スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『バトルフィールド3』キャンペーンクリア

ss130929bf1t.jpg
ずっと放置気味だったバトルフィールド3』のキャンペーンをようやくクリア

ss130929bf2k.jpg

ss130929bf3k.jpg

広大かつ大人数での戦いが繰り広げられるマルチプレイとは違い、キャンペーンは戦争モノの雰囲気は感じられるもののCOD等とあまり差別化ができていない印象。
多対多で広いフィールドで戦ったりすることもあるが基本的には一本道で演出重視のリニアな展開

格闘戦など重要な場面ではこれまたCOD等と同様にQTEが発生する頻度も多く、QTEは演出を見せつつゲームプレイも行わせる方法としては安易で古臭い上にゲーム的に面白くもないので、いい加減ゲーム開発者はQTEから脱却して新しい見せ方を研究してほしいものです。
ボタンを1個押しただけで華麗なコンボをキメたり勝手に進行してしまうゲームが面白いはずがない。「それを操作させろ」といつも思ってしまう。
QTEの上手な使い方は『ダイナマイト刑事』あたりで本当に進化が止まってしまっているな。

ss130929bf4ny.jpg

ストーリーも前半の怒涛の展開はなかなか見所もあったけど、後半の展開がやや強引だったかなぁ。
特に終盤で主人公の取る、ある突飛な行動の動機付けの仕方がね。
話の運び方も『COD:BO』や更に昔の『BLACK』なんかと被ってしまってる感じのシーンが多かったですし。
ラスボスとの決着の付け方ももうちょっと工夫してほしかったところ。
なんだかんだでロシアを絡めてくるあたり、アメリカにとっては依然脅威なんだろうか?(笑
戦闘機のガンナーを務めたり、戦車を操縦するミッションなんかもあってそれなりに変化に富んだ内容ではあったのですが。

開発側もキャンペーンの独自性の弱さは認めているようで、『4』ではキャンペーンにも幅広い戦術の取れるステージやシステムを用意してマルチプレイのような楽しさを演出するとか。


どちらかといえばマルチが重視されたシリーズですので、キャンペーンはウリであるグラフィックや戦争モノの雰囲気を堪能しつつ、マルチへの練習的な意味合いが強いですかね。
CODなんかと比べると戦争モノの雰囲気やシリアスさはこちらの方が強いと思うので、好みの差でこちらが好きだという人もいるかも。
あとは今までこの手のゲームをあまりプレイしたことがない人は新鮮に映る場面も多いかもしれない。
グラフィックはウリにするだけあって美麗ですし、シリアスなストーリーも全体としては嫌いではない部類。

…それにしても、DICEはスタッフロールを無限ループにするのやめてくれ(苦笑
BFBC2もそうだったけど今回もまたループの罠にひっかかったじゃないか!
余韻に浸る時間としてスタッフロールがあるのはいいけど、終わったと思ったらまた最初から始まった時はガッカリしてしまう。


このあとはマルチプレイに本格的に乗り出したいけど、CO-OPも一通りプレイしておきたい。
CO-OPはクイックマッチしかないのだろうか?部屋検索で相手を選べるようにしてほしかったな。
Originフレンドなんていないので募集をかけるなどしないと難しいかな。
スポンサーサイト
2013-09-29 23:42 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

steamゲームのゲストパス配布

ss130926gp.jpg
ゲストパス
『Red Orchestra: Ostfront 41-45』・・・残り0個
『Red Orchestra 2』・・・残り0個
Killing Floor』・・・残り0個
-終了しました-

上記steamゲームのゲストパスがインベントリにあります。
これがあると一定期間ゲームプレイ可能になります(フリーウィークエンドと同じようなもの)。
需要があるか不明ですが、欲しい人はサイドバーのプロフィール欄からsteamプロフィールページへアクセスし、コメントください。
ギフト扱いのためフレンド登録が必要だと思いますので未登録の方はフレンド申請の上で。

お気軽にどうぞ。
2013-09-27 00:11 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

PC版『メダルオブオナー』プレイ

mohss00tt.jpg
PC版『メダルオブオナー』購入。
セールでついつい衝動買いしてしまいました。
PS3でプレイ済みだったけどもう一度プレイしたいと思っていたので…。

mohss01m.jpg

mohss03mv.jpg
現代のアフガニスタンを舞台にしたことで色々と物議を醸した本作ですが、ベースとなるストーリーやゲーム全体の雰囲気は結構好きだったりします。
ただCOD等流行りのFPSとさほどゲームプレイ内容や演出面が差別化できていないのが残念な点。


mohss02m.jpg

mohss06h.jpg

mohss12dmg.jpg
そんな中でも部分的にはオリジナリティを感じさせる部分もあり、特にプレイヤーが積極的に前に出てあれこれ作業させられるのではなく後方からの援護射撃に徹する役割を任される場面などはありきたりなランボーゲーとは違う味付けができているように感じられます。

