、新たな伝説を作れるのは本当に凄いと思いますし。


2010-01-29 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「スパ4」発売日決定/アオイシロSL2000版やっと終了

『空から日本を見てみよう』を最近よく見てるんですが空から見る日本の街の景色もなかなか風情があっていいものですね。くもじいとくもみの掛け合いも楽しいし。
気になるポイントがあれば地上のその場所へ行ってクローズアップして見るわけですが、そのたびに現地人に「くもじいじゃ」の一言を言うだけで押し通して済んでしまう世界感も絶妙。
芸能人が町を練り歩く旅番組も陳腐化やマンネリ化してて飽きていたので、こういった変わった切り口で様々な場所を見られる番組は面白いと思う。
正直地上を歩くだけだと地理的な要素から来る面白味が伝わらず分かり難いんだよな…。
地図や航空写真を眺めるのが好きな人にもオススメ(笑

ある意味これと対局にあると言えるのが『ブラタモリ』ですかね。(ラブタモリじゃないですよ?)
こっちはこっちで街歩きの面白さを追求していると思う。
タモリのトークもどっちかといえばタモリ倶楽部的なノリで面白いし。タモリって夜の方が地が出てて面白いですよね。昼のタモリはあんまり面白くない(苦笑
NHKのCG技術と無駄に壮大な音楽による、昔の風景の再現CGも非常に味が合っていい。
この番組は雰囲気も好きですね、NHKって独特の雰囲気を持った番組を作らせたら右に出るものがないな…。


●ニンテンドーDSi LLのCMで「ラブプラスがでかい。」とか言ってて笑ってしまった。ラブプラスなんて任天堂自身がそんな大っぴらに押し出していくタイトルではないと思っていたので、そのギャップについ(笑)。しかもナレーションいつもの任天堂CMの人ですよ。あの渋い冷静な声で「ラブプラスがでかい。」…。よりによってCMでキャラボイスも出ます。これ見せてどうしろと。


『スーパーストリートファイターIV』の発売日が決定
>2010年4月28日に発売すると発表した。価格は4990円[税込]。
タイミング的には妥当かな?価格が抑えられているのは嬉しい点。
限定版特典はサントラ、DVD、イラスト集がセットになってこれまた豪華。
またXbox 360版限定特典として、完全新作アニメのDLトークンが付属するようです。




『メタルスラッグXX』に女性キャラクター“レオナ”が追加
「コンプリート」のインタビューでもチラッとレオナを出したい、みたいな話に触れてましたね。
本当に実装できるなら、もっと早くやっても良かったのでは…。
男2人加えるよりは女性を加えた方が華が合っていいでしょうw




PSPでも本格マルチプレイ『SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3』プレビュー映像
PSPでも本格的にネットでのマルチプレイが楽しめる!
4人CO-OPや、16人対戦に対応。
しかしTPSというのがちょっと残念ではある。画面狭いからFPSの方がよくない?TPSって結構キャラが邪魔になるんだよね…。
あとはやはりPSPに右スティックがないことによる操作性の問題。世界市場を意識すると、次世代PSP普及には右スティックは欠かせない要素になるはず。




新要素“サブクラス”の情報を公開!『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』
こういうのって下手をすると「全員勇者」みたいな没個性にもなりかねないけど、使えないクラスを潰すなどの意味ではバランスをとる上で面白い要素かも。




『スプリンターセル コンヴィクション』はCOOPプレイモードを搭載
COOPモードの方が従来作品に近い形になるのかな。
ファンは発売がこれ以上延びないことを祈るばかり…でしょうか。


立体マウスパッドや抱き枕カバーがセットになった『アガレスト戦記』北米の限定版が発表
海外版の限定版に抱き枕カバーや、おっぱいマウスパッドを同梱!
っておいおい正気かこれ!?海外でどんな反応をされてるのやら…。
日本の恥を輸出するハメになるだけなんじゃ…orz


『ドラゴンクエストVI 幻の大地』いよいよ発売
「6」はプレイしたことはおろか人がやってるところを見たこともないんですよね…。
面白いならやってみたい気もするけど…。
人によって評価も分かれがちな作品みたいですね。




