スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『Call of Duty: United Offensive』クリア

coduo-000.jpg
初代CODの拡張パック『Call of Duty: United Offensive』をクリア。

事前情報では、初代と比較するとこの拡張パックはシングルプレイのデキはさほどでもない…と聞いていたのですが、実際にやってみるとなかなか面白く、むしろ初代より近年のCODに近い印象を受けました。

coduo-001.jpg coduo-011.jpg
序盤から複数方向から多数の敵が攻めてくるミッションが多く、初代経験者向けということもあってか難易度は少し高めに設定されています。
拠点防衛型の敵のWAVEに耐えるミッションが少し多め。

coduo-013.jpg coduo-010.jpg
敵の数もかなり多い印象で、受けるダメージの割りに回復アイテム量が限られて感じるため本編より慎重なプレイが要求される部分も。
その敵の多さのおかげでステージによっては気がついたら死屍累々なんてことも…。

coduo-002.jpg coduo-012.jpg
とにかく激戦に次ぐ激戦という印象で、全般的なゲーム展開にやや平板な印象を受けた初代より演出面やストーリー展開もメリハリがあって、個人的には面白く感じる部分も多かったです。
各国ストーリーの終わり方や切り替わりも明確な描かれ方でスッキリして感じられ好印象。
…やっぱり他人の感想なんて案外アテにならないものだなぁ…(苦笑
まあ初代本編という下地があってこその拡張パック、ではありますけどね。

coduo-008.jpg coduo-007.jpg
本編にはなかったステルス要素も若干あり。サイレンサーつきSMGというWWIIモノでは割と珍しい武器が初期装備されていて、最初のうちは静かにこそこそしながら進めるのですが、結局すぐバレて撃ち合いになってしまうのは残念なところ。夜間潜入ミッションでは列車を鉄橋ごと爆破する場面も。

coduo-006.jpg coduo-014.jpg
逆に本編にあった一人で敵施設に突撃して大量の敵をなぎ倒すようなランボープレイ展開はなくなっており常に仲間とともに行動し協力してミッションをこなしていく、戦争モノらしい仕上がりになっているのも良い印象を受けるのでは。

coduo-003.jpg
新武器としてはバイポッド設置式のマシンガンが登場。
固定式と違って任意の場所に設置して使えるものの、設置モーションがかなり長く、移動しながらの戦いには向かないため防衛ミッションでまだ敵が遠くに多数いる状況でしか使えないのが難点でしょうか。
それ以外では正直使う機会のない武器ですが、雰囲気を出すには面白い一品だったかと。

たまに敵が火炎放射器を使ってくる場面もあり、奪って使うこともできますが見た目のインパクトとは裏腹に射程が短く燃料も少ないためぶっちゃけこれも雰囲気アイテムでしかない感じです(苦笑

coduo-015.jpg
戦車操縦ミッションはこの拡張パックにも収録されているのですが、初代本編のような理不尽な砲撃ダメージを受ける箇所がなくなり覚えゲーっぽさが消え、普通に進めて普通にクリアできるバランスだったのも好感が持てました。

coduo-004.jpg coduo-005.jpg
他にこの拡張パック特有の要素として爆撃機の機銃手を務めるミッションもあり。
ただ単に機銃を撃ちまくって押し寄せる多数の敵機を撃墜するだけでなく、狭い機内を行ったり来たりして別の機銃を操作したり、被弾箇所の燃料バルブを回して応急処置をしたり、爆弾投下用のハッチが開かなくなったのでクランクを手動で回して開けたりと人力に頼った時代ならではの忙しさやドラマチックさがありこれも面白いミッションでした。
ミッション最後のオチと次への繋がり方も見所のひとつ。

coduo-009.jpg coduo-016.jpg
初代本編をプレイするなら是非こちらもセットでプレイしてもらいたいところ。
キャンペーン自体は短いものの本編で物足りなかった部分が色々と補われている印象で、2本で1つと考えればボリューム的にも内容的にも満足できるでしょう。

Call of Duty War Chest (輸入版)
Activision (2006-09-19)

スポンサーサイト
2013-03-25 19:06 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

相棒Eleven 第19話 最終回2時間スペシャル「酒壺の蛇」

相棒・最終回SP(3・20放送分)

ついにやってきました、シーズン11最終回SP!!

