スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『Medal of Honor - Allied Assault』本編クリア

ss1408mohaamcc01.jpg
『Medal of Honor - Allied Assault War Chest』本編をクリア

古いゲームで内容的にもシンプルなFPSだけど、最近のインディーズを中心としたB級C級パズルやホラーに飽きていた身にはそのシンプルさがとても面白く感じられた


ss1408mohaamcc02s.jpg
ただ古いゲーム故に洗練されてない部分もある。
特にソレが顕著なのが後半に出てくるスナイパー戦で、行方不明の味方を探して街を探索しながら各所に配置されたスナイパーと戦う場面はあまりにも理不尽な覚えゲーと化していてちょっとストレスがたまるレベル。

ss1408mohaamcc03s.jpg
こんなのは姿が普通に見えるだけまだかわいい方。

ss1408mohaamcc04s.jpg
お分かりいただけただろうか?
こちらからでは木に隠れて見えない敵が平然と撃ってくる。
目がいいというよりこちらの存在を最初から知っているかのように少しでも姿を晒すと撃たれるので、クイックセーブを連発しながらまず撃たれて敵の位置を探り、判明したらロードして素早く倒すというのを繰り返すハメに。
ここまで極端な覚えゲーもちょっとどうかと思うが…。

クリアする頃にはスナイパーが嫌いになっていること請け合い!おのれ芋砂め!!


ss1408mohaamcc05ta.jpg
初期のCODと同じくやや平板な展開が続くので、聞いていたほどに演出に凝っているという感じはしない。
まあこれは当時リアルタイムで遊んだかどうかでもまた違ってくるかもしれないが…。
平板な展開が続いてダレそうになるとちょっと違った展開や迫力ある演出が出てきて盛り上がる…といった構図のミッションが多い。
後半は戦車に乗って突き進むシーンもあるけど、これもCOD1の戦車と同じで覚えゲーっぽい。
演出面では拡張パックの方が凝ってそうな気がする。


ss1408mohaamcc06n.jpg
後半に変装して身分証で誤魔化す潜入ミッションが再登場したのはちょっと嬉しかったな。
この手のステルスや潜入ミッションは好きな部類なので。
『ヒットマン』もそうだけど変装が可能なゲームはバカゲー的な楽しさもある(笑
しかし敵の死体が横の方に放置されていても視界外なら無視というのは昔のゲームっぽい馬鹿さではある。


ss1408mohaamcc07mg.jpg
終盤になるとStG44が手に入る。武器欄ではMGカテゴリになっているが30発装填とMGとしては少なく感じる。
SMGの上位版といった感じで今で言うアサルトライフルに近い。
これを強奪しつつ生産拠点を破壊するミッションもあり、敵軍の最新鋭武器、このゲームにおけるスーパーウェポン的位置づけだろうか。
ss1408mohaamcc08mg.jpg
終盤は敵の数がかなり多くなるのでSMGとコレで敵をバッタバッタ倒していくことになる。


ss1408mohaamcc09e.jpg
終盤は結構難易度が高めになりラストの脱出シーンは何度もコンティニューするハメになったが、一部の難しい場面も基本的に覚えゲー的な難しさでしかないので、手順を覚えてしまえば投げ出すほど難しい部分はないため古いゲームにしてはバランスは良い方だと思う。

それに加えていつでもクイックセーブ&ロードできるので根本的に難しいゲームではないし、英語版でも目標を示す簡単な短文さえ分かればクリアにも困らない。
CODやその後の戦争モノFPSに影響を与えた作品の原点に興味があるなら今からでもトライしてみる価値はある一本。


まだ2つの拡張パックシナリオはクリアしてないのでこちらも少しずつ進めていこう。
スポンサーサイト
2014-08-28 16:47 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

相棒シーズン13始動!10月スタート

『相棒』公式サイトhttp://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

10月よりいよいよ相棒シーズン13スタート!だそうです。
ゴシップレベルの報道では水谷氏が成宮演じるカイト君を殉職させて外したがっているとかなんとか、神戸の時と同様に信憑性が疑わしい噂もありましたが…。

実際のところ殉職はそろそろ扱ってもいいテーマかもと思っていますし、カイト君も微妙にキャラ作りに失敗してるような感がありますので、ここらでどうにか方向性の建て直しをしてもらいたいところ。
神戸復帰の噂もありましたが、神戸も案外悪くないと感じてた身としてはまあどちらに転んでもいいかな、と。


