スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

PSP雑感


PSPを思い切って購入してからしばらく経ちました。
ソルフェージュのために買ったようなものなのですが、いまだにソルフェージュを始めずに色々いじって遊んでます(ってオイオイ;

体験版が色々と落とせるのでそちらにも結構ハマってしまってます。
PWやDOAPをやってみたいと思っていたのですが、ゲームとしてはソーコム、メタルギア、レジスタンスなどのTPS・ステルス系ゲームが面白い。
PSPでFPS・TPSを遊ぶ上で懸念された操作性については、各メーカーとも上手く工夫して遊べる形にしていて、慣れるまでかなりクセは感じますが意外と良好な面も。
ただどれもこれも咄嗟の操作が直感的にやりにくいのは困ったもの。
やはりこのジャンルはボタンやスティックが少ないと操作性に悪影響が出てしまうな。
それとアナログパッドの操作感が思ったより硬い感じで、もう少し軽く操作できると良かったかな。

グラフィックはPS2と同等クラスの表現力は持っているようです。
ただ2Dは精細で非常に綺麗ですが、3DはPS2に比べると若干粗いかな?という感じがします。
音質もかなりクリアで上々、ハードパワーはDSとは比較にならないと思います。

UMDやメモステのアクセススピードは思ったより遅めかな?
セーブ・ロードなどは一瞬でできますが、大きいファイルとなると、どうしてもね。
メモステに保存した動画、音楽、画像の閲覧・視聴も可能。これらの動作も速く快適。

ネットが閲覧可能なブラウザは仕様上若干もたつくのは仕方ないけど、思ったよりはサクサク動いてくれて軽いサイトを見るだけならPCを立ち上げずともチェックできて便利。
他にネットではインターネットラジオなどの機能もあります。
コミックリーダーをDLすれば漫画もDL可、無料で試し読みできる漫画も結構用意されてます。

細かい部分では音量をもうちょっと細かく調整できると良かったかも。
最小(1目盛)にしてても割と大きめな音で再生される感じがするので…。

そういえばPSPってTV出力も可能なんですが、携帯ゲーム機にTV出力機能なんて付けて何の意味があるんでしょう?本末転倒では?(笑


・PSアーカイブス
PS1のソフトがDL購入できるPSアーカイブスも一本落としました。
PSアーカイブスのいいところは今やプレミア化してしまったソフトをバンバン販売してくれるところですね。アーカイブス担当者がよっぽど濃いマニアなのか、ラインナップが空気読めすぎて怖いくらい。転売屋を駆逐する勢いでレアゲーが増えていってますw
でもシンプルシリーズはいらないのでは?300円でも高いような(苦笑

今回購入したのは『コットンオリジナル』。
以前持ってたんですが売ってしまって、買い戻そうにも現物がレア化してしまっていたのでちょうど良かった。
しかし今やると、時代を考慮しても漫才デモが酷い陳腐さだな…(苦笑
タイトル画面やスタッフロールのコットンは普通に美少女といったデザインなのに、中間デモは色々と台無しな気が。もっと大事にすれば化けたキャラかもしれないのに勿体無い。
ゲーム内容はシンプルな横スクロールSTGながら今やっても十分遊べる。バランスもほど良い部類。
フルオート連射が装備されてないのはPSPだとちょっとやり辛い。(セミオート連射はあり、押しっぱなしにしてるとタメ攻撃が発動してしまう。携帯ハードでのボタン連打はあまりやりたくないのでフルオートは欲しかった…。)
…余談ですがデススマイルズが発表された時に真っ先に思い出したのがこのタイトルなんですよね…。ステージ構成や敵キャラのラインナップなどがそっくりで、同じ横シューということでこの作品へのリスペクトもあったのかな…。

他にこちらもレアゲーの『闘姫伝承』や『サンダーフォースV』も落とそうかと思いましたが、まだソルフェージュもやらないうちからあまりいっぺんに手に入れても…と思い、チャージしたのも1000円だけに留めてあります。
サンダーフォースは個人的な思い入れは特にないんですが、世間で評価の高い名作が安価で手に入る、それが手軽に遊べるSTGであるという、斑鳩とほぼ同じ理由で興味があるのですけどね。
ヘリ好きなので『ソビエトストライク』も興味あるけど昔の洋ゲーらしく難しいらしいし、そもそもこのゲームって中古屋探せばまだたまに見かける気もするのでわざわざDL購入するかは微妙なところ。(基本パッケージ派なので手に入るならパッケージ版で。)

しかしPSNで『メタモルV』が配信されるとは思わなかったな…。
パッケージ版持ってるんですが、未だにプレイしてないんですよね…早くやらないと(汗

…ちなみにPSアーカイブスがどんな感じなのか、PSPでちゃんとできるのか不安な人は『XI体験版』が用意されているので買う前にまずこれを落としてやってみるのを推奨。
この体験版でXI初めてやったけど意外と難しいですね(苦


・週刊トロステーション
トロを始めとしたどこいつキャラによるニュースなどの情報番組や、ミニコント等が見られるソフトを無料でDLできます。
昔、一時期どこいつにハマった人間としては、こうしたソフトを無料提供してくれるのはありがたいもの。
早速始めると、すぐロードが長めでテンポが悪いのが気になります(爆
メニュー操作なんてもっとサクサクできないものだろうか?
トロにプレゼントを送ったり、花を育てたりしてガーデニングっぽいことをする要素もあり。
とりあえず季節的なものということで三色だんごを喰わせておきましたw
ポリゴントロがちゃんと食べてるところを見せてくれます。とてもおいしかったそうです。
猫にだんご…「我輩は猫である」の猫が餅を喰って悶絶するエピソードを思い出してしまった。

ニュース・情報は毎回1つのテーマをコント仕立てで見せてくれて、なかなか面白いのですが1つ1つがちょっと長いかな?という感じもします。
内容的にはもっと手短に、手軽に見せてくれれば十分なのですが。
基本的には情報そのものよりも、北斗無双特集で北斗の拳ごっこをしたり、構成作家インタビューではクロが妙にマニアックな反応を見せてくれたりといった、トロたちどこいつキャラの愛嬌たっぷりのコントが見モノです。
でもロードや処理はもっとサクサクしてくれ!(ホントこれ切実…。)


・体験版
PSストアでは様々なゲームの体験版が落とせます。
ただ容量が大きいファイルは落とすのに結構時間がかかるので注意。
さすがにXboxLIVEのようなサクサク感はないですね。無線だからってのもあるんでしょうが。
PSPのポテンシャルを知るにはTPSなど3Dバリバリのゲームはオススメです。

長くなりそうなので体験版については下記つづきでどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト
2010-03-31 23:45 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

DSドラゴンクエスト9・クリア!

ドラゴンクエストIX(DS)

やっとのことでDQ9クリアしました。
終盤の展開はまんま「ライトなメガテン」ですね(苦笑
ラスボスはさすがに多少手強いかと思ったらやっぱり弱くて全く張り合いがなかった。
とりあえずエンディングを迎えての簡単な感想でも。


・ストーリー、キャラクター
これは予想していたよりもずっと良かったです。
王道的で先が読める展開が多いのはご愛嬌?
そんなシナリオでも十分感動させられる要素ももっていたりするあたりはさすがドラクエ。
中でもマキナとマウリヤのイベントはかなりお気に入り。これだけでも見る価値ありました。
ちょっと泣ける百合イベント…という見方もできなくもない?w
エンディングもあっさり気味ですが別れ際に切なさを感じさせる内容でなかなか良かったですね。

しかしゲーム中のイベントの起承転結の文法が全て同じ、本当に全く一緒なのには閉口するかも。
基本の流れは、事件発生→おつかいでたらい回し→ダンジョンへ→ボスを叩き殺す→解決。
このゲームでやることと言えばホントにこれ一辺倒です。
こういう単純構造になったのはおそらく、マルチプレイが絡むと複雑なイベントができないからでしょう。

キャラクターもシナリオ同様、特に悪い印象は受けませんでした。
初見の印象が悪かったキャラもイベントを経てちゃんと良い方向へ向かっていきますし。
色々言われてるサンディですが、ハッキリ言って全く気になりませんでした。
初見でこそギャル語のインパクトがかなり強いのですが、堀井さん中盤あたりからギャル語喋らせるの忘れてませんか?w後半なんか普通に喋ってることの方が多かった気がする。
イベントの度に登場して様々なリアクションを見せるキャラなのですが、サンディの作中での立ち位置は基本狂言回しで、これは『大神』におけるイッスンとほぼ同様のキャラ・位置付けで、イッスンも当初はうざかったものの旅が進むにつれていい相棒となっていったキャラで、事前にそういったキャラに慣れていたおかげもあってかサンディについて特別嫌悪するようなことはありませんでしたね。
特に今回のような味方が喋らないゲームでは代わりに話を回していくキャラは必要でしょう。
人死にが出ているイベントなどで空気読まずに喋るところとかもありますが、彼女はそもそも人間に対しては傍観的な立場というか、どうこう言うところを超越した位置にいるはずですから。