スライディングが可能だったり、最近のFPSでは削除されがちな覗き込み動作ができるのもいい。
その分プレイヤーの体力は低めのバランスで、力押ししようとするとすぐ死んでしまうことも。
スラインディグは操作感が気持ちいいこともあって意味も無くズサーしたくなることもしばしば(笑


mohss11mg.jpg

mohss08bh.jpg
またCOD等他ゲームと比べると効果音が非常によく出来ていて、響きのある銃声や重低音の効いた爆音などのおかげで射撃や爆破の爽快感が高い。この射撃感の良さは本作の優れた点として挙げられます。FPSは沢山あるけど意外とこのゲームほど「撃った感覚が気持ちいい」というゲームは少ない。

FPSでは定番の機銃を使う場面もあり、中でもミニガン掃射の爽快さは数あるミリタリーFPSの中でもトップクラスかも。操作できる時間が短いのが勿体無いほど。


mohss09st.jpg

mohss14nv.jpg

mohss10st.jpg
孤立してしまいステルスを駆使して進むシーンもありますが、これまた短め。
ゲーム全体のボリュームが非常に短いのが一番残念な点といえます。


mohss13g.jpg

mohss07hg.jpg
ボリュームの少ないゲームなので積極的にはオススメしづらいのですが、最初に書いたようにストーリーや雰囲気の良さなど光る部分もあるのでセールなどで安く手に入るなら試しにプレイしてもいいかと。
特殊部隊・Tier1オペレーターを積極的に推し出して宣伝していた割にはレンジャー部隊のミッションの方が面白くて印象に残るほどだったりと妙な印象も受けますが(苦笑
個人的に特に気に入っているのは中盤で救助要請も自ら断るほど絶望的状況に追い込まれたところからの逆転劇の場面、一見の価値あり!


ボリュームという点ではそれを補う要素としてマルチプレイもありますが、こちらはこちらで簡易版BFのような手抜きっぽさが感じられ、カスタマイズの幅の無さも含めてフルプライスゲームとしては物足りない印象。
バンドル販売やセールなどの影響で今でも結構人はいるので今から始めるのも悪くは無いのですけどね。



おまけ
mohss04xa.jpg mohss05xb.jpg
すっごい痛そう



2013-09-23 23:39 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Steam『THE SHOWDOWN EFFECT』フリーウィークエンド

sdefw001ss4.jpg
Steamにて『THE SHOWDOWN EFFECT』がFree Weekendで今週末限定で無料プレイ可能。

変な日本の光景に惹かれてちょっとだけプレイしてみました。
洋ゲーおなじみの謎の日本語が書かれた看板や電光掲示板が大量に配置されています。

sdefw002ss.jpg
足の指」!!
何の看板だろこれ…。

sdefw003ss.jpg
「ハイパー☆ビート☆チーム」もかなりキてるが…
上に沢山並ぶ「やきにく」の提灯も非常にシュール。

sdefw004ss.jpg
食べ物 24.11.2027 ON SALE!
わざわざ大々的に宣伝するほどなので、普段は食べ物売ってないのだろうか…。


…ぶっちゃけ1発ネタとして取り上げただけの本作(苦笑
ゲーム内容的には2D対戦アクションといったモノですが、モードがマルチプレイしかないので思わせぶりなボックスアートとは裏腹に背景設定もよく分からず。
ゲームバランスも大味、パーティゲー的な遊び方ならいいのかもしれませんがやりこむには物足りなさを感じる。
無料プレイで十分と感じてしまう人も多いのでは…。
2013-09-23 00:24 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

PS4国内では2014年2月22日発売決定!/新型「PS VITA」発表、「VITA TV」も!

【速報】PlayStation 4の国内発売は2014年2月22日,価格は4万1979円(税込)。PlayStation Camera同梱版も販売
ps4t222.jpg

PS4の国内発売日が来年2月22日に決定!!
って、年内発売じゃないんかいっ!!??
海外では年内に発売されるので、あからさまに欧米優先ってことですかね。
まあ、新ハードとなると限られた生産数をどこへ回すか→市場の大きい欧米へ、と今のゲーム市場を考えるとこういう流れになってしまうのは致し方なしか…。
特に海外ではホリデーを外すとVITAの時の二の舞になってしまう可能性もありますから…。
日本ゲーマーとしては最近のこうした流れはちょっと寂しさも覚えます(苦笑

価格は4万1979円。ちょっとの差だけどこれなら税込みで4万以内に抑えてほしかったところだなぁ。
定価が万単位のラインを超えるかどうかで結構印象違ってきますしね。
まあ実売価格で多少値引きされて4万以内に収まったりするのを見越して…でしょうか。
(さすがに2000円近くも値引きされるどうか分かりませんが。)

ロンチタイトルはマルチタイトルが多い印象ですが、地球防衛軍新作など注目作も。
意外なところではマインクラフトの文字も…。
マインクラフトはPS3やVITAでも出るようです。どっちかというと現行機版や携帯機版の方が気になる?

