スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『相棒-劇場版3-』観に行って来ました!

映画『相棒-劇場版3-』

相棒ファンとしては見逃せない作品ではあるんですが、如何せん劇場版1・2のデキがいまいちだったこともあって観に行くかちょっと迷っていたんですよね。
しかし1・2を一緒に観た友人からの誘いもあって思い切って行ってみる事に。

aibomov3ppc.jpg
2の時と同様に入場時にポストカードが貰えました
今回は全員集合で当たり外れなしのようです(笑


ネタバレになってしまうので細かい点はなるべく避けて書きますが…。


ぶっちゃけ映画でやるほどの話か、これ?といった内容。
まあ1や2やスピンオフもテレビでやればええやんってレベルだったので今更ではあるんですが。
絶海の孤島というのも特に意味が無いレベルの舞台設定…。

それでも2の時はストーリー上、「小野田さんの死」という超重要な展開があったので、見逃すと前後の話の繋がりが分からなくなることもあって観ておくべき一本ではあったわけで。
今回はそういった展開もないため、補完の意味合いで観に行く必要はないかと。

ただ、今までの相棒シリーズの流れ的に次シーズンで「これを観ている事を前提としたエピソード」はあるかもしれません。
そういった時においてけぼり感を味わいたくないなら観ておくのも良いかも。


1や2のようにモヤッとした終わり方にならなかった点は評価できるんですが、相変わらず最近のシーズンのようにオチの付け方が少々強引に感じてしまう面があるかもしれません。
特に蹄鉄のくだりは「え?」という感じでしたし(友人も同じような感想だった模様)。
ちょっとこの辺は近年のシーズン含めて改善の余地アリだと思いますね。


あとカイト君という新しい相棒を迎えての劇場版新作なわけですが、TVシリーズ同様活躍する場面があまりなく、どうもパッとしない印象は変わらず。
見所といえば彼の「歌」のシーンくらいでしょうか?
カイト君のキャラについてももう少し一考の余地があるのではないかと思えます。
現状では相棒っていうよりただの部下って感じですしね。
前の2人みたいな、階級や年齢・立場や性格は違ってもある程度対等に付き合える存在であってこそ相棒ではないかと。


あと神戸や三浦さんの登場シーンがあったのは数少ない見所ともいえますね。
三浦さんが普通に出ていたのを考えると時系列的にはシーズン12より前なのかな。


なんだかダメだしばかりになってしまいましたが、次シーズンへの期待ということであえて厳しめに。
もう映画はいいので、相棒はTVドラマとしてしっかり作りこんでいってください!!(苦笑


…しかしわざわざ相棒・映画という素材を使って日本の右傾化批判のようなことをやるのはいかにもテレ朝らしいな、と思ったり思わなかったり…(^^;

 **********


おまけ。

こちらは劇場版2の時に貰ったポストカードです。

aibomov2ppc.jpg
やっぱり遺影にしか見えないよなぁ…。



※余談だけど映画館冷房がかかってて寒かったので、今の気候や気温が安定しない時期に行くなら何か羽織るモノを持っていった方がいいかもしれません。
スポンサーサイト
2014-05-23 23:47 : 相棒 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

Originにて『Plants vs. Zombies Game of the Year Edition』無料配信中

pvz-tpg00.jpg
『Plants vs. Zombies Game of the Year Edition』

Originにて名作タワーディフェンス『Plants vs. Zombies Game of the Year Edition』が無料配信されています。
デモや期限つきではなく、完全版ゲーム丸々一本プレゼントとかなり太っ腹。
昨日あたりまで『デッドスペース』が無料配布されていましたが、それと入れ替わりでこれが登場。
今後も無料配信は続けていくんでしょうか。続けて欲しいなぁ(笑

ss140509pvz1gpp01.jpg
ただ配布されているのは英語版なのが残念。
とはいえこのゲームは内容がシンプルなのと、難しい英語は全く出てこない(中学レベル)ので、英語が苦手でもなんとかなります。
おそらく北米EA主導で、海外と同じものが配布されて英語版になっているのだと思いますが…。

しかしEAもユーザー獲得に必死なご様子。
steamもゲームの無料配布や無料化でユーザーを増やしただろうし、そのことに対抗意識を燃やしてのことか!?