ただ彼女の存在感が強いおかげで、イベントのたびに姿ごと消される仲間キャラの存在感がなさすぎってのはちょっと寂しいな。
仲間が喋らないでついてくるだけなのは「3」方式と考えれば別に気になることはないです。
むしろ下手なキャラ設定をされたりベラベラ喋られるくらいなら黙っててくれた方がいいか。


・グラフィック、サウンド
事前に公開されていたスクショはDSにしては綺麗だな…と思っていたのですが、実際プレイしてみると意外に荒く汚い。
スクショは所詮宣伝用に見栄えの良いもの、開発機の高解像度映像などを抜き出したものだったのだろうか。
それでも背景なんかは見慣れればどうというレベルでもないし、場面によっては見せ方を工夫してそれなりに綺麗に見える場面もあります。

一番の問題はやはりキャラクターのグラフィック・3Dモデルが荒いこと。
つよさ画面でのキャラクターモデルくらいは頑張って欲しかったがやっぱり荒い。
イベント画面でキャラがアップになった時などは特に荒さが顕著で、セントシュタインの姫など3Dで美人のはずなのに顔の造形が変に平面的でかなり残念なことに。
手が四角なせいかサンディの驚いてるポーズなんて腕の先がないみたいに見えて、慣れるまで凄い違和感だった。
ロマミン並みに中途半端な等身とモデリングは、正直見栄えは悪いが性能を考えればこんなものか?
荒さを除いて考慮しても、キャラクターの見栄えははっきり言って悪い部類。変に子供っぽい感じにも見える。
もうちょっと、せめてドット時代のような味わいが欲しかったが…。
しかもこの程度のグラでもパーティが4人になったり敵が多いと処理オチしたりカクつくのは悲しい。

個人的にはOPアニメ並みの画質やキャラグラの世界でプレイできたらどんなに素晴らしかったか。あの映像世界でキャラカスタマイズ要素を実現できていたら…と心底思います。
ナンバリング最新作よりゲーセンで稼動してる子供向けのDQカードゲームの方が、グラの美しさでも、トゥーンシェーディングを駆使した鳥山キャラの再現度の高さでも、遥かにドラクエらしい出来栄えというのがなんとも皮肉。

サウンドは可もなく不可もなく。悪くはないがドラクエならではのすぎやま節に期待していた身として物足りない、耳に残るようなサウンドがなくあまり印象に残らないというのは残念。
効果音(ザッザッザッとか、レベルアップとか)がそのまんまなのは嬉しかったけど(笑


・システム、バランス
ゲームバランスはクリア時点までで言えばはっきり言ってヌルイです。
ドラクエといえばバランス的にはややシビアなギリギリの線を常に保って展開していくイメージでしたが…。
キャラカスタマイズ(着せ替え)で好きな恰好をさせられるようにこんなバランスにしたのか、DSのライトユーザー層に配慮したのか…おそらく両者の意図はあったのだと思いますが。
ただ後半になると「つうこん」を連発する敵がやたら出始めて大打撃を受けることが増えてきます。
基本的に防ぎようがなく呪文で軽減するか運良くガードでも出来ない限り大ダメージを受けるため、普段のヌルめのバランスと比較して妙にちぐはぐな印象。
後半の敵やボスにつうこんを連発させることでダメージを増やして無理矢理バランスをとろうとしているのか、ドラクエらしからぬ大味なバランスになってしまっています。
それに加えて補助呪文の効果が高かったり、テンションで大ダメージを与えられるところなど、ますます大味に。

避けやすいシンボルエンカウントや、ダンジョンにギミックがなかったりマップが最初から表示されているのは賛否あると思いますが、コマンドRPGにおける面倒な探索がかなり軽減されて遊びやすかったので個人的には割と良いと思えました。ターン制コマンドRPGは長く続くとどうしてもダレてくる時期があるため、テンポよく進められると大分その辺が緩和されます。
ただ本作のマップは基本的に単調で浅いダンジョンばかりなので良い面と相殺されて結局ダレてしまうのが本末転倒。こうしたマップ構造もマルチプレイ化の弊害の1つですね。
ボスまで敵回避しまくっての到達も可能なため、ドラクエらしからぬヌルさにも繋がってしまいます。
ギミックに関してはもうちょっとくらいあっても良かったかな?あまり面倒ではなく仕掛けとして面白いものを…と思いますね。

バランスのヌルさと逆行するかのように転職・スキルシステムは非常に面倒。
これのせいでシンプルイズベストなドラクエの良さが失われつつあるように思えます。
転職自体は3でも親しんだので良いかと言えばそうでもなく、呪文が完全に職業別になっているためいまいち使いにくくなってしまっている気が。
特に変に感じるのは呪文に関して上級職が完全に上位互換になっておらず、下級職で特定の職業に集約されていた呪文が上級職では分類化されたというよりただ単に色々な職にバラけてしまっていること。これのせいで賢者が使いにくい…。
上級職なんだからより多くの呪文を使えてもいいはずだし、そもそもスキルを忘れないのになぜ習得した呪文を忘れる!?
WIZなんかに代表される一般的な職業・クラスの概念と完全に真逆を行っています。
個人的にはスーパーキャラを作れるようなシステムでも一向に構わないと思うのですが(作るにはそれなりの労力をともなうわけなので)。
これはやはりマルチプレイで各職業に活躍の場を与えるための調整でしょうかね。

一方、スキルシステムはどうも根本的にドラクエに合わない気が。
個性的な「とくぎ」があるのは一向に構わない。一番の問題は”SP”制の方にある。
このSP制がプレイスタイルを縛り、かえって戦術の幅を狭めてしまっているようにも感じられる。
せっかく膨大な武器があるのに、結局特定の武器しか使えなくてもどかしい感じがするんですよね…。
後半のバランスが大味になっているのもスキルの取捨選択が人によってまちまちになるせいでしょうか。

システム面はなんか全体的にFFっぽくなったな、という印象がします。(禁句?)

取得経験値がレベルが高いほど多いというのもマルチプレイ前提でのバランスですね。
経験値の本来の意味を考えると変ってのもありますが、シングルプレイでやる分にはレベルが上げ難くなってやりづらいだけ。

そもそも何故シングルとマルチを同じ設計・バランスにしているのか?
分ければ済む話ではなかったのか…。

それらとは別の不満点としては、新しい呪文のネーミングセンスなどがドラクエのセンスじゃないとかいうのも気になる点です。マジックバリア、ディバインスペルなんてもはや「呪文」ですらないのでは?


・クエスト、宝の地図
発売後一年間のクエスト配信を謳っているが、ただのアンロックなわけだし、実際のところはゲームの寿命が延びるというより、ゲームプレイがただただ間延びしているだけ。
ボリュームが増えている感じは全くなく、まさに姑息な水増しの代表格がこのクエストでしょう。
クエストの内容も作業プレイを強いるものばかりで楽しくない。

クエストの同時受注制限が8件までというのも少ない、同時多発的にクエストが発生するうえに内容によっては2度手間、3度手間になってしまう可能性もあり、それで条件が厳しいものだったりするとげんなりしてしまう。クエスト受注数は上限をもっと増やすか、いっそ上限を設けない方が良かった。

宝の地図はハッキリ言って潜ってみてもあまり面白いと思わない。
レアアイテムや強敵との戦いにはRPGとして一定の楽しみも見出せると思うが…。
ダンジョンとしては本当にただ潜るだけのモノで、いかにも自動生成といった構造には当然構造的な面白味もなく単調すぎる。ホントにだだっぴろいだけで無駄に広いので階段を探すのが苦痛になってきて、マップが最初から参照できる本編ダンジョンの方が構造だけ見ればマシに思えてくる。
まだ高レベル地図をプレイしていないが結局はこれも水増しにしかなっていない印象だ。

この内容でクエストを全部こなしたいか?宝の地図を究めたいか?と聞かれれば…「う~ん……」と唸らずにはいられない。
正直、クリアまでの充実感を味わいたくてこのRPGに手を出した自分としてはとてもやってられないというのが本音。
やったところで全配信はまだ先の話、中途半端なプレイが続くだけかと思うと…。
配信ナシで一本のゲームとして完成した形で発売するか、最長でも半年くらいで配信しきってしまった方がこんな間延びした印象にならずに済んだと思う。