しかし写真を見るとカイト君微妙にイメチェンしてる?
割と童顔っぽい感じだった従来と比べると髪形も変わってちょっと大人っぽくなってる気も。
相棒キャラってどうも「大人」じゃないと締まらない印象が強かったので、カイト君のキャライメージももう少し大人なキャラに変えるつもりなんでしょうかね。
だとしたら番組イメージも持ち直す可能性も高いと思うのですが。


映画のデキがいまいちだったり、ちょっとマンネリ感が出てきてしまってることもあって、そろそろ番組そのものに何かしらテコ入れもほしいところ。
変にレギュラー入れ替えとかはしてほしくないんですけどね。
伊丹や課長とか米沢さんとかの名(迷?)脇役ポジションは特に(笑
2014-08-25 19:17 : 相棒 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』を観てきました

>『トランスフォーマー/ロストエイジ』

実写映画版トランスフォーマー第4作、ロストエイジを観に行ってきました!
前作のシカゴ決戦で敵勢力の殲滅に成功したものの大被害を出したことからCIA等に追われる立場になってしまったオートボットたち。

人間側の登場人物は一新され、過去3作の主役だった青年は登場せず。
代わりに新主人公として発明家の親父・ケイドが登場。
オプティマスを復活させた上にエイリアンの銃で敵と戦うなど親父無双な活躍ぶりを見せてくれます。
今までの逃げ回ってばかりの主人公と比べるとしっかり戦うシーンも多くて、台詞回しも面白くてなかなかいいキャラだと思う。



ちなみに様々な事情から今回初めて映画館で3D版を見たのですが、正直3Dってこんなもの?という感想。
まず3D眼鏡のせいで若干暗くなるので見づらい。
仕様上眼鏡をかけてないと絵がボヤけてしまうのですが、かけてても微妙にボヤけた感じだったり…。
自分が見たのは吹き替え版だったのですが、時々出てくる中国語音声の字幕やテロップなどの文字が浮き上がって半透明になっているのでこれも見づらい!
文字まで3Dにすんなよ。もしかして字幕版だと全部こんな文字が表示されるのでしょうか。

3Dは例によって「2D絵のところどころが浮き上がって見える」というハリボテ3Dから全く進歩してないし、実のところ映画本編よりも映画開始前のピクミンの3Dデモの方が一番「3Dらしく」立体的に見えて感動したというのがなんとも…。

3D酔いした友人は全部見てられなかったようで、体質に合わないと金と時間をドブに捨てる恐れがあるのも欠点といえば欠点。一応少しずつ見ながら吹き替え音声で内容把握はできたらしいけど。

自分は終始3Dで見ながら思ったことといえば「ああ、これ2Dで見たいなぁ」だったので完全に本末転倒。



内容的には作品全体に盛り上がりが欠けていたのが残念だった点。
大都市での戦闘や巨大宇宙船、新タイプの敵などお約束を色々取り揃えてはいたけど、どうもあれこれ入れ込みすぎて締まらない展開になっていたような。

過去作は人間の軍隊が物凄く頑張っててミリタリーモノとしての面白さもあったけど、今回はそれもなし。


後半の舞台が中国と言うのもイマイチだったかな、金のかかった高層ビルを破壊しまくるようなドハデな戦いがあんまりなくて、クライマックスがそこそこの高さの雑居ビルやら安普請の工業施設やらを壊すだけでバトルとしては普通に撃ち合うだけの市街戦ばかりだったのでダイナミックさに欠ける。
やっぱりハデな戦いとなるとアメリカの大都市の方が映えるのだろうか。中盤のシカゴ戦はそれなりに面白かったし。

あと敵が粒子みたいな物質に変化してバラバラの状態でトランスフォームするとか、恐竜型のトランスフォーマーが登場するとか、アイデアは悪くないと思うんだけどロボットものの変形シーンとしては機械的な変形メカニズムの面白さみたいなものが見られないので物足りない。
トラスフォーマー過去3作はしっかりメカが変形していく過程を見せてくれて感動したものだったのだが。
モノの形が変わるシーンであからさまに画面手前にモノを置いて隠したりと手抜きっぽさも目立つ。

ストーリーもメガトロンが結局復活してしまって過去の戦いはなんだったのか状態になってしまったり、完全決着がつかないまま終わって「俺たちのトランスフォーマーはこれからだ!」なオチまだ続編やる気なの?とちょっと呆れる部分もあったり。