KONAMI、PS3「ヴァンダルハーツ Flames of Judgment」
「~失われた古代文明」の300年前の世界を舞台にしたシリーズ最新作

新作か!?……と思えば、ちょっと前にキャラデザで話題になったアレでした(苦笑


アオイシロ(PS2)
SuperLITE2000版、やっと一通り終えることができました。
無印クリア済みなので主要な百合イベント以外○連打で進めたとはいえ、結構かかってしまった。
正月に終わらせようと思ったけど結局グダグダしてたりTVや映画観てたらちっとも進まなかったんだよな…(苦笑
クリアしたのは保美ルート。封印があるので、1周目だと必然的にこれしかないんですよね。まあ好きなキャラ&ルートだし全然OKなんですが。
クリア後ネタバレ機能解禁で、「分岐図&既読埋め」以外の全機能ON!(無印クリア済みでまたイチから全部やる気力はさすがにないです。せめてデータコンバートさえできれば…。分岐図&既読はなんとなく躊躇^^;)
――したらなんと「外伝」という項目が追加されてました!!
CGがちょっと増えてるだけかと思ったらちゃんと追加シナリオがあったんですね。
SL2000版での追加要素は「外伝」のサブシナリオと、新規CGの2つになるようです。

外伝の中身は、『友あり遠方にて出逢う』と『<<剣>>の巻』の2本。
前者は三日目の葵がサクヤに逢いに行った時の話で、アカイイト関連の話がちょこっとだけ聞けます。サクヤはどうも葛にこき使われてるっぽいですね(笑
後者はカヤが沖縄で剣を手に入れ、汀を打ち負かした時の話。本編の必殺技「虎噤み」はここのエピソードで汀に使ったのが初出のようです。

どちらも確かに本編では詳細が語られてなくて、気になる部分ではあったのですが…。
どうせ追加入れるなら本編でさんざん物足りないと言った後日談とかの方がよくない?
あるいは、百子シナリオか綾代シナリオも入れて欲しかったなぁ。
SL2000版のリバーシブルジャケットにも描かれてる、ナミに萌えてる(笑)綾代のシナリオなんかあるかと期待していたんですけどね。ジャケットに描くくらいだから。ナミ×綾代の組み合わせでの綾代の暴走(?)っぷりはちょっと好きだったりしますのでw(ちゃん付けで呼んでって言うシーンとか)

追加シナリオ2つともぶっちゃけあってもなくても同じくらい小粒なエピソードなので(特に百合ゲー的な意味では)、そういう意味でももっと中身のあるエピソードの追加が欲しかった。まあないよりマシといえばそうなんですがね。

追加CGは何故か綾代のモノが多かったですね。要望が多かったのかな?


しかし改めてプレイして思ったけどやっぱりナミ可愛いな(笑
前作も葛ルートが好きだったりしたし…。いや関係ないか?w
ナミのシステム音声って喋れるようになったあとでも、「うー」とか「あー」しか喋れない時のモードにも戻せるんですね。これ無印の時は気づいてなかったかも。

――でももう「廉価版で完全版」とかは勘弁してほしいです!(苦
こういうことが続いたせいで最近新作が出ても”待ち”にするケースが増えちゃったんだよなぁ。


2010-01-28 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

神戸はコーヒーの黒魔術師!?

相棒(1・27放送分)
今回の相棒、トリックが甘くないですか?
マジシャンをテーマにしておきながらヒネリもへったくれもないシンプルかつ原始的なトラップ。
「あるはずのないもの」ってもう序盤の時点で黒い布なの丸分かりじゃないですか。
「錯覚」エピソード並みの面白い仕掛けを期待したんですけどね…。
途中息子も怪しい?とミスリードさせるような展開(というかいつものミニ予告…)があって、父親か?息子か?という流れにはちょっとだけなったんですけどね。
正直あんまり深さはなかった回だと思うなぁ…。
まあ中休み的な回ということで、次回に期待しましょう。
課長への”インスタントマジック”が一番ウケたくらいでしょうかね。
まさに味覚に作用する魔法!?
そのことを黙っておいて神戸と一緒にほくそ笑んでる右京さんもなかなか黒い…w