これらの要素もクリア後にやることがなくならないように…
つまりマルチプレイを前提としたための設計なのでしょう。


・総評
ストーリー、キャラクターは上々。
シリアスな部分もバカっぽい部分も、思った以上にドラクエらしい内容になっていて安心した。
(ぱふぱふを使うボスや、イロホンのいい意味で肩透かしなイベントとかw)
意外にダークな一面もあった過去作に比べると平和的すぎ、ご都合主義的すぎな面も見られなくもないが…。特別悪いというほどのことはない。

しかしゲーム的な部分となると、事前に言われていたほど悪くない……
と言いたかったのだが事前に言われていた悪い部分は大体当てはまっているのが困るところ。
結局このゲームの欠点というのはほぼ全てが「マルチプレイの弊害」というところに行き着いてしまう。
そもそもターン制コマンドRPGにマルチプレイ要素をつけるという時点でナンセンスだと思うのだが…。
モンハンのようなムーブメントを狙ったにしても、あちらはアクションなので根本的に違う。
開発当初はアクションRPGになる、オンラインプレイ対応になると言われていたが、そういった部分を削って残ったものがこれということだろうか。
なんでもかんでもマルチプレイをつける必要性は全く無い、むしろドラクエはシングルプレイRPGとしての完成形を常に目指すべきではないのか。
表面的な部分ばかり取り繕って、「ゲームを着飾ることに溺れている」とはよく言ったものだ(笑

その他、細かい部分への配慮も足りない。
特に戦闘のテンポがもったりしてるのは戦闘を死ぬほど繰り返すRPGとしてはまずい。
味方全体への呪文効果なんて何故一人一人順番に表示していく必要があるのか?
マルチプレイではプレイヤー一人ごとに分かりやすくするためか…結局これもマルチプレイの(略
町の作りもセーブのため頻繁に利用する教会が奥のほうにあったりと気が利かない。
そもそもセーブポイントなんて入り口にでもつけるか、宿と一体でもいいのでは?
ドラクエのアイデンティティにこだわるのも結構だが旧態依然として使いにくい部分は改善すべき。
私の場合施設が充実してるセントシュタインよりも、宿と教会が合体しててすぐ横に道具もある「ふなつきば」が常宿になってしまった。
リッカの宿で特定の施設利用のたびいちいちセーブさせられる、錬金が9個ずつしか作れない、作るたびに演出や効果音が飛ばせなくてテンポが悪いなど細かい点の不満も挙げていけばキリがない。

リプレイ性の低さも致命的。これだけクリア後にあれこれ詰め込んで尚且つセーブデータが1つしかないとクリア後の膨大なやりこみ要素の成果を投げ捨ててまで最初から行うというリプレイがしづらく、そこまでやりこむ人もやり込んでない人も「2周目はやりづらい」というのが現状でしょう。
これだと結局2周目はやらないまま売ってしまうという人も多くなってしまうのでは。
というか本来RPGはクリア後の充実よりもクリアまでの充実度で勝負すべきでは?
せめてセーブデータが2つあればこうした問題は回避できた気もするのだが。

全体的なクオリティとしてはドラクエとして見ると少々物足りない。
リメイク版「3」「4」のような充実度、満足感を期待していたのだが…。
事前に情報収集した時に一部で言われていたほど酷くはないが、実際にプレイしてみると別の問題点がチラホラ見えてきて総合的な評価はどうしても落ちてしまう。決してつまらなくはないが、プレイ前はもっと面白いだろうと思って購入を決心したゲームがこの程度の着地点では物足りないというところに落ち着いてしまっている。
これが爆発的に売れたのも結局はブランドと話題性ゆえなのだろうか。
日本のRPGの代名詞ともいえる天下のドラクエがこの程度のデキで満足して良いのか!?
…が、実はこんな作りでもDSのゲームの中ではかなり上の部の入る。
基本的にDSのゲームはあらゆる面で「浅い」ものが大半なため、これだけ色々な要素が詰め込まれたゲームは意外に希有だったりするのだ。
あくまでDSの中では、という前置きがついてしまうのが大作としては悲しいところではありますが。
グラフィックや多少のテンポの悪さ、水増し要素などが気にならないのであれば、DSをまだまだゲーム機として活用したいユーザーは一度やっておいてもいい作品ではあると思います。
逆に作業プレイが苦にならない、むしろ好きだという人なら相当長く遊べるはず。

個人的にポイントが高かったのはやはり「3」以来となるキャラクターメイキング&カスタマイズ部分ですね。
マキナ・マウリヤイベントなどの好きなイベントもあったし、ずっと気になっていたタイトルではあるので一通りプレイしておいて良かったタイトルだとは思います。

購入を迷っていた時に「もう一押し」してくれたYさんにも感謝(笑 (・ ◆ ・)


▼クリア後
ネタバレも含みつつ、クリア後についても下記つづきで少し書き綴っておこうと思います。

続きを読む

2010-03-28 23:46 : レビュー・感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

PSP3000購入!/ニンテンドー3DS発表


とうとうPSP-3000買ってしまいました!\(・ ◆ ・)/
諸事情により出るかどうかすら分からないような新型を待ってる余裕がなくなってきたので、今月中に『ソルフェージュ』などのやっておきたいゲームをやっておくことに。
『メタスラコンプリート』もPS2版から手軽にできそうなPSP版へ買い替え。
他にも何か買いたいところだけどまずはソルフェージュをクリアしないと。


少し動かして見ましたが画面は思った以上に綺麗だし音質も良くていい感じです。
しいて言うならUMDドライブの駆動音が少し気になるくらい。
(試しにやってみたソルフェージュの音ゲーパート、意外と難しくてボロボロだったw)
ストラップがついてなかったので自前で持っていたのをつけたのですが、実はこれポケステのストラップ。ポケステを購入した時に持ち運ぶためにストラップを一緒に購入したんですが、なんとポケステ自体にストラップが同梱されていたので全くの無駄に…orz それが今何年越しかでこうして役に立つ時がやってくるとは、しかも同じPS系の携帯機器というのは不思議な縁(?)を感じます(笑

アーカイブスや体験版でも欲しいソフトがいくつあるんですが、今日はまだチケットを買って来ておらず、まず先に接続テストやアカウントの取得をしてからですね。
接続自体は簡単で既にできていて、ブラウザでネットの閲覧もできるのが便利。
結構サクサク動きます。情報サイトや知り合いサイトの日記をブックマークに放り込んでおけばいちいちPC起動しなくてもPSPから手軽に更新チェックできちゃうのはいいですね。
PSPからのブログの更新は…ちょっとムズかしいかも(苦笑)。
短文ならできなくもないでしょうけど…短文といえばツイッターくらいならできるのかな?
ツイッターは始めたばかりなのに早速放置気味になってしまってますがw


PSPといえば忘れちゃいけない必須アイテムがメモステ
しかしメモステってアマゾンと電器屋でなんでこんなに値段違うんでしょうね?
容量と価格に倍近く違いがあるというのがなんとも驚き…。
というわけで素直に8GBのメモステをアマゾンで購入。
PS2のメモカが8MBで同等価格だったのを考えると時代の移り変わりを感じます(笑
つーかメモステってPSP以外に使い道がないのでSDカードを使えるようにしてほしかった。
ソ○ーはどこまでも独自規格にこだわりますな…。


任天堂、新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」発表
裸眼で3D映像のゲームが楽しめる新機能。DSとの互換性も

DSの後継機となる任天堂の新型携帯ゲーム機、ついに発表!
予想以上に早い時期に発表されました。
その名も「ニンテンドー3DS」!
まさか裸眼で3D映像が楽しめる携帯ゲーム機とは…。後継機は単純にDSの性能をアップさせた正常進化版になるかと思っていましたが、いい意味で予想を裏切ってくれました。まさにサプライズ。
これはもうDSの後継というよりは実質的にバーチャルボーイ2?(ォィォィ

任天堂は2画面、タッチパネル、リモコン、今度は3Dと次々に新しい遊びを取り入れていきますね。
ただこれを上手く使いこなして面白いゲームが作れるかは、今までのハードやソフトを見れば分かる通りなかなか難しいところでしょう。特にサードパーティにとっては。
とりあえずタッチペン使ってみました、リモコン使ってみました、で全てが上手く行くわけもなかったのは歴史が実証済みですし、3Dに関しても同様のことが言えるはず。
結局は新機能が上手くゲーム内容にマッチしていて面白いかどうか、が重要なのですから。

実際のところ3D化が一番喜ばれるのは「ラブプラス」のようなゲームなのかもしれません(笑


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
絶望と憎悪の魔宮へ到達!
ここのダンジョン、ルーラで来れないのが物凄く面倒。
行きも帰りもいちいち汽車を呼んで移動デモを見なきゃいけないのが煩わしい。
ホント今回のドラクエってこういうとこがダメだ。
やはりスクエニは見た目や演出重視なのか?