相変わらずオプティマスはシーンによって強さにムラがあるな。
見せ場のシーンだけ急激に強くなる。
最後なんて自力で飛んでたけどお前飛べたんかい!
吹き替え版の玄田ボイスは良かった点。序盤なんだか声が違うような気がしたけどトーンを抑え気味に喋っているだけのようだった。

人間が頑張ってるシーンが一番面白く感じるなどトランスフォーマーとしてもはやどうなのか。
あと上映時間が175分もあるけど家族ドラマのシーンとかあんなに尺必要か?
時間の割に密度の薄い映画だったように感じられた。


そこいらの駄作に比べたらこれでもまだ楽しめるほうかもしれないけど、2作目3作目が面白かっただけに落差を感じてしまう惜しい出来栄えだった。
もしかしたら2Dで見直したら感想も変わるのかもしれないが。
マイケルベイもこれまでか?
2014-08-23 19:44 : テレビ・映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ホラーADV+TPS『Alan Wake』クリア

ss1408aw1cc01t.jpg

『Alan Wake』

ss1408aw1cc06.jpg ss1408aw1cc08.jpg
「俺はアランウェイク、作家だ」
スランプに陥ったベストセラー小説家・アランウェイクが、休養で訪れた町ブライトフォールズで闇に捕らわれてしまった妻を救うべく奮闘するホラーADV+TPS。


ss1408aw1cc09.jpg ss1408aw1cc10.jpg
妻を探してさまよう道中には自分が書いた記憶がない、だが確かに自分の著作である小説の原稿がところどころに落ちている。
原稿には主に「これから起こること」などが書かれている。
ホラーでこれから起こることが分かってたら怖くないのでは?と思われるかもしれないが……最初は確かにそう思うが、これが実はホラーとして独特の味を生み出してる。
むしろ先を知っているからこそ進みたくないと思わせる効果もあったりしてなかなか面白い。
内容が断片的なこともあって実際にそれが起こる場面ではどうなるのか?というのが楽しみになってきたりもする。


ss1408aw1cc04.jpg
闇との戦いが描かれる本作では光と闇のせめぎあいがゲームの大きなキモとなっています。
戦闘パートでは敵は闇をまとって登場し、これを剥がさない限りいくら攻撃しても倒すことは出来ない
そこでアラン最大の武器となるのがライト。ライトをブーストすることで強力な光で闇を剥がし、すかさず射撃を加えることで初めて敵を倒すことができます。
ss1408aw1cc18.jpg
ただ撃つだけのゲームにせず、一工夫加えたところがナイス。
ライトはブーストするとすぐにバッテリーが切れてしまうため、バッテリー管理や迫り来る敵を捌いて行く際の「焦り」がホラーとしてのアクセントの1つになっている。
ちなみに光を放つものならなんでも武器にできるため、発炎筒や照明弾、閃光手榴弾といったあまり他作品で直接攻撃用の武器として使われないものが一撃必殺級の威力を持ったりするのが面白い。
大型のサーチライトはさながら固定機銃のような役割に。

ss1408aw1cc21.jpg ss1408aw1cc19.jpg
しかし闇にとらわれた者たちは倒してもいくらでも湧いてくるケースも多いため、まともにやり合ってるとキリがない。
避けられない場合を除いては適当にあしらいながら次の「光」を目指して進んでいく方が賢明です。
「光」は安全地帯であり、回復ポイントであり、チェックポイントでもある。
街灯の僅かな明かりにこれほど安堵感を感じるゲームも他にないかと(笑



ss1408aw1cc03.jpg ss1408aw1cc17.jpg
一応ホラーゲームではあるけど洋ゲー的かつストレートなホラー表現なのであまり怖いという感じはないかも。
オバケ屋敷と言うかビックリ箱的な驚きは随所にありますが。
そういう意味ではホラゲ初心者や他ホラーモノで心折れた人に易しいホラーゲームではあります(笑
ホラーゲームなのに先が気になる、先が見たいとグイグイ引っ張っていくのが上手いタイプのゲーム。


ss1408aw1cc27.jpg ss1408aw1cc28.jpg
仲間と共闘するシーンは完全に普通のTPS。もちろん闇のルールがあるのは同じだし、共闘シーンでは一人では捌けない数の敵が襲い掛かってくるので厄介ではある。
ただ仲間は結構強いしほっといても割と平気なので怖さはあんまりないかも。
むしろはぐれた時の心細さを演出するのに一役買ってる感じだろうか。
ss1408aw1cc36b.jpg
仕事仲間のバリーは面白いキャラだけど、なんでアランの等身大パネルを大事そうに運んでるんだ?