…今回こういう内容になったのは、加茂ちゃんに引っ張られたせいだとでも思っておきますか(ぇ
加茂ちゃんの呪い!?(ぉぃ


映画『エネミーライン』
相棒後に後半だけ見ました。以前見たことあるので全体の流れは把握してます。
これ、昔見たとき番宣で「スカイアクション!」の煽り文句で紹介されていて、ちょうどその頃エースコンバットにハマってたこともあって文字通りのスカイアクションだと期待して見たんですが…。
しかしスカイアクションとは名ばかり、それは本当に序盤の序盤だけで、すぐ撃墜されて敵地からの大脱出劇へとシフト。映画の大半というかメインは脱出劇の部分なので、スカイアクションものと称するのはほとんど詐欺同然です(苦笑
そんなわけで当時は見た経緯が経緯なだけに当然「期待と違う」という評価で満たされてしまい、イマイチ面白さが感じられなかったんですが…。
今になって改めて見てみるとミリタリーモノ映画としても普通によく出来ていると思えます。
CODなどミリタリー系ゲームをプレイしてその手の作品の影響を一通り受けた後なら、また違った面白さに気づけるのではないでしょうか。
特に兵器や武器の精巧な描写は見所の1つと言えるし、ストーリーラインも王道ながら悪くないし、COD4の某キャラのモデルにもなったライバル的位置付けの青ジャージ野郎との対決も見モノ。
ラストのヘリが救援に駆けつけ、圧倒的火力で敵を掃討する場面も痛快でいいですね。
ホント宣伝の仕方や見方一つで全然違って見えるので、その辺には気をつけてもらいたいものです。
作中、音楽や雰囲気がCODっぽい場面も結構あった気がするけど、あのゲームにはこの作品の影響も少なからずあるのかな。

ミリタリーモノでは他に『ブラックホークダウン』も見てみたいので放送してくれないかな。
CODの影響もあって戦争モノ映画は色々と見ておきたいものが多いんですよね…。
面倒だけどそのうち何本かレンタルしてこようかなぁ。
それにしてもこの番組、ホントなんで水曜に移動したの?見たいとき相棒と被ると困るんだよな…。


『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』北米版は豪華特典付きで34.99ドル
随分と気合い入ってますね!豪華特典つきで値段もお手頃というのは羨ましい。
ペルソナは海外でも好評だったようなので、メガテン本編も海外で本気で根付かせたいのかも。
昔はテーマがテーマだけに海外発売難しいんじゃないの?と思われてましたが、世界で展開するようなゲームになるとはね。
ただ最近日本のメーカーがよくやるような、変に海外を意識してどっちつかずの微妙なデキになるのだけはやめてほしい。


「不当な利益を得ている」マイクロソフトポイントを巡り米国で集団訴訟
私もMSP利用したことありますが、確かに中途半端なポイントでしか購入できなかったり、PS3など他機種と同じゲームなのにお金に換算すると他機種より高くなってしまったりと、色々と問題点もあるように思えます。
こういうことがあるから利用後も抵抗感が拭えないのかもしれないな。
一度利用してしまえば慣れるなんてことはなかった。
2010-01-27 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Xbox360モンスターハンターフロンティアオンライン発表

自転車乗ってる時に警官の職質初めて受けたけど、ここ一週間で2回も止められるとは。
急いでる時に限って止められるうえに多少時間がかかるのでイライラ。
もっと手短にやってくれないかな…デジタルの時代にやけにアナログな確認の仕方してるような。
それに、どういう基準で声かけてるか知らないけど、どう見ても止める相手間違ってないかな…。
確認中に横素通りしていった人の方がいかにも不良っぽくて人相的には怪しいだろ、とかツッコミたい瞬間もあったし。(人のことは言えない?いやいや…w)
つかそんなに手当たり次第に止めなきゃいけないほどノルマきついんですかね?
2回目なんて某大手スーパーの出入り口付近の絶対ここ通るしかないって道に張ってて、あからさまに待ち伏せしてたし。こればっかりは明らかにノルマ稼ぎでやってるよなーというのがあまりにも見え見えだったので辟易してしまいました。しかも街灯のない暗がりからいきなり男2人出てきて止められたから何かと思ってしまいましたよ。若い女性だったらちょっと怖いんじゃないの?