魔宮内では使いまわs復活した三将軍を撃破し、あとは最上階を目指すのみ。
賢者に転職できるようになったのがここに来てからだったため、転職したばかりの賢者のレベルが低く活躍しづらいので少し上げてから進むことに。

しかし今回の賢者弱くない?覚える呪文が微妙…。攻撃・回復・補助と早い段階でそこそこ覚えるものの、どうもパッとしない呪文ラインナップなんだよなー。
もっとレベル上げれば違ってくる可能性もあるけど、下手すると回復スキル持たせた魔法使いの方が強いかもしれない…。
素早さも遅いですからね。魔法系で遅いのはちょっと使いにくい。ほしふるうでわ必須。
呪文はスキルや他職業、アイテムなどで代用できるのが多いのもお株を奪われる要因ですかね。
魔法職の上位互換というよりは単なるバリエーションの1つという感じ。

パラデインのクエストをこなしてあの生意気な女パラディンをへこませるのにも成功、秘伝書というものをくれて「グランドネビュラ」が使えるようになったのですが、これがまた凄い破壊力。
攻撃手段に乏しい僧侶に持たせてますが見た目も効果も威力もまんまロマサガのギャラクシィですね(笑)。ホントそのまんま。

PSPも買っちゃったことだし、とりあえずストーリーを早く終わらせたいけどこれで終わりなのか?まだ先があるのか?(追加クエストは別として。)


●何日か更新できなかったので書きそびれてましたが…

3/18に『コミック百合姫S Vol.12』を購入しました。
一緒に買うはずだった珠月まやの単行本など、同時発売の単行本は全て4月以降に延期になっています。ていうか4月重なりすぎじゃ…。
今号は「南波と海鈴」が唐突に最終回。突然本誌からSに移動になったりと妙な感じでしたが(見た目が萌え系?っぽいのを移しただけかも)、打ち切りなのか!?まあこのところメタ的な要素を入れすぎたりして展開がグダグダになってきてたから潮時だったのかも。絵柄も初期の丸みや柔らか味のあるほんわかした感じから妙にシャープで硬質な感じになって、絵が変化というより劣化してるような気がしてたのでこの辺で終わってくれた方が良かったんだろうな。あまり長くダラダラ続くのも好きじゃないし。ただ百合専門雑誌の漫画としては結末がライトすぎるので、単行本ではもっと百合的に見所のある書き下ろし後日談などに期待。基本ギャグ系だけど2巻はその点良かったから期待できるはず。やればできるところを見せてくれ!できれば絵柄も元に戻して…(笑
「ゆるゆり」は単行本をスルーして正解だった、百合漫画に”G”を出すなよ!(苦)Gは苦手なので漫画でも見たくないです。ちなみに1巻発売時にスルーしたのは主人公(?)あかりに変な兄がいるからだったんだけど、どうも私以外にも普通に不評だったのか単行本立ち読みしたら兄が姉に変更されてて笑ってしまった。
2010-03-23 22:57 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Xbox360新基板&スリム化の噂?

明日『科捜研の女』2時間SPがあります。
好きなドラマなので見るつもりですが、4月スタートかと思ってたのに随分早いタイミングでやるんですね?去年もそうでしたっけ?SPだけ先行でやってたような記憶も…。
今期はいつもお菓子食ってたデブキャラの人の代わりに西村雅彦氏が入るようです。
デブキャラの人も味があって良かったけど、西村氏はどんなキャラになるのやら。


噂: Xbox 360用新型基板の写真がリーク、本体スリム化の可能性も?
初見でビックリさせられる本体の大きさやACアダプタのでかさも問題だけど、箱○はサイズよりもドライブの騒音が最大のネック。
ゲームの音が聞こえなくてまともにやってられないくらいドライブがうるさいってありえないでしょう…。
インスコすれば劇的に静かになって全然大丈夫になりますけど、逆にインスコしないとまともに稼動させてられないのはやはり大問題。
しかし問題の大元が高速回転してるDVDドライブなので、媒体が変わらない限り根本的な解決は難しい?静かなドライブの採用ってのを実現してほしいところですが。


PSP goで『モンハンポータブル 2nd G』が遊べる! 本体購入で無料キャンペーンも
まだPSPGOを普及させる意志があったのか…。
しかしやっぱりPSPはモンハン頼みなんだな…。

筆者はDQ9終わったらもう出るかどうかも分からないような新型待たずに、PSP3000買っちゃおうかと思ってますが(笑
さすがに…というか様々な事情もあって、ちょっと待ってられなくなってきましたので…。


『スプリンターセル コンヴィクション』日本語体験版が3月18日配信決定!
いよいよ明日、体験版配信!
ゴールド先行なのかどうかは書いてないので不明。


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
ドミール火山クリア!
火山よりもここまで辿り着くまでのフィールドマップが長かった。
火山の頂上へ一人で来いと言うイベントでは一人でダンジョン突破させられるのかと思ったのですが、ルーラに山頂が登録されててただ飛んでいくだけのイベントでした…。
今回ガチでヌルゲーになってません?

そしてその後の竜騎士グッズを装備してドラゴンの背に乗って戦うという展開、ドラクエというよりはFFかロマサガ3を連想してしまいます(苦笑
竜騎士装備で全身を包み、満を持してのバルボロス戦はロマサガ3のビューネイ戦みたいな感じになるのかと期待したのですが…

なんとまさかのムービーイベント!!

こんなのアリ?
ドラクエで、DSで、ムービー見るだけのバトルイベントって…。
ますますFFじみてきましたなー…ってこれはDQを語る上で禁句なんだろうかw

しかし今回のイベントって町の中をたらい回しにされるのと、ダンジョン潜ってボス叩き殺すのの繰り返しばっかりですね。
いい加減ワンパターンになってきてたけど、ムービーイベントの後主人公一人だけで牢獄に捕らわれてしまうという展開はちょっと変わった展開になってきたかな?という感も。
まあこういうイベントもどっちかというとFFっぽいような気がしますが…。
旧エニックス側のゲームの作りが旧スクウェア側にだんだん擦り寄って来てるような気がするなぁ。
2010-03-17 23:32 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

PSP『モンスターハンターポータブル3rd』発表

カプコン、モンスターハンター新作発表会を開催
PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」を2010年末に発売
PSP「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」発売日とコラボ企画も明らかに

MHP3発表!
なんと『3』では世界観が和風テイストに!…キービジュアルがまんまシ○ンだな…(笑
時代劇や和モノ好きな筆者には、これはかなり好みなテイストかも…。
このシリーズもPSP買ったら一度やってみたいかな~と思っていたけど、どうせ買うなら新作のこっちにしたい。
でも今回も完全版の「G」が出る可能性は高いですね。MHP3Gを待つ方が賢明かな?
まあ本当に出るかどうかは分からないし、待ち切れないという人の方が多いんでしょうけど(笑
インフラ対応なのにインフラでのマルチプレイなしってのは残念…。アドパがあるけどPS3要るし。
ゲーム機持ち寄って遊ぶような世代じゃないプレイヤーも多そうだから需要あっただろうに。

しかし今このタイミングで発表してしまうとMHFが空気化してしまうのでは?w
据置と携帯、オンラインとオフラインという違いがあるとはいえ…。どちらの特徴もアドパまで考慮すると相殺されちゃうしね。
もう少し先、MHFの発売前後くらいにしておけば良かったんじゃないかなぁ。


眩しいマズルフラッシュに吹き飛ぶ破片!『Bodycount』最新スクリーンショット
BLACKクリエイターによる新作FPS『Bodycount』の最新スクショを公開。
グラフィックも破壊表現もマズルフラッシュも、どこを切ってもBLACKテイスト満点!
開発チームにはBLACKの開発に携わったメンバーも多数在籍ということで、やはり実質的に『BLACK2』と言っても過言ではないかと。
以前公開されたイメージビジュアルに出ていた、顔に派手なペイントをした猿のような人物はこれを見る限り敵キャラだったようですね。(敵がこればっかりってことはないよね?)
向こうは敵のビジュアルをメインに持ってくることも多いから、予想通りという感ではあるけど。
しかしマズルフラッシュ激しすぎると見づらくならないか?前作のミニミも結構ハデで視界塞がれたし。