ss1408aw1cc13.jpg ss1408aw1cc14.jpg
章の終わりには「エピソード完了」として各章のテーマソングが流れたり、次の章の始まりには「ここまでのアランウェイク」としてダイジェスト形式であらすじが流れたりと連続ドラマ風の作りになっているのも凝っている点。


ss1408aw1cc11.jpg ss1408aw1cc25.jpg
ゲーム内には隠しアイテムや収集アイテムを探す要素もあります。
ただコーヒーポットなど何のためにあるのかよく分からないアイテムに何かしら意味を持たせてほしかったところ。
実績が解除されるだけでゲーム的に意味のないアイテムと言うのはあまり好きじゃない
実績が嫌いという意味ではなく、ゲーム内アイテムなのにゲーム上特に意味がないというのがどうも…。
この手のアイテムはアランウェイクに限らず最近のゲームにはよくあるけど、集めたら何かアンロックされるとか、体力がミリでも上がるとか、少しばかりでもゲーム的な意味を持たせてほしい。

ss1408aw1cc24.jpg ss1408aw1cc26.jpg
それと戦闘パートで中盤あたりから増えてくるポルターガイスト
たまに出てくるくらいならアクセントしてありだけど、後半あまりに頻繁になってくるので鬱陶しくて仕方ない。
飛んでくるだけの物体というのは戦って面白い相手でもないし、ちょっと余計だったかもと思う点。
重機と戦うシーンは面白くて笑えたけど、その辺のオブジェクトが飛びまくるシーンはストレスの方が多い。


ss1408aw1cc05.jpg ss1408aw1cc20.jpg
ss1408aw1cc22.jpg ss1408aw1cc29.jpg
グラフィックは綺麗だし、細部まで手を抜かずによく作りこまれた良ゲーだと思います。
暗いパートが多いので夜はあんまり堪能する機会がないけど、昼のパートは緊張感あふれる夜とは違ってのんびり美しい風景が楽しめます。
ss1408aw1cc16.jpg ss1408aw1cc12.jpg
ところどころにあるテレビやラジオも楽しみの1つ。こんな細かなところまで意外に作りこまれてて、特にテレビで見られる「ナイトスプリングス」という非常にブラックな内容の番組は一見の価値アリ。
ボリュームも難易度も適度だし、何かこの手のゲームがやりたいという時にオススメできる一本です。
日本語訳や吹き替え音声のクオリティもバッチリ。


**********


steam版は元々はDLCだった「特別編1・2」も収録済み
本編から直接「続き」「その後」の話となるため、本作のストーリーの理解にはプレイ必須と言えます。

ss1408aw1cc31.jpg ss1408aw1cc32.jpg
特別編1は本編クリア者向けということもあって難易度高め
敵の数がとにかく多い場面が多く、終盤になるとヤケクソ気味な難易度に感じられる場面も。
特にラスボス戦は閃光手榴弾などを惜しまず使わないと非常に厳しい。


ss1408aw1cc33.jpg ss1408aw1cc34.jpg
特別編2ストーリーや演出重視という本編の雰囲気に戻っていて、1ほど変に難しい場面はない。
なので難易度的にはラストとなる2の方が簡単だったりする。
ss1408aw1cc35.jpg
プレイヤーをサポートする要素も多く取り入れられていて、特に終盤での敵の猛ラッシュに対抗するために灯台を利用するアイデアは感動モノ!(笑)ここまでのフラストレーションを一気に発散するかのような爽快感抜群の展開が待っています。


「特別編」では本編終了後のアランのストーリーが語られているのですが、他の本編登場キャラのその後についてはよく分からないのはちょっと物足りない気も。
それでも本編での「アランはその後どうなったんだ?」という一番消化不良な部分を補ってくれたのは良かったと思いますけどね。
これがないとかなりモヤッとしたまま終わることになってしまいますから。
2014-08-19 21:16 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