後で調べたらこういうのって別に拒否しても構わないみたいですね。
まあ分かってても警官相手に拒否しづらいんですけど(苦笑
次声かけられたらさすがに急いでるからって断ろう。3回も同じ事やってられない…。


Xbox 360で狩猟解禁! 『モンスターハンター フロンティア オンライン』今夏発売!
今日発表会やるから何が来るのかと思えば…これかー!
う~ん、360でMHF…ちょっとガッカリな発表だなぁ…。
PCとは別サーバーでデータ移行もできないみたいだから完全新規向けですね。
ゲームPC持ってなくて、家庭用ゲーム機でMHFプレイしたい新規ユーザー向けか。
料金は月1400円、ちょっと高い気もするけどゴールドメンバーシップ込みなのでプレイする人にはお得感はあるかも。




カプコン珠玉の4タイトルを披露――“CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360”詳報
>『モンスターハンター フロンティア オンライン』
>『ロスト プラネット 2』
>『デッドライジング2』
>『スーパーストリートファイターIV』

4タイトルを発表。ロスプラ2とスパ4の発売日も決定。
つーか、これ全部マルチタイトルじゃないですか?
わざわざ発表会を開くくらいだから、1本くらい独占の新規タイトルもあるかと思ったのですが。
色々とガッカリな発表会でした…。


『Medal of Honor』の新作では2つのゲームエンジンを採用
これは珍しいというか面白い試みですね。
シングルとマルチで開発チームもエンジンも違うとなれば、全く違ったプレイ感覚になるのかも。
マルチ部分はここまで来るとぶっちゃけバトルフィールドなんじゃないの?とも思いますが。
MOHのオマケにBFがついてくると考えればお得かな?
BF同様に車両やヘリにも乗れたりするとCODとの差別化ができていいかも。


ようこそ、Xbox特命課へ
特命係!?…いいえ、特命課です。
なんだろう、このなんとも言えない「セガ臭」は…orz


映画『トゥームレイダー2』
冒頭の「サメパンチ」のシーンで笑ってしまいました。
サメに海中でパンチを食らわすとかもうギャグでしょ?
ムササビの術で飛行するシーンとか、「笑い」込みで狙ってやってるのか?と思えてしまう。
相棒の男性はキャラ作りがいまいち失敗してたかな。
そんなに魅力的なキャラにはとても見えなかった。
(魅力的に見えないと最後のシーンの伏線としても弱いんだよね。)
…これ1作目でも思ったけど、ゲームのララのクールなイメージと恋愛的な要素がいまひとつマッチしてないような気が。まあ洋画には必要な要素なんでしょうけどね…。
ラストバトルのライスとの格闘シーンははっきり言って物凄く
どういう動きしたらこんな風にいきなり背後を取られたりするのかさっぱり分からない。
ていうかライス急に強すぎない?ララはそんじょそこらのかよわい女性じゃないんだよ?
全体的にアイデアは悪くないけど消化し切れなくて雑多に並べただけになってしまった印象。
1本の作品として、B級映画と割り切って女性冒険家ララ・クロフトの活躍を何の気なしに見るだけならそこまで悪くもないんだけど。相棒の設定がどうにも失敗気味。
1作目みたいにもっとララを引き立てる方向で活かして欲しかったな。
遺跡探検という舞台設定やガジェットの面白さが十分活かされてないのも残念。
原作ゲームのアスレチックアクション的な面白さもいまひとつ理解されてないまま作った感じでしたね(前作は若干無理矢理感もあったけどゲームのイメージをよく引き出し当てはめてた)。もしやこれゲームやらずに前作のイメージだけで作ったのだろうか…。
ラストシーンの「結婚式」をネタにしたほのぼのしたシーンは割と好きでした(笑

それにしても序盤の「サメパンチ」は間違いなく会心のギャグだと思う。
あのシーンでこの映画の本質が大体分かるというある意味面白い、貴重なシーンでもある。


●土曜に放送された映画『デトロイト・メタル・シティ』
あまり期待してなかったけど細かい部分までよく出来てて面白かったですね。
ストーリーも先が読める感じだったけど、悪くなかった。コメディの王道といった感覚で楽しめました。
ラストに向かって皆で盛り上がっていく部分の一体感は最高。
オチは…まあ、あんなものかな?(笑

近年のコミック原作映画で酷い映画が多かったせいか、最近の邦画の中では結構神がかったデキにさえ見えました。
2010-01-26 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ルイーダの酒場の本物がOPEN!?