スクショの左下のゲージを見る限り体力はFarcry2なんかと同じブロック方式(ゲージの境目までは自動回復、境目を超えた回復はアイテムで…という複合方式)ですかね?BLACKもブロック方式とはちょっと違うけどアイテムと自動回復の組み合わせだったし(自動回復は僅かなものですが)。
その更に下のアイコンはBLACKと同じで回復アイテムの所持数かな?十字マークが付いてるし。
ちょっと数が多すぎな感じもするけど…単にデバッグ用に沢山持たせてるだけなのか、実際にふんだんに用意された回復アイテムで体力を気にせず撃ちまくれるようなゲームなのか。
CODのような自動回復ゲーライクな感覚で、ガンガン撃ってガンガン回復しながら進めるバランスなのかも。HL2も回復アイテムかなり多めだったし、最近の体力が自動回復でないFPSは詰まないように回復アイテムを多目にする傾向にありそうだ。

つーか執拗で正確無比で機械的に撃ってくるRPGとか、盾+マグナムの凶悪な組み合わせとか、敵が堅すぎる点とか、チェックポイントやステージが長すぎる点など、そういうバランスはしっかり改善されてて欲しい。


新たなサム・フィッシャーはどのように戦うのか? 「スプリンターセル コンヴィクション」シングルプレイレポート
アグレッシブなアクション中心になるといわれていたけど、そこはスプセルらしくステルスを維持したプレイも可能なようです。
マーク&キルは確かに当初の印象だと簡単になりすぎるのでは?という感じもしたので、CQCで敵を倒した分だけ使用出来るという仕様変更はいいと思う。
囲まれたりすると割とあっさりやられてしまう一面もあるみたいで決してヌルゲー化してはいないようだ。
今回はアンナが相棒になるのか、しかも偽装のために彼女を殴るシーンまであるというのが凄いw
ストーリー上の必然で本人に言われてのこととはいえ、向こうは女性に対する暴力は特にNGというイメージがあったからナ…。
記事を読む限り、いつものブラックユーモアまじりで軽口を叩きあう”スプセル節”の台詞回しも健在っぽいのが嬉しいですね。


SCE担当者: 海外で『Demon's Souls』をソニーがローカライズをしなかったのは失敗
自分で手放した恰好なのに、向こうで売れたり高く評価されたりした途端こんなことを言い出すなんて、みっともないと思われるから黙ってればいいのに(苦笑
素直に評価を喜ぶコメントと、今後の展開を匂わせるコメントでもした方が喜ばれるんじゃないの。


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
女神の果実を7つ集めた後、天使界へ戻るのかと思えば事態は急変…。
久々登場の天津飯…いや天使ん飯?(だから違;)もこんな再会の仕方になるとは…。
地図上の行ける範囲も大分回ったし、そろそろストーリーも後半になるのだろうか。
ナザム村周辺でイベントをこなしつつ、キャラを少し鍛えているところです。
サンディにも散々言われたけどちょっと時間かけすぎかな~、どのゲームも隅々まで探索したりじっくりプレイするタイプなので、いつも人より時間がかかるのですけどねぇ。

上級職は前衛系の二人のみをメインで転職。
というわけで現在パーティは
<主人公:バトルマスター/仲間:パラディン、僧侶、魔法使い>
となりました。
二人とも必殺技がかなり強力。必殺技を使用すると、バトマスは一気にテンションが上がりまくり、パラディンは一定ターン攻撃無効化!
戦力的にはバトマス・パラディンともにかなり強いので良いのですが、どちらも素早さが低いのでどうしても敵の攻撃を受けてから殴りに行くことになるのが、ザコ殲滅でのテンポが悪く多少ネックにも感じられます…。ボス戦では最後行動という点を踏まえて連携させるからむしろ良かったりもしますケド。
素早さを底上げするスキルをとった方がいいのだろうか。

敵から受けるダメージ量も少し大きくなってきたので、各キャラを複数の職業に転職させて、SPを少しずつ稼ぐ方法でキャラを鍛えてみました。
「ゆうかん」や「はくあい」を取らせたら急に異常なほど硬くなって、エルシオンのボスからも数ポイントしかダメージを受けなくなる始末。
ちょっと極端すぎやしないか…。やっぱ今回バランス変だよなぁ。
まあずっと通用するかは分かりませんけど。

これだけ防御が硬くなるとカスタマイズにも自由が利くようになる…
と思ったのですが、ドラクエは呪文やブレス、特殊攻撃の耐性を防具でしか上げられない仕様なので結局は耐性重視で組み合わせることになってしまうんですけどね。
硬くなったといっても物理だけだし、呪文・ブレスなどの被ダメージに対してHPがそんなに高くないので致し方ない。
せっかく見た目に反映させられるのにこの仕様は勿体無い気がするなぁ(苦笑

そういえば今回呪文ダメージが魔力や属性の相性でかなり変動するみたいですね。
今までやったDQの感覚だと単純に効くか効かないかの二択で、ダメージはほぼ固定という仕様だったので、なんとなく他社が作るような普通のRPGっぽくなっちゃったかな?という感じもするw
面倒な職業・スキルシステムといい、ドラクエの良さだと思っていた「シンプルさ」が徐々に失われている気が。

●余談だけどDQ9のWi-Fi配信のスペシャルゲスト、最初部屋のリストを見た時
「クッキー、プリンって誰??」
と思ったのは私だけでしょうか(笑
えーだってDQ2の仲間の名前ってこんなのがデフォルト名だと思わなかったから…。
特にサマルトリアの王子!お前「トンヌラ」が公式名じゃなかったのか!?


2010-03-16 23:13 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

噂:DS2はGC相当の性能で2010年末発売?

噂:新型“DS2”はゲームキューブ相当のパワー、2010年末に発売?
今のPSPが既にPS2と同等クラスの性能も出せるみたいだから、次の携帯ハードがGCクラスになっても不思議じゃないだろうな。
DSは無理して汚いポリゴンを使ってグラフィックが残念になっているゲームが多いが、これでグラフィックのレベルは一気に引き上げられるだろう。
あとは容量ですかね。やはりDSのゲーム全般の内容が薄いのって容量も少なからず関係してそう。
携帯ゲーム機が高性能化してくると、いよいよ据置機の立場が危うくなりそうですが…。
あと二つの画面の隙間だけど、実はDSの画面の隙間って(体感的に)意外と大きいんですよね。
情報が上下に分かれていたり交互に見なきゃいけない場面で、上下に視線を動かすのが意外と煩わしく感じる大きさだったり。これが改善されるのは良い点。
発売時期が年末ってのはあり得る気もするけど、来年までずれ込む可能性も高いかな?


PS3のサポートに前進?Valveが元Naughty Dogの開発者を採用していた
海外では『オレンジボックス』をEAが移植していたそうですが、Valve自身が手掛けるPS3ゲーム第一弾は何になるんでしょうね。
ポータル2?ハーフライフ2EP3?L4Dシリーズ新作?
それともまた「オレンジボックス2」みたいな抱合せパック商法か!?


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
グビアナをクリア。
女王がさらわれた時の侍女たちの反応が妙に生々しかったな(笑
女王も改心したのは分かるが、急にしおらしくなると何か不自然じゃないか?w
女王をほったらかしにして転職やレベル上げにはげんでいたので時間がかかってしまった。
砂漠に出てくるサンドシャークはつうこん連発してきてこの時点のLVではかなり手強かった。

船旅を経て雪国へ降り立ち、エルシオン学院へ到達!
したのはいいのだが、ダンジョンの敵が異様に強く苦戦。ザラキを使う敵が遂に出始めたか…。
学園モノ?と聞いてちょっと不安を覚えたけど別に世界観がどうこうなるほどじゃなかったので安心。
…どうでもいいけどエルシオン流あいさつって「アイーン」にしか見えない(笑
あと寮の食堂にいた「フフィー!」連呼するデブの人はかなり笑えた、堀井氏はこういう悪気ありありなユーモア好きだな。