『Plants vs. Zombies Garden Warfare』Originにて72時間無料プレイ可能

origt1408pvzgw01.jpg

Originゲームタイムにて、『Plants vs. Zombies Garden Warfare』72時間無料プレイ可能です。

デモではなくフルバージョンを時間限定でプレイ可能という、Steamのフリーウィークエンドに近いもの。
FWEとの違いは"起動してから72時間"というカウント方式となっていることでしょうか。

本作は『Plants vs. Zombies』をモチーフとして作られたマルチプレイ専用のTPS
まだリリースされてからそれほど経っていないと思うのですが、もう無料プレイになるあたりあんまり売れてないんでしょうか…?
無料開放で人が増えそうなこのチャンスにプレイして、気に入ればゲットするのが良いかもしれません。
2014-08-15 19:26 : 雑記・ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

『Dead Island』本編&DLCクリア!

ss1408di1ac02.jpg
ようやく『Dead Island』をクリアしました。
全クリアまでこれだけかかるゲームをやるのも久々。思った以上にボリューミーでした。


ss1408di1ac04.jpg ss1408di1ac01.jpg
ACT3のジャングルからは更に新たな強敵・ブッチャーが登場。
登場数自体は少ないレアな敵ではありますが、非常に高速でタフで回避まで駆使する正真正銘の「強敵」のため、遭遇したらフューリーなどを惜しまず使って素早く倒さないと危ない。


ss1408di1ac03.jpg
街に続いて人間の敵と銃撃戦をする場面もあり、固定機銃が登場しバリバリ撃ちまくれる爽快な場面も。
銃撃戦の最中に感染者の群れに襲われるとキツイ。
一応敵も人間とゾンビでは敵同士となるため、同士討ちを狙うことも出来ますが…。


ss1408di1ac05.jpg ss1408di1ac06.jpg
怪しげな研究所や、原住民と行動を共にするクエストも登場。
自分の苦手な護衛ミッションが結構な分量あります。
このあたりからいよいよ核心に迫るような展開が徐々に出てくるのですが、どうもどいつもこいつも歯切れが悪いと言うか…この辺は後のDLCで分かるようになりますけど…。

ss1408di1ac07.jpg
クエストも相変わらずお使いが多く、作業感が増してきてしまうのが残念なところ。



ss1408di1ac09.jpg ss1408di1ac10.jpg
最後の舞台となる刑務所は一旦入ると引き返せないため、準備万端で挑むべし。
しかし囚人の協力を得るためとはいえ、オープンワールドでもない刑務所内でまたまたお使いをやらされるのはちょっと…こなしてもまた次のお使いといった感じでちょっとダレてきてしまう。
ダレてきたあたりで急展開があるのですが、そこまでのペース配分とは打って変わって性急な展開という印象も。
洋ゲーの終盤にありがちな端折り気味の展開とでもいうのか。

ss1408di1ac11.jpg ss1408di1ac12.jpg
刑務所内も感染が進んでいるようで、上位種ゾンビが結構な頻度で登場。
施設内なのであまりロケーションに変化ありませんが、下水道から上がったところのシャワー室はまさにザ・ロック


ss1408di1ac13.jpg
ラストバトルはかなりの高難易度。
特に高速で迫ってくる感染者の執拗なラッシュは1回や2回の死亡じゃきかないかも。
道が開けたらさっさとヘリポートまで進んでしまったほうがいい。

ラストは悲劇的な展開も…。
しかしラスボスはかなりあっけなく、フューリーを使えばあっという間に終わる。
また一応ゾンビ系なためかミートトラップが有効だったりと隙が多い。
まあここまで忍耐を強いられるプレイも多かったでしょうから、思いっきりぶちのめしてストレス発散できるから
これはこれで良し
ということで(笑


**********


ss1408di1ac20.jpg
本編クリアの勢いで、追加シナリオとなる「ライダー・ホワイト」編もクリアしました。

ss1408di1ac15.jpg
本編とは異なりマップはほぼ一本道で、面クリア型で目標を目指すという従来型FPSっぽい作りになっています。
ショップがないので拾えるものはなるべく拾っておいた方がいい。
本編にあまりなかったジャンプアクションを要求される場面もちょくちょく出てくる。
本編とはまた違ったプレイ感覚。