映画『天使にラブ・ソングを…』、通しでちゃんと見たの初めてだったかも。
ドハデなアクション映画もいいけど、こういう気楽に見てられるコメディ映画もたまにはいいですね。
主人公に友好的な若手のシスターがちょっと可愛らしかったな。
なんであの娘だけ他のシスターと修道服(?)が違ったのだろう。新入りだから?

2/5には『ポニョ』が早くも放送されるようです。こちらも忘れずに見ないと!
最近映画の劇場公開から地上波放送までのペースが早くなってきた気がします。


六本木の「ルイーダの酒場」に、ルイーダさんが本当にいるか潜入してみた
「ちからの種」の正体がいま明らかに!! 「ルイーダの酒場」全メニューを一挙紹介
正体はカボチャの種だったのか…!
ドラゴンって牛だったのね。


ゲームを風刺したユーモアが楽しい「EAT LEAD マットハザードの逆襲」,発売日は2月18日に決定。続編「ブラッド・バス・アンド・ビヨンド」も配信
マ、マリオがいる!?w
こういうパロディは嫌いじゃないぞ!(笑




『デッド オア アライブ パラダイス』最新水着ショットをお届け
リオの顔グラが…なんか目が死んでませんかこれ…(汗
元絵と比べるとギャップが…。元絵が神がかってみえるw

ところでこのゲーム、新しいミニゲームが一向に公開されないけど、本当にバレーとぴょんぴょんしかないままなのでしょうか?今後明かされていくのだろうか…。


2010-01-22 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アフターバーナークライマックス移植決定

ここ数日、日中暑いと思えるくらい暖かくなってホッとしていたのも束の間。
明日あたりからまた寒くなるみたいですね…。


セガ、PSN/XLA「アフターバーナークライマックス」
AC版に新機能「EX OPTION」などを追加して登場!

アフターバーナークライマックス移植版、正式発表!
オンラインでのマルチプレイには対応してないのかな?書いてないみたいだけどどうなんでしょ。
CO-OPなんかあると面白そうなんだけど。アーケード版はできたはずですからね。
元祖『アフターバーナーII』のBGMでプレイすることもできるようです。

>価格:900円(PS3版)
>   800MSP(Xbox 360版、1,200円相当)


このクオリティでこの値段はお買い得では!?
…んん?Xbox360版の方が300円ほど高い?


またまた先行情報入手! 『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』先着購入特典の内容が判明
>先着購入特典は『世界樹の迷宮III サウンドトラックアウトテイク』
>モンスターデザインを務める長澤真氏の描き下ろしイラストと、日向氏によるおまけ漫画も同梱

特典はサントラCDにイラスト&おまけ漫画も同梱と、なかなかの豪華さ。

1,2の時は興味はあったものの何か閉鎖的で入り込みにくい雰囲気があったこの作品…。
3は非常に開放的なイメージで新規でもとっつきやすそうで、これならやってみたいとも思う。




日本語化された「Shivering Isles」も入ってる! 「The Elder Scrolls IV: オブリビオン Game of the Year Edition」の発売日が4月22日に決定
>“本体(オブリビオン)+拡張(シヴァリング ・アイルズ)+追加コンテンツ(ナイツ・オブ・ザ・ナイン)”がセットになったパッケージ
リリースまで随分と時間かかったなぁ…。
その代わり?追加コンテンツもセットになってお得感はあるかも。
オリジナル版とのセーブデータ互換性がないそうなので注意。




『Heavy Rain』の日本版ボックスアートを見た海外ユーザーの反応は…
「鼻」!!!!
アンチャーテッド2といい、なんで日本版だけこうなってしまうのか…。
アンチャ2のパッケは往年の洋画ポスター風といった感じで割と好きでしたけどね。見慣れると妙に味があったりして。
でもこれはないわ。
欧州版が非常にセンスいいので、欧州版と同じでいいじゃん。