苦戦するのはレベルが足りないのだろうということで、レベル上げをかねてマップを歩いていたらカルバドの集落というところへ到着。
敵の強さもグビアナと比べると順当に一段階上がっているという感じで、どうも1つ飛ばして先へ行ってしまっていたようだ。道理で敵が強いわけだ。
DQは船が手に入って行動範囲が拡がるとこういうことがあるからな…。
そんなわけで順番どおりカルバドから攻略していくことに。ここで即死への耐性防具も売っているから本当に順番を間違えたようだw
ダンジョンも順調に突破、今回まほうのせいすいが500Gで早い段階から安く買えて、魔法系の職業もガンガン呪文を使っていけるのはいいな。
あと『9』では戦闘中に死んでも経験値が入るのはいいね。これもマルチプレイ寄りの調整だろうけど、戦った分無駄にならないのはありがたい。

上級職クエストを達成してバトルマスター、パラディン、魔法戦士、レンジャーに転職可能に!
魔法戦士はちょっと面倒だった…条件にメタスラを含めるのはやめてほしいね(苦笑
パラディンのクエストを出してくる女性ははっきり言ってサンディよりよっぽど嫌な性格をしている。
上級職獲得後は主人公や仲間の転職先にちょっと悩むことに。
主人公を盗賊→バトマス、仲間の戦士をパラディンあたりにしたいところだけど…。
おうえんが主人公専用なおかげで、主人公は補助に回した方がいいような気もするし…。
主人公=パラディン、仲間=バトマスの方がいいのかなぁ。
そうなると仲間の戦士に差別化のつもりでヤリを使わせてたのは失敗だったか?
ただ自分なりのこだわりとして、「主人公は剣を使わせて攻撃力最強」にしたいので、この際あくまでバトマスをやらせるのも悪くないか。

他の僧侶、魔法使いについてはまだ当分このままで良いかな?
純粋に魔法系の上位職って感じのがないんだよね。賢者があると聞いてたけどいつ頃なれるのやら。
転職すると呪文を忘れる関係で僧侶や魔法使いも安易に手放せないのもな…。
スキルといい呪文といい職業関連の仕様ははっきり言って面倒。
別に転職したからって呪文忘れなくても良くない?
基本職にも出番を作るという点で、これもマルチプレイ絡みの調整なんでしょうか。
上級職なんだから上位互換でいいじゃん!って思うんですけどね。

プレイを続けていると説明書に載ってない便利な操作法もちょくちょく見受けられます。
開いてるコマンドメニューをYで全部一括キャンセルできるとか、戦闘中の攻撃対象指定時にグループ内の敵を1体単位で個別に指定できるとか、3・4感覚でやってたら気づかなかった。
2010-03-14 23:09 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

またまた新規百合アンソロが創刊!?

ブランニュー百合アンソロ「ひらり」新書館から4月誕生
えっ、また新しいアンソロ本出るの?
今百合というジャンルに勢いがあるのかないのかよく分かりませんが、ちょっと出すぎじゃないだろうか。年3回の刊行予定とはいえ…。
新書館ってよく知らないけど系統としては少女漫画系なのかなぁ?
表紙の絵柄とか、他社のアンソロがどっちかというと萌え絵っぽいのと比べると雰囲気違う感じだし。
作家が一人も分からない、全然見たこともない名前ばかりだ(笑
なんつーか、闇鍋みたいな本ですな…。


★DSゲームファーストインプレッション★
全職業一新!
正統進化を遂げた3DダンジョンRPG
「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」

見た目のライトさとは裏腹に難易度は本シリーズらしい歯応えがあるものになっているようです。
パーティ編成はかなり悩みそうですね。それだけにサブクラスの存在はありがたい。
新要素の「航海」は食料によるturn数の縛りがある。turnがなくなると帰港する仕組み。
代々バグが多いゲームだったけど、今回はアトラス内製になったことで品質も向上するか?


テクモ、PSP「DEAD OR ALIVE Paradise」
グラビア撮影が楽しめる体験版を公開

なんとDOAPの体験版を配信!
これはなかなか太っ腹?容量が控え目なのもいいところ。

>体験版では、女の子の写真を撮影する「グラビアパラダイス」がプレイ可能。モデルに選べるのは「Hitomi(ヒトミ)」のみだが、3種類のシチュエーションと2種類の衣装が選択できる。ただし写真保存機能は使用できない。また再生時間は15秒に制限されている。

内容的には体験版というよりはプレイ可能なPVといった感じ?
PSPでのモデリングの質などを確認するのには十分でしょうかね。


GDC 10: 新モードも登場?『Medal of Honor』最新スクリーンショット&プレビュー情報
静かな印象のゲームプレイということで、ステルス要素の強いミッションもあるのかな。
以前の記事で、電気を撃ち壊して暗闇を作ったりといった要素についても言及されていましたからね。
“Project Mercury”とは何だろう。単にCO-OPなどの別モードをこう呼んでいるとか?


Game Developers Choice Awards 2010が開催
「アンチャーテッド 2」がGame Of The Yearを含む5部門を受賞、Best New Social/Online Gameは「FarmVille」が獲得

GOTYはアンチャーテッド2が受賞!
メディア評価もユーザー評価も非常に高い作品でしたし、納得の受賞でしょうか。
日本勢が0なのがいかにも現状を物語っているなぁ…デモンズソウルは向こうで人気らしいのでちょっと期待してたんだけど。
DLゲームではフラアリー(flower)のような斬新なゲームが受賞してるのが面白い点ですかね。


「ペルソナ3ポータブル」プレイ日記:百合ゲーム時々、他事語り
ペルソナ3に百合が!?
女主人公が選べるということで当然そういった要素も入ってくるんでしょうか。
う~ん、でもこれ読む限りではそれ目当てにやるほどかどうかは微妙なところですかねぇ?
アイギスのイベントなんか結構良さげですけど(笑


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
マキナとマウリヤのイベントはちょっと良かったな。
イベントの流れや、やることは相変わらず一緒なんだけど。
イベント後、船を手に入れて遂に海へ!
…何かイベントの流れをすっとばして唐突に船をくれた感じだったけど…まあいいか。
海ではモンスターのシンボルが見えず、久々にDQらしいランダムエンカウントになります。
設定上は海の中に潜んでて見えないらしいけど、実際は…まさか性能の限界だから?
このまま遠出してみるのもアリかと思いましたが、地図で見ると浅瀬みたいなものに囲まれてる場所が結構あって、船が遅いこともあり無駄足を踏みたくないので素直に灯台で教わった通りに進みグビアナ砂漠へ到着。

グビアナ城内での沐浴イベントはちょっと笑った、「おムネがいちだんとおおきくなられて~」の台詞とか、屋上から風呂に突撃するところとか、DQって意外と色っぽいネタもあったりするよな…。
この後は結局女王を救出しにくんだけど、またこのパターンか…(苦笑

グビアナでまほうのカギをゲット。DQってカギを取るたびに前の場所に戻ってアイテム回収しなきゃらならないんだけどこれ意外と面倒な気がする。

また、グビアナでクエストを新たに受けようとしたらいっぱいで受けられず。
一度に受けられる数って決まっていたのか…。8個くらい?
一旦受注とりやめにしてしてしまっても再度受けられるのかな?
条件がよくわからない上品な装備してこいってやつとか、追加クエストのような現段階ではすぐ達成できないようなのは一旦断ってしまうか。

上級職クエストもそろそろこなしておきたいところですが、パラディンなんかはすぐ達成できそうですね。かばうも既に仲間が持ってるし。
バトルマスター、レンジャーもそんなに問題ないと思うけど、魔法戦士はちと面倒臭そう。
レンジャーは新しくキャラ作ってやらせた方がいいかな?
短剣スキルが必要なんだけど短剣全然使ってないし。
2010-03-12 23:33 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

PS3“PlayStation Moveモーションコントローラ”正式発表!