**********


ss140509pvz1gpp02.jpg
ゲーム内容はタイトル通り植物を植えて、ゾンビの大群の襲撃から家を守らないといけません。
ゾンビの方は欧米じゃ見慣れた存在でしょうけど、それに対抗するのがなんで植物?と思うかもしれません。
植物たちは様々な能力を持っていて豆鉄砲のようなものを撃つ砲塔の役割をする豆植物、防御特化型の壁役のウォールナッツ、植物の配置に必要となる太陽光を生産するヒマワリなどなど多種多様。

大事に育てた植物たちが全力でゾンビの襲撃から守ってくれるという感動のストーリー……かどうかは不明。


ss140509pvz1gpp04.jpg
ラインを突破されてしまうとゾンビにマルカジリされてしまう…!
万一突破されても一回だけ左端に置かれた芝刈り機がオートボムのような役割でライン上の敵を全滅させてくれます。芝刈り機がない状態で到達されるとジ・エンド。


ss140509pvz1gpp05.jpg
最初のうちは単純かつ簡単なステージばかりですが、面が進むと太陽光が自然生産されない夜ステージ、視界の悪い霧のステージ特殊能力を持ったゾンビなど厄介な要素が増えていきます。

こちらも使える植物が増えていくので、ゾンビやステージの構成にあわせて植物を上手く選択していく必要も。
夜ステージではキノコ類の配置が効果的になったりと、植物という設定を上手く生かしているのが面白い点。


ss140509pvz1gpp03.jpg
一般的なタワーディフェンスは突き詰めるとあまり攻略法に幅がないような気もするんですが、シンプルで植物などの選択肢の多い本作はなかなかやり応えあるかもしれません。
この手のゲームの常として押してる時はリソースが余りがち、押されてる時はジリ貧になりやすいのは同じなので結局コスト管理が全てなんでしょうか。

見た目から子供向けをイメージしたようにも見えますが大人でも十分楽しめるデキ。
ゾンビは手や頭がポロポロ取れたりするあたりはいかにも洋ゲーらしい表現。
難易度の上昇曲線が適度なのでタワーディフェンス初心者にもオススメできる一本です。

**********

ここで本作のテーマでもある植物に関連した豆知識。
トリカブトの花言葉は「復讐」
2014-05-10 00:34 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

第二次大戦FPS『Call of Duty: World at War』ゲット!

codwaw-tt00.jpg
『Call of Duty: World at War』

一度買い逃して以来、全然セールがこなくて待ち焦がれていたCOD:WAWが遂に半額に!
この機会にすかさずゲット!!

ss140505wawpp06me.jpg
CODシリーズではナンバリング5作目、Treyarch開発としては2作目になるWWIIがテーマのCOD:WAW。
今やCODといえば日本でも有名になりましたが、本作はテーマが太平洋戦争=日本が敵となっており残虐表現もIW製より数段高いためか、日本ではリリースされなかった作品でもあります。

ss140505wawpp03m.jpg

ss140505wawpp05t.jpg
天皇陛下万歳!!
オープニングからぶっとんでいますが、それは日本人視点の話。
向こうの人から見れば普通に「歴史上の人物」という感じなのだろうか?


ss140505wawpp01.jpg
この日本兵らしき人たちは「キサマハ ツヨクナイ」と何かカタコトの日本語を繰り返し喋っています。
貴様は強くない!(キリッ)とか言われても困惑するばかり。
中国人っぽくも見える謎の日本人に捕まったプレイヤーはこの後窮地に陥るのですが…

ss140505wawpp02.jpg
すんでのところで味方が!
ここからはいつものCODのノリが爆発しついでに背景も大爆発。
古めかしい大戦当時の武器を手に突き進め!!
いざ、センパー・ファイッ!!


ちなみに太平洋戦争だけでなくヨーロッパでの独ソ戦も描かれていて、2つのストーリーが平行して進むのも珍しい点。
ソ連軍編ではあの「レズノフ」が登場しますので、BOファンも押さえておきたいところ。

日本語化も完璧かつ導入も簡単なので、ありがたく使わせてもらいましょう♪


ss140505wawpp07z.jpg
TAといえばおなじみのゾンビモードも、この作品が元祖だったりします。
当初からかなりマゾいモードだったようですが。

**********

pp140505acdwf.jpg

pp140505bts.jpg
CODのほか、『Wolf Pack』,『TimeShift』も一緒にセールで開発。

Wolf packというのは『ウルフェンシュタイン』シリーズ3作のパックのことで、DOOMよりも以前にFPSジャンルを確立した名作『Wolfenstein 3D』と、その続編『Spear of Destiny』,『Return to Castle Wolfenstein』がセットになっています。

『TimeShift』時間を操る能力を駆使して戦うSF系FPS。以前CS版デモを遊んで結構面白かった記憶があったのでこの機会に。スロー・時間停止などは他ゲーでもあるけど時間の「巻き戻し」まで使えるのはかなりユニークなのでは。
2014-05-06 00:24 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。