何にしてもゲーム機はソフトが全て、ロンチ後も安定してバリエーション豊富なラインナップをそろえていけるかがポイントでしょう。




【速報】新型PS Vitaが10月10日に1万9929円(税込)で発売。ディスプレイは液晶パネルに変更
vita2000tt.jpg

新型VITAも発表!!
10月10日に1万9929円で発売。
画面が有機ELから液晶になったことなどでコストダウンが図られたモデルといった印象ですが、1GBメモリーカードを内蔵し、バッテリー持続時間も延長するなど改善点も見受けられ、これから買うならこちらの方が良いでしょう。
有機ELは実物をあまり見たことが無いのでなんとも言えませんが液晶でも十分綺麗なんじゃないかな。
PSPくらいの液晶でも結構綺麗で見栄えは良かったですしね。
有機ELは寿命などの点でデメリットも見受けられますし。

メモカ内蔵はなんで最初からやらなかったのか不思議に思ってましたが、ソニーもようやくその辺に気づいたんですかね。メモカ必須ソフトもあるのに今時ストレージなしで出したのが信じられないくらいでしたから。

メモリーカードの値下げ発表も!
…相変わらず容量の割りに高い気するなぁ、特に容量の大きい上位版は。
3DSみたいにSDカードとかじゃダメなんですかねぇ。



【速報】PS Vita TV――テレビにつないで遊べるPS Vitaが9,954円[税込]で発売決定!【SCEJAプレスカンファレンス】
vitatvimg.jpg

また、『VITA TV』なるセットトップボックスも発表。
携帯機Vita向けタイトルをTVで遊びたい、という層(いるのか!?)には良いのかもしれませんが、全てのタイトルが動作するわけではないため注意が必要なようです。

→現時点での対応タイトル
現時点では少ないもののペルソナ4やドラゴンズクラウン、アトリエシリーズなど主要なタイトルは対応していますし、今後アップデート等で対応タイトルも増えるでしょう。

単純にVITAを低価格で遊べるというのが最大の利点かも。
2013-09-09 21:36 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

『DIABLO III』日本語版がスクエニより2014年発売決定!!

『DIABLO III』日本語版がスクウェア・エニックスより発売決定
diab3-title001.jpg
なんとディアブロ3』日本語版がスクエニから発売決定!
まさかの日本語版、しかもココから発売されることになるとは…!?
海外ではマルチプラットフォームでリリースされてますが、日本語版はPS3版のみ
まあ今の日本のゲーム市場を考えると…最近こういう流れが多くなってきましたね…。

すでに発売済みの海外版プレイヤー報告によると家庭用版はPC版より高品質のレアアイテムが出やすくなっているらしく、トレードシステムなどが無い代わりにカジュアルなプレイが可能になって遊びやすく調整されていると思われます。

2DハクスラRPGというと昔DCのロードス島あたりでハマったっきり、それ以降も何度か興味はもったけどあまり手は出さずに来てしまったので、こうした大型タイトルが家庭用でリリースされるのを機に始めて見るのも良いかもしれません。
ボーダーランズのようなFPSタイプのゲームはプレイしていたんですけど。

日本語ローカライズについては字幕と吹き替えに対応。
近年のスクエニは翻訳や吹き替えの質も上がって来ているし、その辺の心配はあまりないでしょう。アンチャをはじめローカライズには定評のあるSCEが担当するのかもしれませんが。
しかしスクエニ発売となると価格が心配、安定のスクエニ価格になってしまうのだろうか。
開発にSCEが関わるのならSCEタイトルのような安価でリリースしてくれれば嬉しいのですがね。
発売も海外版からかなり遅くなるわけだし。

そして気になるのがマッチング、海外版とのマッチングができるかどうかで魅力も変わってきそうですが、発売がかなり後になることや他のCO-OPゲームの例もあって隔離の可能性も??
隔離なしであることを祈りたいものですが。

発売は2014年とまだまだ先に話になってしまうのが残念。
同時とは言わないまでももう少し海外版リリースに合わせることはできなかったのか…。
待ちきれないという人や日本語版発売予定の無い機種のユーザーは海外版を買うのもアリ?

Diablo III (輸入版:北米)
Blizzard(World) (2013-09-03)



Diablo III(輸入版:北米)
Blizzard Entertainment

2013-09-03 21:12 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。