プレイステーション3のモーションコントローラの詳細発表! サブコントローラも同時発売
色々と物議を醸してきましたが、結局この形状で発売されるようです。
サブコントローラと組み合わせるとまんまWiiコンですね。
“PlayStation Eye”カメラが必要になるということだけど、これは同梱されるのか?
充電池内蔵で電池不要なのは気が利いてる。電池必須のコントローラは煩わしいだけなんだよな…。通常のワイヤレスコンにもコードが付属していたりと、PS系はその辺ちゃんと分かってくれてるのがいい。こういうのは当たり前なんだけどね。
360もコントローラ接続用コードくらい付けて欲しかった。

全世界で36社が対応ソフト開発を表明ということでソフトもそれなりに出そう。
しかしWiiもそうだったけど、従来型のゲームに無理に対応させたり、結局コントローラの方が操作性が良いということになると全くもって本末転倒。
モーションコントローラを使ってこそのソフトをどれだけ出せるのか?!
任天堂のように結局はカジュアルゲームにのみ適応するということになってしまうのか…。


EAの幹部がActivisionとIWのトラブルについてコメント 「誰の得にもならない」
物凄く「帰って来い!」と言いたげに見える(笑


GDC 10: 『OnLive』は北米で6月にサービス開始、利用料金やローンチタイトルも発表
発想は面白いけど、やっぱり手元に残るものがないと物足りないと思う。
実在があるようでないから、ふとした拍子に空虚さを感じてしまうかも…。
モノがない割に利用料金はそこそこかかるみたいだしね。


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
山での彫刻家イベントをクリア。
ここでサンディが言った「人間のすることってよくわからない」というセリフがこの世界における主人公とサンディの立ち位置をよく物語っているような気がする。RPGということで人と関わって助けたり英雄視されたりもするけど、基本的にどこか斜に構えて傍観しているような感もあるのは、人間ではなく天使や妖精ゆえ、「我輩は猫である」の猫みたいなものだろうか。

その後サンマロウに到着し、今はマキナ誘拐イベントに向かうところです。
マキナって名前聞いた時点でちょっとオチが読めちゃったけどまさにその通りだった…(苦笑
このあとはまたダンジョン探索なのですが…
このゲームって基本的に全てのイベントが
<町で事件発生→構造の浅いダンジョンを探索→ボス撃破>
あまりにもこの一辺倒すぎるような気がするんですが…。
ボスも基本的に回復しながら殴ってりゃすぐ死ぬようなボスばかりですし。
まあRPGの流れといえばこれが基本なのですが、あまりにもワンパターンでは?
イベントやロケーションの変化に富んでいるおかげで遊べてはいるけど、ちと単調に感じてきた。
これもやっぱマルチプレイ前提で設計したことによる弊害なんだろうな…。
マルチだと複雑なギミックやダンジョンは敬遠されそうですからね。
誰がいつどこのイベントへ参加しても同じようなゲームプレイになるようになってるのが、まさに。

ところで戦闘中使用すると呪文など特殊効果を発揮するアイテム、今回はどうぐとして持てないのがかなりのネック。装備してないものを使いたい場合はそうびがえで装備しなおしてやらないと戦闘中に使えないため、非常に面倒に。
ホント「9」ってこういう細かい部分に配慮が足りないなぁ…。

そうそう、山で「宝の地図」も初ゲットしました。
クエストと並ぶ水増しの一角を担う要素ですね(苦笑
ちょっとだけ潜ってみましたが宝などがあんまりなくて、敵がちょろちょろ湧いて出る通路がひたすら続くだけなんですが…。
もっと深く潜れば違ってくるのかな?
マップは自動生成かと思ってたけど一応構造は固定なのか?2回入ってみたけどマップが同じだった。地図ごとに構造が決まっているのかも。

サンマロウでは一風変わったクエストもあって、にゃーにゃー言ってるだけで意味不明な猫のところにネコミミをつけていくと寂しさを紛らわせてやることができて、お礼に猫が盾をくれるという微妙にシュールなイベントがあります。
漁村で上品な恰好をしてこいというクエストもありましたが、何を着ていけばいいのやら。
2010-03-11 23:21 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

相棒8最終回SP

相棒8最終回SP
新相棒となってから初のシーズン「8」も遂に最終回。
最終回の放送時期はいつもより少し早い気もします。

今回は「顔認証システム」が絡んだなかなか複雑な話で、犯人はちょっと分かり難かったかな。
葬儀に来ていた男性は確かに手続きをしている時の手の動作が不自然で気にはなってましたけど。
会社関係のところ手続きしてた…とか右京さん相変わらずよく見てるなぁ。しかもマイペンがカメラになってて、企業スパイだったとは。
格闘シーンもちょっとだけありましたが右京さんに文字通り「一蹴」されて終了でしたなw
あの応対に出て挙動不審気味だった自殺者の上司も怪しいかと思ってたけど関係なかったか…。

事件のデキも悪くなかったけど、今回のキモは事件よりも神戸絡みの方でしょうか。
今回冒頭から既に右京さんには神戸の正体がバレバレな感じでしたが、やっぱりエスだってことは気づいていたんですね。神戸も案外あっさり本当のところを話してましたし。
まあ右京さんの目を欺く方が難しいでしょうけど…。

神戸が飛ばされてきたのもスパイのためというよりは飛ばされたこと自体に意味があったようで。
計画を延期させないため、右京さんと二人でやっていけるかテストするためなど複数の理由が含まれていましたが、ちゃんと最初に飛ばされてきた時の話と矛盾なく繋がってるあたりはさすがだな。

FRSセンターが本当に出来たら右京さんと神戸がコンビで担当することになるんでしょうかね。
右京さんが小野田さんに言っていた通り、既に海外企業へ流れてしまったなら実現は更に遠のくんでしょうけど。もし出来たら右京さん達は請け負うのか?!
…つーか、こんなのが実在してたら国民監視システムみたいで嫌だな…犯人逮捕には役立つだろうけど絶対悪用されそうだし。

元の職場に戻る展開もアリか?と思われた神戸はなんと自ら断ってしまって、今後も特命係でやっていくようです!既に元の地位への未練はなくなっていたのか。
最後のシーンで、右京さんが今になって改めて「ようこそ特命係へ」と言った気持ちは凄く分かるような気がする、今回の件を経てようやく”本当の相棒”になれたという感じがしますから。
シーズン8は1シーズン丸々かけての新相棒獲得までの長い道程だったのかも。今まで亀山君が築いてきたポジションに取って代わるわけだから、それくらいは必要だったんだろう。
…伊丹が部長に妙に楯突いてるのを見て伊丹と交代もアリか?とも思ったんですけどね(笑

というわけで今後も神戸を相棒に、特命係はやっていくことになりそうです。
思えば神戸が新相棒になった時は最初のエピソード(相棒7の最終回)もデキがいまいちでマジでどうなることかと思いましたが、今期は全体的なクオリティも今まで以上に高く、神戸への評価もしっかり上げることができて素晴らしいシーズンになっていたと思います。
特に今回は最終回+2時間SPのジンクスもしっかり払拭してくれる出来栄えでしたし、相棒はまだまだ終わらない!と予感させてくれる終わり方でしたしね。
――「相棒9」も、当然ありますよね!?


★PS3/Xbox360/PCゲームレビュー★
4人組が繰り広げる壮絶な特殊作戦へ、いざ
これぞ皆の求める“バトルフィールド”だ!
「バトルフィールド:バッドカンパニー2」

第二次大戦から現代戦へと続くストーリーはなかなか面白い試み。
ストーリーだけでなくちゃんとWWIIモノのFPSとしてプレイできてしまうのがいいね。
マルチが取り上げられることが多いゲームだけど、シングルもしっかり作りこまれているようで安心。
日本のゲームはいかに手を抜くかって感じだけど、向こうは金と労力のかけ方がハンパない。
もちろんマルチも面白そうで、これ1本で長く遊べそうで大いに期待が持てます。


リアルなスナイパーの戦いを描く新作FPS『Sniper: Ghost Warrior』が発表
まさに「ザ・シューター/極大射程」ゲーム版!?
狙撃&スナイパーライフル好きな人には注目の一本か。
普通のゲームだとステルスを維持しながらの狙撃はなかなか難しいけど、それを専門的にテーマにした作品ならCOD4のステルス面やザ・シューターのスワガー気分でスパスパ敵をスナイプしていけるゲームになるかも?
自由度が高く狙撃メインとなるとFarcry2っぽくなるのかな、とも思えますが。


4人Co-op、CQC、ステルスクローク…『Ghost Recon: Future Soldier』最新情報
リアル寄りだった過去作と比べると、ステルス・クローク、強化外骨格足といった新要素により今までより大胆な戦術や、スピーディでダイナミックなアクションが楽しめるようになるのだろうか。
プラットフォームによってもFPSかTPSかなどの基本設計が違うゲームだったけど、最新作がFPSとTPSどちらなのかも気になる点。
4人CO-OPでのドロップイン/アウトってのはレインボーシックスにもあった途中参加/抜け機能のことかな?こういうのはあった方がいい機能だと思う。


今週ゲーム誌フラゲ情報
アトリエシリーズの『ロロナ』新作?
成長したロロナが登場するとか。
っていうかロロナファンにとってはロロナ成長させちゃダメなんじゃないの?w


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
海辺でのオリガのイベントをクリアして東の大陸まで到達。
船がもらえるのかと思ったけど、まだ乗せて貰うだけで手に入るのは先か…。
キャプテンメダルにも合って小さなメダルをようやく渡し、3つほど報酬を受け取りました。けど今回貰えるものがちと微妙。バニースーツとか(笑)。
ただあくまでオマケ要素っぽかった過去作と違って、1つめの報酬としてここで初めてとうぞくのカギがもらえたりするので重要ではある。
それに下位の景品が微妙でも上位のモノはまた違ってくるかもしれませんし、ね。

盗賊に転職した主人公はLVが9を超えた時にホイミを覚えた、初歩的な回復魔法は盗賊でも覚えるみたいなので最初の転職先としてはちょうど良かったかも。
まだ戦闘ではあまり活躍できてないが「ぬすむ」を覚えたのでそちらを積極的にやらせている。

DLした追加クエストのほとんどは今の時点ではできず、おそらく大半はクリア後になると思う。
1つ受注できたのがスライム系8種類退治のクエスト。
しびれくらげが該当するかと思って倒したけどこれはスライム系じゃなかった(苦笑
2010-03-10 23:02 : 雑記・ニュース : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

『Bodycount』正式発表、中身は実質「BLACK2」!?