ss1408di1ac18.jpg
本編クリア者向けということもあって、難易度はかなり高め
特にこのシナリオを難しくしているのが感染者の大群

高速ダッシュ型の感染者の出現数が尋常じゃないほど多く、ラッシュともなると普通にやってたら捌ききれないほどの数で攻めてくるため、爆発物や地形などを上手く利用して、安全にまとめて処理する方法を考える必要も。
感染者は部位破壊で即死するので、バールを改造して作れる電撃武器を作っておくと結構簡単に破壊発生できて有利になるように感じられます。


ss1408di1ac16.jpg
人間との銃撃戦も本編同様に発生。
ライダーのスキルのおかげもあって銃の性能は本編よりも使いやすい感じがする。

ss1408di1ac17.jpg
更にライダー編オリジナルの武器として「スタンガン」も登場。
これは射程は短く威力は低いものの、一発でほとんどの敵をダウンさせる効果があり、タフなサッグなどもこれで転がして踏み潰し攻撃すれば瞬殺可能。
ダウンが奪える相手との1対1ならまず負けなくなる。


ss1408di1ac19.jpg
単なるおまけシナリオかと思っていたのですが、実はこのライダー編、本編に登場するある人物たちの非常に重要な事実が語られています。
どっちかいうとライダー自身ではなく、そちらのある人物の方がよっぽど重要
これDLCじゃなくて本編でやるべきじゃないのか!?というレベルの重要な話なのですが…。

本編はあくまでサバイバルと脱出劇、このDLCでようやく裏側の「真相」が分かるという構図のため、本編を最後までプレイしたなら是非こちらもセットでプレイすべきでしょう。



ss1408di1ac14.jpg
━━これにてデッド愛ランド1作目は全クリア!!
前回も書きましたが基本的なゲームの構造はボーダーランズとほぼ同じ流れのため、ああいったゲームが好きなら気に入るでしょう。
近接戦闘主体のFPS+クエスト受注型お使いRPGです。
レベルが上がると敵も強くなる仕様で無双はできないのでその点は注意。
リゾート地やゾンビもの、オープンワールドといった要素に惹かれる方も是非。


本編~DLCまでクリアしてもモヤッと感が残る終わり方かもしれませんが、既に続編の『RIPTIDE』が発売済みなこともあって、「俺たちのゾンビサバイバルはこれからだ!」的な終わり方に感じられるのもやむなし。

自分は十分楽しめたので続編『RIPTIDE』もプレイ予定です。


…ところで、余談ですけどシーアンでゾンビを倒した時に「オッペケだよ~」みたいなことをたまに言うんですが本当はなんて言ってるんでしょう…?
2014-08-13 23:54 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

『Dead Island』プレイ中

ss1407di1pp01t.jpg

『Dead Island』

デッド愛ランド、プレイ中
今更ながらだけど、ろくに手をつけないうちに『2』が発表されてしまったので、いい加減終わらせないと!と思い本格的にプレイ開始。
(しかし実質的な続編が『DYING LIGHT』かと思ってたのに別ラインだったとは。)


ss1407di1pp03.jpg ss1407di1pp02.jpg
リゾート地を舞台にしたゾンビパンデミック&サバイバルバトル
リゾートだけあって美しい海岸やビキニ姿の女性など素晴らしい景色も多数登場。


ss1407di1pp04b.jpg
そしてそれ以上に大量に登場するのがおなじみのゾンビ
本作では近接攻撃が主体となるため、多数の敵を相手にするのが尚更厳しい。
上手く敵を誘導してなるべく1対1になるような形で戦いたいところ。
このゲームの攻撃の起点はキックで、これでよろけを取って隙を作って攻撃を繋げていくのが基本。

ss1407di1pp10.jpg
とはいえイベントなどで大量の敵WAVEを相手にしなければならないこともあり、爆発物や回復キット、一定時間劇的にパワーアップできる「フューリー」を上手く使っていきたい。
乱戦が終わったあとはまさに死屍累々の光景に。

武器は耐久力がありますが、先に進めばどんどん強い武器が手に入るので温存するよりどんどん使って交換していく方がいいです。
自分は改造をあまりやってないんですが、お金に余裕ができて強い武器が揃ってきたらやった方がいいかも。
性能強化や特殊効果付加は、ゲームが進むと結構効力が大きくなってきますからね。