最終回らしく今回も様々な部署を巻き込んだスケールの大きな事件、国際問題絡みなのは初回SPとの対比を意識してのことでしょうか。

国際問題絡みだと主犯格に逃げられてしまうこともある、社会派相棒らしい現実的なオチではありましたけど、殺人で直接手を下した犯人は逮捕したのでとりあえずは良し…なのか?


実行犯としては序盤で出てきた炭素繊維会社の課長が怪しい気がしてたんですが、途中で自殺してしまったので違う犯人がいるのだろうとは思っていましたが…
女性社員の方が犯人だったとは。
確かに序盤で「殺す動機」の話が出てきた時におや?と違和感を感じたんですけど、単に話の流れの中のことかと普通に流してしまっていました…。
最後の主犯格からの手紙は右京さんは「まるで恋文のよう」だと評していましたが、確かに意味深な内容ではありましたねぇ。

更に、スマホの遠隔操作ウィルスなんてまさに社会派らしいタイムリーなネタですけど、現在進行形の事件までネタにしてしまうとは…さすが相棒、恐れ知らず?
しかしカイト君のスマホ脆弱すぎやしませんかね…(苦笑)。(アンド○イドか?w)
終盤の爆発するところはスマホ捨てて逃げるより持って出たほうが良かったのでは?と思ったけど咄嗟のことだからなんとも言えないかなぁ(笑


右京さんもカイト君を悦子さんのところに送って自分だけ会社に乗り込んだりと相変わらず推理だけでなく相棒を上手く利用して立ち回っていましたね。
今回は最終回らしく色んな部署の「味方」が協力してくれたエピソードでしたが、元相棒の神戸の名前も出てきたものの、本当に名前だけで本人が一切出てこないのがヒドイ(笑
岩月さんも映画の宣伝の為に(違)頑張ってましたが、出番自体はチョイ役程度でした。
地味に米沢さんが決定的な証拠を見つけたり活躍してくれてたんですが、重要なポジションの割りにいつも目立たないよね…。

逆に、カイトパパは案の定邪魔してくれたし…次シーズンあたりでギャフンと言わせられないものかw


今シーズンから新相棒となったカイト君も色々と自分の失敗を振り返って反省していたようですが、今期は本当にカイト君の成長ストーリーがメインだったのかな。
右京さんは彼のことを「純粋な人間」と評価していましたが、亀山君に近いタイプというのはやはり意識していそうなキャラではありますし、今期は原点回帰というのが一番のキモだったのかもしれません。
ラストのとりあえず一通り謝った後で、いつものノリに戻っていくあたりの展開は良かったですね。
今後もしばらく相棒として居続けそうな気配で、安心しました(笑
最後の謝罪シーンの印象からすると次期以降は暴走キャラはおさえて、より亀山君に近い感じのキャラになっていきそうに思えます。
相棒自体あと何期くらい続けるのか分かりませんが、神戸よりは長くいそうな予感!?

…そういえば今回キノコ狩りの話が出てきましたけど、カイト君にとってはキノコ狩りといえば因縁深い部分もあってトラウマになってないかと思ってましたが、特にそういう感じもなくサラリと流してましたね。
右京さんの相棒が務まるだけあってメンタルはかなり強い方なのかもw


――というわけでシーズン11もこれにて終了です。
今期はシナリオのクオリティも大安定、むしろ捻りの効いた話もあったりでますますグレードアップしている印象?!
新相棒のカイト君もキャラの良し悪しや演技力など心配されていましたが、最近の若手俳優には珍しく思った以上にしっかり演技できるようで意外というか驚きでした。
特命係がピンチになることもなく、終わり方自体は普通だったので当然「シーズン12」にも期待できそうです!
『相棒12』今から楽しみ!!!!(気が早い)