明日はいよいよ相棒8最終回SP!
新相棒の行く末がどうなるか、本当に見逃せない一回になりそうです。
放送時間も通常回とは違うので要注意。


Codemastersが『Bodycount』を正式発表、初公開ショット&ディテール
おおおお!!!!
ってこれまんまBLACK2じゃないですか!
スクショのアートスタイルも見た感じ完全にBLACKライクなあたりがよく分かってるw
先日のイメージ画のサルみたいな人物を見て不安になりましたけど、これなら安心できそう…かも。
ゲームデザインはBLAKC以上にアグレシッブなものになりそう。
最近はオブジェクトの破壊表現を取り入れるゲームが多くなってきましたけど、まだまだBLACKのような爽快さを感じられるものは少ないですからね。

>ミッション中はセクシーな女性諜報員が音声でガイドしてくれる。
相棒が女性ってのはBLACKでもそんな感じだったけどこだわりでもあるのかな?
FPSは華がない、潤いがないのが短所でもあったので、こういう要素はあっていいと思う。

>ゲーム開始時、主人公は気絶したまま飛行機から落とされる。
どういうストーリーなんだ(笑
BLACKのクリエイターが作るだけにまた謎の多い話になるのだろうか…。
決着だけはちゃんと一作品で付くように作って欲しいものです。


『スプリンターセル コンヴィクション』体験版配信決定!!
日本語体験版の配信が決定!
日本語版は日本語or英語音声+字幕が選択可能。
日本版はDLCとして配信予定のアンロック要素が最初からアンロックされた状態にもなっている。
洋ゲー+日本地域+Xbox360でここまで力を入れる辺りにUBIの本気度が感じられます。

日本語版声優陣も発表。
スプセルは玄田氏の声とサムのブラックユーモアたっぷりのセリフが最高なんだよな…。
今回は娘の死の謎を追うというストーリーでシリアスになりそうなので、どこまで”スプセル節”が炸裂するかは分かりませんが…。
公開されたキャストを見ると過去作から続投の仲間はアンナだけ?
前作までずっと指揮していたランパートはどこへ行ってしまったのか…前作で選択によっては死ぬことになるから死なせたプレイヤーにも齟齬が出ないのように出さないのか、あるいは後々重要な役割で出てくるのか。
協力者ヴィクター・コステの声が若本氏となっているけど、声優を見てしまうとアノ声のキャラだから、コイツ裏切るんじゃないの?という予想をしてしまうのですが…果たしてどうなるw


週刊ダウンロードソフトウェアカタログ 2010年3月第2週分
GA「サイレントボマー」などおすすめタイトルを紹介

PSの「サイレントボマー」は過去にプレイ&クリアしたことがあります。
中身はスタイリッシュなボンバーマン(というかボンバーキング?)といった趣きのアクションゲームで、爆弾を自在に設置できるロックオン機能で攻撃を行うというアイデアや基本部分はよく出来ていてなかなか面白い作品です。
ただ一部の防衛ミッションとラスボスが死ぬほどムズイので注意。
ある程度の難易度の高いアクションをクリアする自信があればオススメ。


ドラゴンクエストIX(DS)・プレイ日記
天使界への帰還イベントを経て、ダーマ神殿まで到達。
天使界も大変なことになっていたのか…天津飯(違)も行方不明らしいし…。

人死にが出てるイベントでもお礼お礼言ってて世間一般での印象の悪そうなサンディですが、せんれき画面を開いた時のコメントで「親しい人を亡くすってどんな気持ちなのかな、アタシには想像もできないや」みたいな珍しく湿っぽいことを言ってたり、オルガのイベントで魚村民の行動に「オルガに任せっきりでムシがよすぎる」と批判していたり主人公の選択に割と鋭いツッコミを入れてきたりと、表面的な部分とは裏腹に案外色々考えてる部分もあるキャラなのかもしれません。
せんれき画面のコメントは結構バリエーション豊富で、イベントに対する結果のコメントも結構あるので忘れずにこまめに見ておくと良さそうですね。
こういう枝葉の細かい要素に本音や本質的な面が表れたり…ってこともあるだろうし。

ダーマの塔でボスを倒した後、ようやく転職が可能になりました
とりあえず主人公を「盗賊」に転職。LV1だとさすがに弱いな…。
レベル低いキャラが経験値を得難いシステムなので育てなおすのもちと手間ですが…。
今作では転職時に呪文が引き継げないので編成をよく考えないといけなさそうです。
スキルの取得も結構考えて取っていかないといけない感じなので意外と大変かも。
今まで主人公がなってた「旅芸人」って秀でた部分がないけどパラメータも平均的で呪文も回復・攻撃バランス良く覚えるから結構万能に近かったんだよな…。いなくなって大丈夫だろうか。

上級職は結構条件きつめの面倒なクエストをこなさないと転職できないみたいで、これはちょっとこなすのが億劫になるなぁ…。
○○時に△△使用で××を何体撃破するとか、縛りプレイ的なものが多い。
今回のドラクエはクエスト関連の水増しが多いって言われてるけどいよいよ片鱗が見えてきたかも。

…ところでダーマ神殿の入り口、豪華に作るのは良いけど入り口~神殿までの階段が無駄に長くて出入りが面倒なんですが…。教会セーブの手間とか、こういう細かい部分に配慮が足りないよな、ドラクエ。

今作では杖にMP吸収効果があったり、序盤から道具使用で呪文効果のある杖が簡単に手に入ったりするのはいいところ。
魔法系の職業がMP切れor温存したい時でも暇にならないように工夫されている。

使える呪文もそこそこ増えてきましたが、『9』は敵の同時出現数が少なめ&同じ種類なのに別グループとしてカウントされていることが多いため、過去作に比べてグループ呪文の使い勝手がやや悪い感がある。
それでも2体以上の敵にダメージを与えられるのは便利ではあるけれど。
その反面敵が使うとパーティ全体が喰らうので厄介。
GBサガみたいにグループ魔法は敵→味方の場合単体対象、となっていれば良かったのに。

ルーラがMP0で使えるのはお手軽でいいですね。使えるのが主人公限定ですが。
頻繁に使う上に必須呪文だからこういうのはノーコストでもいいと思う。

・Wi-Fi関連
ダーマ後リッカの宿屋に戻ると、ロクサーヌのWi-Fiショッピングが遂に利用可能に。
早速通信して、商品とクエスト、スペシャルゲストをDLしました。
商品はちょっと高いけど通常では買えないアイテムが並んでいたりしてなかなかお得。
小さなメダルまで売られているのには苦笑。今回小さなメダルはランダムゲットもできます。

スペシャルゲストは歴代DQキャラをDLして宿に滞在させることができる要素。
キャラに話し掛けると本人が着ているのと同じ服をもらえたりします。
ゼシカの衣装を装備すると、ちゃんと巨乳な胸元が露わになるところまで作りこまれてるのが笑えるw
ゲストは現時点ではクッキー・プリン・アリーナ・クリフト・トルネコ・ビアンカ・フローラ・デボラ・ミレーユ・バーバラ・マリベル・ゼシカ・ククール・トロデ・セティアをDL可。
全員に合って服ももらいましたけど、ゲストの部屋は1人1人別になっていて行くのにいちいちエレベーターでロビーまで昇降しなきゃいけないのが面倒…。
ちなみに服はこの時点で手に入る防具としては防御力は高め。とはいえそこまでズバ抜けてるわけじゃないのでバランスに影響するほどじゃないですが。

「ぼうけんのしょをおくる」も実行しておいたけど、これ何か意味あるの?
2010-03-09 23:37 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。