序盤は普通のゾンビしかいませんが、ゲームが進むと様々な特殊タイプが登場しプレイヤーを苦しめてくれます。



ss1407di1pp07.jpg ss1407di1pp08.jpg
ゲームの基本設計は『ボーダーランズ』とほぼ同じで、クエストを受注してはお使いをこなしていくというタイプ。
クエストも山の斜面にHELPの文字を描いたりとゲームの雰囲気に合ったものがあるのが面白い。
(どうでもいいけど死体のせいでHELRになってしまった…。)
人探しクエストに行くと意外と生き残ってる人もいて、必至に生き延びようとしている人とは対照的に、世界の終わりを遊んで過ごしているような人も。

クエストをこなすと経験値やお金などの報酬も。
単なるゾンビFPSかと思いきや中身はレベルアップやスキル、トレハン、クラフト要素などのあるアクションRPGだったりします。
このゲームはプレイヤーのレベルが上がると敵のレベルも上がる仕様のため、RPGでありながらレベルを上げても無双できるようなバランスにはなりませんが、ゾンビサバイバルゲーの雰囲気としては常に緊張感があるくらいの方がいいのかもしれません。


ss1407di1pp15a2.jpg
ACT2からは街へと舞台を移すことに。

ss1407di1pp14g.jpg ss1407di1pp13g.jpg
街では遂に「人間の敵」が登場、ここからも手に入るようになる。
銃を持った人間に接近戦を挑むのは不利なので遮蔽物を利用しつつの銃撃戦になりますが、これだとはっきり言って普通のFPSという気も…。

ss1407di1pp11.jpg ss1407di1pp18.jpg
街では略奪が行われたらしく、ゴロツキが重要施設に陣取るなどリゾートエリアより混沌とした状況。
イベントでのジンの件といい、やはり"人間の敵は人間"なのか…!?

ss1407di1pp12.jpg
ACT2からはかなり長丁場のクエストも出てくるため、準備は常に十分しておきたいとこ。
この下水道から続くメインクエは本当に長かった…。
ちなみにこの配管工みたいなおっさんを護衛するクエスト、おっさんが勝手に突っ込んで死ぬので嫌になる(苦笑


ss1407di1pp09.jpg
屋外MAPはオープンワールドですが、メインクエストで訪れる施設内などは一本道の従来型FPS形式に。
基本的に狭い場所が多いので戦い方を工夫する必要がある。
作業台がたまにある以外は補給も受けにくいので準備万端で挑みたい。

ss1407di1pp16a2.jpg
屋外は結構な広さがあるけど車に乗る機会はあまりない。
ファストトラベルがあるので不便さはないけど。
トラックを強力な装甲車に改造するイベントもありますが、乗れるのはメインクエの特定のイベントのみなのが残念。


ss1407di1pp05d.jpg
自分のはGOTY版なのでDLCも適用済み。
DLCその1・リッパーMODは打撃武器に円形ブレードを装着する改造用設計図で、敵を攻撃した時のチュイイン!という音がなかなかいい感じ。

ss1407di1pp06d.jpg
DLCその2・アリーナはWAVE形式でのサバイバル戦が楽しめるというのが主ですが…
実はそれ以外に設計図5つ入手、弾薬が買えるショップ、作業台、そしてアイテム保管箱がいつでも利用できるというかなりお得な特典があります。ぶっちゃけアリーナ自体の方がおまけではないかというほど便利な施設。

同梱されているDLCはもう1つ、ホワイト編の追加シナリオがありますが、これはまた別の機会に。

**********

ss1407di1pp17a2.jpg
4人までのCO-OPも可能ですがさすがに今はプレイヤー数があまり多くないようで、オンライン状態にしてプレイしてても入ってくる人はあまりいません。
自分はマイペースで進めたいのでどちらでも良いのですが、中盤あたりから結構難易度も上がってくるので仲間もそろそろ欲しくなってきたところ。

CO-OP自体はやってはみたのですが、味方のグレネードで誤爆されてしまって死亡、相手が悪いと思ったのかそのまま落ちてしまってそれっきり。
爆発物のFFはナシにしてほしかった…(あったとしても補正をかけるとか)。


ss1407di1pp19a3.jpg
現在ACT3まで進行舞台はジャングルへ
更に難易度も上がってきて、この先生きのこることができるか!?
2014-08-10 16:41 : ゲーム記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

雨月れけ(Reke)

Author:雨月れけ(Reke)
雑食系へべれけげーまー
無意識ながらマイナー嗜好強め

最近はツイッターやSteamでの活動がメインになっています

ツイッター
Steamプロフィール

GAME

DVD/BD/ANIME

PC/electronics

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。