そうそう、『お試しかっ』の相棒キャラ出演回も少しだけ見る時間あったのですが、角田課長が「ヒマか?」って店に入っていくところは思わず笑ってしまいましたね(笑
2013-03-20 23:36 : 相棒 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

『Call of Duty War Chest』購入&プレイ中

codwc-pac00.jpg
Call of Duty War Chest』を以前のセールで購入してプレイ中。

このWar Chestというのは、
・『Call of Duty』(初代)
・『Call of Duty: United Offensive』(初代の拡張パック)
・『Call of Duty 2』

初期WWIIモノシリーズ3本がセットになったお買い得版です。


cod1ss000.jpg cod1ss001.jpg
初代は現在のCODとは大分イメージが違っていて、体力がゲージ式+アイテム回復方式だったり、グレネードが選択式でダイレクトに投げられなかったりとシステム面ではまだCOD独自の様式が確立されてなかったのが伺えます。

しかしながらリニアな進行と演出重視のゲーム展開、現実的な舞台と2つまでしか持てない実在の武器、そして一兵士として大勢の仲間達と戦うという戦争ゲームらしさ・CODらしさの基本はこの頃に既に出来上がっていたのが実感できます。

cod1ss002.jpg
とはいえ昔のFPSっぽく一人で敵施設に突撃して大勢の敵をなぎ倒してくようなランボープレイ展開もあり、場面として数は多くないもののこの手の展開は好みが分かれそうなところ。
進行ルートや次に何をするか若干分かりにくいミッションもあり(戦艦への潜入ミッション等)、今のCODに慣れているとガイド不足に感じるかも。この辺はまだ探索要素が重視されていた時代ゆえでしょうか?

時代的に武器性能が低いためなのか、敵が結構堅い印象も受けますね。
アイアンサイトも見づらいものが多く、慣れが必要。


cod1ss004.jpg
シリーズでおなじみプライス大尉(中央左の赤い帽子)も登場。
捕虜として捕まっていたところを救出し、以後イギリス編のミッションでともに戦います。

cod1ss003.jpg
イギリス編で多くのプレイヤーの印象に残るであろう橋での防衛戦は四方八方から敵が迫ってくる上に強敵・戦車が何台も出てきて下手に身を晒すと砲撃で即死級の大ダメージを受けることもあるため、初代ミッション中でも屈指の難易度と言えるでしょう。


cod1ss005.jpg
初代ではWWII定番とも言えるオマハビーチのミッションが収録されていないのですが(前身とも言えるMOH:AAとの差別化のためか)、代わりにソ連軍編で似たようなイメージのスターリングラード上陸戦ミッションが収録されています。

このスターリングラードの戦い、兵士の頭数に対して武器が不足した状況での戦いらしく、主人公が最初に渡されるのはなんと弾5個だけ
敵は機銃やら爆撃やら戦闘機やらで容赦なく攻撃してくるし、敵前逃亡しようとすれば上官から射殺されるというあまりにもヒドイ状況の中、武器もないまま激しい銃撃や爆風で仲間たちが死にまくるのを尻目に必死で走り回ってミッションをこなすというオマハとはまた違った怒涛の展開が待ち受けています。

cod1sstank.jpg
ソ連軍編では他にも戦車を操縦するミッションあり。操作性は良好、砲撃も爽快さがあって良いのですが、一部やや理不尽な砲撃でダメージを受ける場面がある上、戦車は回復ができないので、クイックセーブ&ロード連発で切り抜ける覚えゲーっぽくなってしまっているのが残念なところ。