ドラマ「853~刑事・加茂伸之介」
う~ん、これ加茂いらなくない?
無理矢理出番を作ってるような感じもするんだよね…。
係長や周りのザコ刑事が全く使えないとか、相棒の捜査一課みたいなありがちな構図ならいいんだけど、係長が思いのほか優秀なので加茂が特別引き立ってる感じがあんまりしないのですよ。
ただラストの課長の「いいコンビ」発言で対照的な二人を対等の立場で並べて、その対比で面白さを出そうというコンセプトなのかな、とその辺の構図についてはちょっと合点がいった部分もあるのですが。
しかしその反動で結果的に主人公が引き立たず、いまいち「魅力的な主役」になりきれないのがドラマとして面白味に欠ける部分だと思います。
キャラも設定もとことん使い古されててホント新鮮味も全くないのがな…。

『科捜研の女』みたいに、開始当初はキャラもシナリオもそれほど好きではなくとも、後々になって面白くなってきたり、メンバーやキャライメージが大胆に変更されて魅力的になったりする可能性もあるかもしれませんが……これに関しては掴みが弱いのでやはり見続ける気力は萎えてしまいます。
(『科捜研の女』は当時珍しい科学捜査モノだったのも好条件だったかも)
あと京都枠特有の安っぽさもどうも好きになれない部分だったり…。この枠で好きなのって新シリーズの『科捜研の女』と、『おみやさん』くらいか?
2回目まではとりあえず見たけど、あとは知らん!さようなら亀山君!(爆)

2010-01-21 23:25 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

スパイの末路は…

松嶋菜々子が出てるWiifitのCMがシュールすぎる。
板も放置でゲーム画面も不要、TV見ながら足踏みしてるだけじゃないかアレ…。
つーか、その場で足踏みしてるだけじゃジョギングの代わりにならないような気もするんだけど、その辺はどうなんだろ。何もしないよりはマシ?


相棒(1・20放送分)
今回は神戸スパイ疑惑浮上!?っていうかスパイですけど(笑
庁内S(スパイ)に関するエピソードということで、神戸が槍玉にあげられたりもしてましたが、意外とあっさり放免されましたね。
真犯人の課長については多分コイツだろうなという予感もあり、前回の複雑さに比べると分かりやすい展開でしたが、会議でのあんな些細な一言を漏らさず聞いていて突き止めるとは…右京さん流石。
官房長云々という発言もありましたが今回は小野田さんは出ず、ゴルフ三昧のようでしたw
代わりにラムネおじさんが裏で活躍してましたな。

終盤で「S」に対して「哀れですねぇ」と言う右京さん、何か含みのある言い方にも聞こえましたが、神戸についても薄々感づいてたりするのか!?あの右京さんのことだからなぁ…。
まあ神戸についてはもうしばらく持ち越しとなりそうですね。
最終的にスパイなんか投げ捨てて本当の相棒になるのか、元の地位に戻るのか?

次回は手品がテーマのようで、相棒らしく楽しい(?)殺人事件になりそうです?!


『New スーパーマリオブラザーズ Wii』が最速で300万本突破
これは凄い。3Dマリオはパッとしないけど2Dマリオはやはり強い!!
DS版は操作性もゲーム性も微妙だったけど、Wii版はどうなんだろ。




PS3“モーションコントローラ(仮称)”は2010年秋発売
後付けの周辺機器を成功させるのはやはり難しいだろうなぁ。
SIXAXISすらも結局使いこなせず、むしろ不評なゲームが多いままで終わってしまいましたし…。
ところで、これ対応予定だったバイオ5どうすんの?


プレイステーションファミリーがベトナムに進出
これでベトナムが舞台になるといわれているCOD7が発売されたらどうなる!?


全然違ウ…?『龍が如く3』北米版ボックスアートが公開に
いくらなんでもタイトルが直球すぎ
ハリウッド映画なんかのイメージだと外人さんにはこの方が通じやすいかもしれませんが。


デジタル配信のゲームは10ドルでは高い? 開発者が不平の声に当惑
これはDLソフトにまだまだ抵抗感のある自分はなんか分かる気がするなぁ…。
買う時も値下げ待ちだったりしますからね。
2010-01-20 23:45 : 雑記・ニュース : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ツイッターはじめました。

今話題の「Twitter」を始めてみました。
http://twitter.com/ugetsu0211
まだ始めたばかりですが、利用されている方は気軽にフォローしてください。