cod1ss006.jpg cod1ss007.jpg
キャンペーンは米英ソのミッションを順番にクリアしていく方式で、ミッション選択はありません。
各国のミッションの終わり方がややぼんやりした感じで終わって次の国に切り替わってしまうのがちと物足りなさも感じる点でしょうか。もっと明確な終わりや切り替え方で見せてほしかったところ。
イギリス編終盤で行方不明(?)になってしまったプライス大尉についても描いてほしかったか…。
全てクリアすると最後に1国につき1ミッションずつラストミッションが発生。
米英はV2ロケットの発射阻止、ソ連はベルリン国会議事堂を占拠し旗を掲げ、戦争を終わらせるという形に。

cod1ss008.jpg
グラフィックや演出面はさすがに数世代前といった印象ではありますが、今遊んでも色あせない部分も多いので、シリーズファンなら一度経験しておいて損はないのではないでしょうか。
オプションについては解像度は仕方ないとしても、サウンド設定で効果音を個別に設定できないのがちょっと不便かな。
キー設定は結構細かく設定できて良好。


初代は既にクリアしたので、次は拡張ミッションパックのUOに挑戦。
『2』は昔箱○でベテランクリア済みですけど、忘れてる部分も多いのでこちらも一通りプレイしておこうかな。
WWIIモノは敬遠してた部分もあったのですが、今改めてやってみると意外と悪くない印象。
『WAW』もセールになったらいずれやってみたいと思います(笑

…実を言うとセールやバンドルでPCゲームを少々買いすぎてしまったため、積みゲーを崩すのに一体いつまでかかるのやら分からない状況になってしまっていますが…(苦笑


Call of Duty War Chest (輸入版)
Activision (2006-09-19)

2013-03-17 21:22 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

相棒Eleven 第18話「BIRTHDAY」

相棒(3・13放送分)

今回は単純な誘拐話かと思えばかなりヒネった構成で、結果的にちょっといい話でしたね。

時系列を前後させながらのストーリー展開は長い相棒シリーズの中でも珍しい構成だったのでは。
本当にただの悪党にしか見えない指名手配の犯人が事故死するまでに改心(?)していく様子とか、他人の目には恥ずかしいくらい豪勢すぎる誕生日パーティの真相とか、事件の裏側で描かれていたドラマが今回のキモだったかと。
一見バラバラに見える要素が最後にピタッと繋がっていく構成は見ていて気持ちが良かったですね。
事件自体は時系列通りにやってたら割と単純な話で終わってしまってたような気もしますが(苦笑

序盤から勇者プレイを披露して空き家に上がりこんだり冷蔵庫を物色する右京さん、しかしそれが事件解決に繋がっていくのだからその勘の鋭さは恐れ入ります。
何だか分からないものをカイト君にいきなり試食させる米沢さんもどうかと思いましたがw
まあそれも事件解明には繋がっていましたけどねぇ。
あれ食べ物じゃなくてあかぎれ用のクリームだったんですね。

最後に子供店長(笑)の蘇生を試みる場面でスタッフロールが流れ始めたときは、これは必ずしもハッピーエンドは終わらないこともある、相棒ならではのブラック&シリアスオチの可能性もアリか?と思いましたが無事蘇生には成功したようで、後味悪くならなかったのは良かったとすべきか。

…それにしても、最初に出てきた「家出少女」は幽霊なのか!?
霊感ゼロと思われた右京さん、ついに幽霊に遭遇?
あとでそのことを知って右京さんがどんな反応をしたのかが凄く気になります(笑


次回はいよいよシーズン11最終回SP!!
意外とさびしがりや(?)のカイト君のパパも出てくるようで、今シーズンがどんな結末を迎えるのかが気になります。
そしてカイト君の今後は!?
2013-03-13 23:09 : 相棒 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

『Sniper: Ghost Warrior 2』ローンチトレーラー公開/『Thief4』公式サイトオープン/『シムシティ』新作サーバー障害で大荒れ?!