あの有名人も始めた!?などと話題になったり、ゲームのリーク情報なんかもちょくちょく流れてくることでも結構有名ですね。
基本は思いつく様に短い文で「つぶやき」を投稿するだけ、という手軽さがウリ。
感覚的にはチャットとブログを足して2で割ったような感じでしょうか。
他のユーザーとのコミュニケーションもとりやすいオープンな雰囲気で、 なかなか良さげです。 他人のフォローなども気軽に・簡単にできるのでSNS特有の息の詰まる感じがしないのもいいところ。
知ってるけど交流をもったことがない人なども気軽にフォローできるため、交流の幅を広げる足がかりとしても良いかもしれません。
まだ始めていない方は、この機会に始めてみては!?

ま、私がどれほど活用できるかは、神のみそ汁…(・ ◆ ・)


ファミ通.comの新サービス、“みんなのクロスレビュー”を公開
>週刊ファミ通の新作ゲーム クロスレビューの点数、Amazon.co.jpのスターレーティング(☆の数)、ファミ通.comのレビューログなど各メディアごとの“評点”を集約、平均化したもの。

ぶっちゃけメディアやアマゾンのレビューはあんまりアテにならないからなぁ…。
mk2とかがあればいらないような気もします(爆)


『世界樹の迷宮III 星海の来訪者』が発売延期
発売日が4月1日に延期。
延期先がエイプリルフールなだけに、心待ちにしていたファンにとっては嘘だと思いたい!?
延期の理由は不明ですが、毎回バグが話題になっていた作品だけに今回はキッチリ作ってもらいたいところでしょう。


噂: 『Half-Life 2: Episode Three』の年内リリースは絶望的?
2010年も始まったばかりだというのに、”忍耐”の一年が早くも確定!
エピソード形式の利点が全く活かせてないような気が…。
HLに限らずエピソード形式のゲームは上手くいった試しがないような気がします。
やはりゲームとの相性が悪いリリース形式なんだと思う。


XBLA版『After Burner Climax』のスクリーンショットが海外サイトに掲載
アフターバーナークライマックスの情報は以前にもチラホラあがってましたが、やはりDLソフトとして配信されるようですね。
これアーケードで実際にプレイしましたが、見た目が劇的に変わっててももプレイ感はちゃんと「アフターバーナー」してるのが良かった。


“ケイブシュー”が初の家庭用ローカライズ、Aksysより『デススマイルズ』北米で発売決定
デススマが北米発売決定!?
一番気になるのはやはり、「お風呂」EDがどうなるかってことでしょう!(ぇ
向こうは残虐やグロの規制がユルユルな反面、ロリ+エロには相当厳しそうだからなぁ。
あの一枚絵は差し替えになったりするのでしょうか…。


今週のXBLA: 『DEATH BY CUBE』『Vandal Hearts: Flames of Judgment』
以前キャラデザがアレなことで話題になったヴァンダルハーツ最新作!
結局キャラデザはあのままのようで、売上にも影響するんじゃなかろうか…。


「みんなのニンテンドーチャンネル」で伝説の老兵・鈴木史朗さんが「バイオハザード」の腕前を披露
この人凄いなぁ(笑
素顔はTVで見るキャラとは結構違うのかもしれません。
かなりのバイオ好きらしいですが、デキの悪いTPSみたいになってしまった「5」には不満もあったという噂も。


FF13のディスクのデータを解析したらヴァニラの全裸モデルが見つかる
えっ!?
ゲーム中には出てこないの?
2010-01-19 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

夫婦間の力関係は洋の東西を問わず?

『コミック百合姫 Vol.19』と『カシオペア・ドルチェ2巻』を購入。
同時発売の『此花亭奇譚1巻』はちょっと迷った末、様子見に…。
『百合姫Wildrose vol.5』はやはり2月18日で確定、年末に4巻出たばかりなのにペース早いなぁ。
しかし最近の本誌で連載が途中のまま見かけなくなった作品がいくつかあるんですけど、どうなったのでしょう?続きが気になってるの結構あったのになぁ。入れ替わりでどうでもいいような作品が連載開始したりとか、編集部の空気の読めなさっぷりをどうにかしてくれ…。というか一旦始めた作品は責任もってキッチリ終わらせてほしい…。BL作家とかの草刈場にしてんじゃねえよ…。


映画『Mr.&Mrs. スミス』
ブラピとアンジェリーナジョリー夫妻が壮絶な夫婦喧嘩を巻き起こす!
殺し屋でありながらお互いの素性を隠したまま結婚した二人でしたが、仕事がバッティングしたためにお互いの正体を知ってしまい48時間以内に相手を殺さないといけないハメに…。

実は番組開始時のOPでナレーターが「この夫婦のその後を描く続編」の話題に言及してしまったため、始まる前から二人が生きているというネタバレが炸裂!(笑
…まあ大事なのは過程なのでよしとしましょう?

設定からしてB級っぽいノリを想像しそうですが、なかなかどうしてよく出来たアクション映画です。
ハイテクガジェットを駆使した頭脳戦からハデなアクションまで押さえるとこは押さえてる。

結局相手を殺せなくて二人で一緒に殺し屋集団と戦うことになるのですが、チェイスシーンでは車をスピンさせつつ夫がてこずってた追跡車両をあっという間に射撃・爆散させるなど嫁さんが強すぎ
洋の東西を問わず奥さんの尻にしかれるのが旦那の宿命なのでしょうか…。

お互いの正体を知るハメになった仕事のターゲットを捕まえて組織への手土産ができて万々歳!?
…と思いきや、そのターゲット自体が最初から二人の同士討ちを狙ったワナだったことが判明するなど、結局戦いは避けられない状況に。

最後は二人で圧倒的多数の敵を一方的に撃ち殺すマトリックスばりの超人的アクションシーン、「スミス無双」状態になってしまいましたが、戦い自体は敵を殲滅したところで終わってしまったので、最終的にどういった形で戦いにケリがついたのかがうやむやなのが不満といえば不満でしょうか?ちょっと消化不良感が残ってしまう…。
でもラストシーンの後日談であるカウンセラーとの会話ではその後夫婦関係が上手くいってることが示されていたので、ハッピーエンドという形で終われていたのは良かったかも。
その後上手くやっているということは戦いのほうも無事決着がついたんでしょうね。

アタマカラッポで見れる単純明快なアクション映画で、なかなか面白かったけど最後がすっきりしない感もあったので、続編があるならその辺もどうなったのか知りたいものです。


現代戦を克明に描く戦場シムFPSが登場
冷酷無比な戦況を、創意工夫で乗り越えよ!
「オペレーション フラッシュポイント:ドラゴン ライジング」

狙撃時に弾丸が重力の影響を受けたりと、リアルさがウリのFPS。
とにかく移動の手間がかかる、ロケット砲などの装備に時間がかかるなどリアルさ故に苦しい部分もあり、その辺を楽しめるかどうかがポイントか。
スケール感もリアルであるだけに自由度も高いようで、プレイヤーの行動によってリアルタイムで戦況が変化する戦場シム的な楽しさがキモでしょうか。
部隊に指示を出したり、砲撃による制圧を要請したりといったこともできるようです。
ヘリや車両など、様々な乗り物に乗れるというのも楽しそう。
音声が日本語化されているのはいいんですが、文字がかなり小さいらしいのでその辺はネックかも。
オンラインではCO-OPもあり。困難なミッションも協力すれば…!




シリーズ最新作『アーマード・コア 5』、コンセプトは“暴力的”
機体が小さくなったことでマップのスケール感が増すというのは面白い変化かもしれない。
というか初期のACは迷宮のような大き目のMAP探索がメインだったのが、徐々に狭い範囲や開けた場所での戦闘にシフトしていったんですけど。原点回帰?
あとは私の好きな4脚タイプが活躍できるバランスだといいな。
4脚だけと言わず、8脚とかヘンな多脚メカも作れると面白いんだけど。
総監督マシーンも再登場して欲しいw


PSP版LRに「5」のDLコードがつくようです。ファンは要チェック!?


●普段行くことがないアニ○イトにたまたま近くに行く機会があったのでついでに寄って見たのですが、ゲーム予約コーナーに「”PS3版”ラストレムナント2010年発売予定・予約受付中」の表示が。
先日のアマゾンの件といい、マジで出るのでしょうか?
一時期はリリースが否定されるような発言も見られましたが、こっそり作ってたりするのだろうか。
2010-01-18 23:59 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。