北米ローンチが迫るCity Interactiveの新作スナイパーシューター「Sniper: Ghost Warrior 2」のローンチトレーラーが公開
狙撃&ステルス特化型FPS『スナイパーゴーストウォリアー2ローンチトレーラー公開!
今までのトレーラーではあまり出てこなかったギリースーツは今回も健在、おなじみのヘッドショット成功時のバレットカメラ演出や、狙撃による仲間との連携プレイなど、今回も様々なシチュエーションで「ステルス狙撃ゲーム」が楽しめそうです。

狙撃とステルスに特化したスナイパーFPSなんてありそうで意外となかったこともあって、前作はコンセプトは本当に良かったのに細部の作り込みが甘くてアラが多く、色々と惜しいゲームでした。
クライエンジン3をライセンスして作られた今作は見た目もかなりグレードアップしてますし、時間をかけただけあってゲーム内容も相応の作り込みが期待できます。
まあ一線級のデベロッパー並みのデキを期待してはいけないのかもしれませんが、基本コンセプト通りにしっかり遊べる作りになっていれば十分評価できそうな気がします。

そんなわけで今年期待の一本なのですが、日本語版の発売時期もそろそろ発表してほしいですね。

Sniper 2: Ghost Warrior(輸入版:北米)
City Interactive(World) (2013-03-12)







「Thief」の公式サイトがオープン。義賊ギャレットが,10年ぶりに帰ってくる
噂だけは何度かあった一人称ステルス盗賊ゲー『Thief4』ですが、PS4発表を待っていたかのように次世代機タイトルとして再浮上してきました。
タイトルはナンバリングなしの『Thief』となる可能性が高いようで、最近過去の名作のリブートが流行ってますがこれもその1つになりそうです。
現在のところ対応機種はPCとPlayStation 4,発売は2014年予定とのこと。

主人公は過去シリーズ同様ギャレットのようですが、ナンバリングを外しての再スタートなら舞台設定だけでなく主人公も変更しても良かったのかも。

過去作は一応1をクリア済み、2も途中までプレイしましたが、マップの複雑さやクリア手順など意外と手間がかかったり面倒な部分が多いゲームだったので、今風にもっと進行手順が分かりやすいゲームにアレンジしてもいいと思う。
盗賊ゲーという割には敵を片っ端から殴り倒していく強盗ゲーに近いゲームでしたが、新作ではそのあたりのバランスがどうなるのか…ステルス重視で真っ向勝負は相変わらず不利なバランスなのかな。





『シムシティ』サーバー容量を増強し不具合発生確率も80%減、プレイヤーにはEAのPCデジタルダウンロードから1本無料提供
『シムシティ』最新作はシングルプレイでもオンライン常時接続が必須ということで、アクセス集中による鯖落ちでプレイできない…というUBIの二の舞になるんじゃないかと危惧されていましたが、案の定まともにプレイできない状態が続いていたようです。
海外でも、後発の日本でもとにかくプレイすらできないのでは話にならないということでレビューで低評価を大量につけられるハメに…。

現在はサーバー増強により大分安定してきているようですが、こういったことは十分予想できたんじゃないですかねぇ。
今現在のインフラではまだ全ユーザー常時接続必須を維持するのは難しいのかも。
そもそもソロでもオンライン接続必須ってのはやはりインフラどういうよりも、そのやり方を嫌う人も多いようで。
SFCのシムシティから4までシリーズを長くプレイしてきた友人でさえ「様子見」「安くなってからでいいかな」なんて言うほどですw

なお、障害のお詫びとしてシムシティ購入者にPC用DLゲームを1本無料提供する模様。


私もβテスト2に当選したのでその時に少しプレイしたのですが、今までのシムシティのイメージと比べると都市が狭い印象を受けましたね。
製品版ではもっと広い範囲をいじれるのかもしれませんが、オンラインでの他プレイヤーとの街同士の連携を意識した作りではあるかな、と感じました。

シムシティ [オンラインコード] [ダウンロード]
エレクトロニック・アーツ (2013-03-07)
売り上げランキング: 1
2013-03-10 21:00 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。